SORACOM Canal Transit Gateway 接続ご利用開始までの流れ

ご利用開始までの全体の流れは以下のようになります。 AWS の操作を含めた詳細な手順はSORACOM Canal Transit Gateway 接続の構成の Transit Gateway 接続の手順を参照ください。

Canal Transit Gateway 接続利用開始の手順

1. SORACOM VPGの作成 (お客様→SORACOM)

SORACOM ユーザーコンソールにて、 VPG Type-F を作成してください。
VPG を作成時点からVPG の料金が発生します。

2. AWS Transit Gateway の作成と共有 (お客様→AWS)

AWS マネージメントコンソールにて、 Transit Gateway の作成と共有を行ってください。

3. SORACOM Canal Transit Gateway 接続ご利用申請 (お客様→SORACOM)

SORACOM Canal Transit Gateway 接続ご利用申請より申請をお願いします。お客様情報や Transit Gateway 接続のための情報を申請いただきます。

4. Transit Gateway 共有の承認と接続作成 (SORACOM→お客様)

申請いただいた内容にしたがい、 SORACOM が Transit Gateway 共有の承認と Transit Gateway 接続の作成を行います。完了しましたら、SORACOM よりお客様に Transit Gateway 接続の情報をお知らせいたします。

5. Transit Gateway 接続の承認との設定 (お客様 → AWS)

ステップ 4 でお知らせする Transit Gateway 接続を AWS マネジメントコンソールにて確認いただき、承認作業を行ってください。その後 Transit Gateway 経由で通信する VPC などで必要なルーティング設定を行います。

6. VPG に SIM グループを関連付け (お客様 → SORACOM)

SORACOM Canal を利用する SIM グループを当該 VPG に関連付けてください。

7. 利用開始 (お客様 → SORACOM)

以上で Canal Transit Gateway 接続の準備は完了です。当該グループに所属する SIM は SORACOM Canal 経由で通信可能な状態になっています。

ご利用料金 »


導入のご相談

Canal Transit Gateway 接続ご利用申請 »

pagetop