SORACOM, INC

MENU
User Console »

public beta
SORACOM Funnel

SORACOM Funnel

SORACOM Funnel(以下、Funnel) は、デバイスからのデータを特定のクラウドサービスに直接転送するクラウドリソースアダプターです。 Funnel でサポートされるクラウドサービスと、そのサービスの接続先のリソースを指定するだけで、データを指定のリソースにインプットすることができます。

* Funnel は Public Beta として、ご提供しております。(Public Beta については、 FAQをご参照ください。)
* さらに詳しい情報は、開発者向けサイトGetting Started およびグループコンフィグレーション詳細をご確認ください。

SORACOMの導入事例はこちら »用途別のシステム構成 »


クラウドサービスに特化したクラウドリソースアダプター

Funnel は、デバイスから直接クラウドサービスにデータを転送します。 仕組みとしては、SORACOM Beam と似ていますが、Funnel は「アダプタ」と呼ばれる各種クラウドごとの接続機能が提供されており、クラウドサービスに特化したデータ転送サービスです。

従来、IoT デバイスからクラウドサービスにデータを送信する場合には、IoT デバイスに SDK をインストールするか、お客様ご自身でクラウドサービスへデータの中継を行うサーバを立てたりする必要がありました。 また、クラウドサービスへアクセスするためのパスワードなどの重要な情報をデバイス側に持たせる必要があり、セキュリティ面でも懸念がありました。

Funnelでは、サポートされるクラウドサービスと、そのクラウドサービスの接続先のリソースを指定するだけで、データを指定のリソースにインプットすることができます。クラウドサービスへアクセスするためのパスワードをデバイスに保持する必要もありません。 お客様は最小限の手間で、迅速にクラウドサービスを利用することができるようになります。

Funnelアダプターとしては、以下の5つに対応しています。

また、Partner Hosted Adapter として、以下に対応しています。

Partner Hosted Adapter とは、SORACOM パートナースペースの認定済みパートナー様が運営するクラウドサービスなどへの接続機能を提供します。お客様は、いずれのアダプタを利用する場合も、クラウドサービスと、そのサービスの接続先のリソースを指定するだけで、データを指定のリソースにインプットすることができます。

SORACOM Funnel

プロトコルは、HTTP、TCP、UDPに対応しています。
デバイスは、これらのプロトコルに対応したシンプルな実装だけでクラウドサービスへのデータのインプットが可能となります。

接続先の切り替え

Funnel を利用することで、IoT デバイス側ではデータの送信先を Funnel エンドポイント(funnel.soracom.io:23080)に固定することができます。

Funnel からのクラウドサーバーへの接続情報は、Funnel の Web コンソール(ユーザーコンソール)もしくは API を利用して、Air SIM のグループ単位で設定することができます。

これにより、例えば、テスト環境と本番環境の切り替えでクラウドサービスの接続先を変更する必要が生じた際には、Funnel のユーザーコンソールを利用した簡単な操作や、プログラムから API を利用して、お客様の IoT デバイスの通信先を一括して変更することができます。

従来のように、多数配備された IoT デバイス一つ一つに再設定処理を行う必要はありません。

詳しい設定方法は、開発者向けサイトのGetting Startedおよびグループコンフィグレーション詳細をご確認ください。

ご利用料金 »


SORACOMのサービス »

開発者向けサイト »

ご質問などはこちらよりお問い合わせください。

pagetop