SORACOM
Arc

セキュアリンクサービス

SORACOM Arc は任意の IP ネットワークから SORACOM プラットフォームへのセキュアなリンクを提供するサービスです。 お客様は SORACOM Air だけでなく、WiFi や有線通信、衛星通信といったあらゆる IP ネットワークから SORACOM の各種プラットフォームサービスをセキュアにご利用いただけます。

SORACOM Arcについて

詳しい機能や操作方法について知りたい方は以下のご利用ガイドをご確認ください。

SORACOMのサービスはユーザーコンソールから
ご利用いただけます。

サービスの特長

  • バーチャル SIM/Subscriber


    SORACOM Arc のご利用にあたっては バーチャル SIM/Subscriber を作成し、これを認証情報として使用します。
    あたかも SORACOM Air for セルラーを使用したセルラー通信のようにグループ設定を行うことで SORACOM プラットフォームサービスを利用できます。

  • WireGuard を使用した VPN


    デバイスと SORACOM プラットフォーム間でバーチャルネットワークを作成し、WiFi などの環境下でもセキュアに SORACOM プラットフォームを使用できます。

  • SORACOM IoT SIM との連携


    SORACOM IoT SIM にバーチャル SIM/Subscriber を追加することができます。これにより、セルラーや WiFi などの通信方式に関わらず同一のデバイスとして識別します。もちろん、バーチャル SIM/Subscriber を単体で作成することもできます。

料金プラン

SORACOM Arc の料金は初期費用、基本料金、データ通信料から構成されます。

  • 日本カバレッジ
  • グローバルカバレッジ
  • 初期費用(契約事務手数料)

    1 バーチャル SIM/Subscriber あたり 55 円

    基本使用料(月額)

    1 バーチャル SIM/Subscriber あたり
    55 円 (SORACOM IoT SIM に追加する場合)
    88 円 (バーチャル SIM/Subscriber 単独で利用する場合)

    データ通信料

    1 バーチャル SIM/Subscriber ごとに 1 GB あたり 22 円

    SORACOM プラットフォームへのデータ通信量に応じて料金が発生します。
    上り、下りの合計となります。ただし、毎月 1GB までは基本料金に含みます。

    無料利用枠

    1 アカウントあたりバーチャル SIM/Subscriber 1契約分の基本使用料(月額)、1GB 分のデータ通信料を無料枠としてご提供いたします。
    なお、1 アカウントあたり 1 回に限り、バーチャル SIM/Subscriber の初期費用が無料となります。

  • 初期費用(契約事務手数料)

    1 バーチャル SIM/Subscriber あたり 0.55 USD

    基本使用料(月額)

    1 バーチャル SIM/Subscriber あたり
    0.55 USD (SORACOM IoT SIM に追加する場合)
    0.88 USD (バーチャル SIM/Subscriber 単独で利用する場合)

    データ通信料

    1 バーチャル SIM/Subscriber ごとに 1 GB あたり 0.22 USD

    SORACOM プラットフォームへのデータ通信量に応じて料金が発生します。
    上り、下りの合計となります。ただし、毎月 1GB までは基本料金に含みます。

    無料利用枠

    1 アカウントあたりバーチャル SIM/Subscriber 1契約分の基本使用料(月額)、1GB 分のデータ通信料を無料枠としてご提供いたします。
    なお、1 アカウントあたり 1 回に限り、バーチャル SIM/Subscriber の初期費用が無料となります。

活用シーン

  • 通信回線の冗長化、オフロード

    セルラーとインターネット回線の双方を使用し、ネットワークを冗長化できます。
    また、セルラー回線には少なからずデータ通信料金が発生します。少量のデータはセルラー回線を使用し、インターネット回線に接続中に画像や動画、ログデータを送信することでデータ通信料金を抑えられます。

  • 移動体での利用

    移動の際はセルラーを使用して位置情報を送信し、充電ステーションなどに滞在している場合には WiFi ネットワークから SORACOM Arc を使用してログデータなどの大量のデータを送信します。
    この場合にもクラウドの認証や接続は同一に設定できます。


  • 閉域網通信、デバイス間通信

    SORACOM Arc では SORACOM Air と同様にVPGを使用できます。Air for セルラーの回線と同様に、SORACOM Arc を使用することで閉域接続先にセキュアにアクセスできます。
    さらに VPG を使用することで SORACOM Arc を使用しているデバイス間接続ができます。インターネット回線を使用しているデバイスにセキュアにアクセスできます。

  • SORACOM サービスの試用

    SORACOM プラットフォームサービスの利用にあたって、SORACOM IoT SIM やセルラーに対応したデバイスを購入する必要はありません。すぐにご利用いただくことができます。

よくある質問

  • SORACOM Arc のデバイス要件

    SORACOM Arc の利用にあたっては、デバイスを WireGuard のクライアント(Peer)として動作させるため WireGuard 実装の導入が必要です。デバイス要件はそれぞれの WireGuard 実装に準拠します。
    また、WireGuard を含むクライアントエージェント soratun をご利用いただくこともできます。
    デバイス要件およびsoratun の使用方法をご確認ください。

  • データ通信料について教えて下さい。

    SORACOM Arc を使用したデバイスから SORACOM プラットフォームへのデータ通信量に応じて料金が発生します。
    デフォルトの設定では、SORACOM プラットフォームを宛先とした通信( 100.127.0.0/16 )のみが SORACOM Arc を使用し、対象となります。これ以外を宛先とした通信は SORACOM Arc を使用しません。
    ただし、デバイスの設定により変更が可能です。詳細はSORACOM Arc ドキュメント soratun 設定ファイルリファレンス( additionalAllowedIPs の設定) をご確認ください。

  • 詳しい機能や設定方法を教えてください

    詳しい機能や設定方法についての詳細は、SORACOM Arc ドキュメントをご確認ください。

SORACOMのサービスはユーザーコンソールから
ご利用いただけます。
pagetop