SORACOM
Door

仮想専用線接続

仮想専用線接続サービス

SORACOM Door (以下、Door) は、SORACOM プラットフォームとお客様のシステムとを仮想専用線で接続するサービスです。

物理専用線で接続する専用線接続サービスはSORACOM Directを参照してください。また、AWS 上に構築したお客様システムとのプライベート接続はSORACOM Canal の提供する VPC ピアリングまたは Transit Gateway 接続により可能です。

Door は、インターネット Virtual Private Network (VPN) を使用してオンプレミスや他のクラウド上にある利用者のシステムと SORACOM のシステムを仮想専用線で接続します。

SORACOM Door

Door で接続されたお客様システムへは、IoT SIM からプライベート IP アドレスでアクセスできるため、デバイスからお客様のシステムまでをプライベートネットワークで接続することができます。

SORACOM CanalSORACOM Directと同様に、Door は他システムとのプライベートなネットワーク接続を提供します。これらのサービスを使用して既存のシステムやデータセンターと接続することで、3G/LTE のモバイル通信を含んだセキュアな環境を構築することができます。

さらに SORACOM Gate と組み合わせてクラウド to デバイス方向の通信や、SORACOM Junction Redirection と組み合わせてお客様の指定したサーバーへの強制ルーティングも実現できます。

Virtual Private Gateway

Door をご利用いただくためには、Virtual Private Gateway (VPG) Type-F が必要です。VPG にはアウトバウンドルーティングフィルターやパケットキャプチャサービスなどの豊富な機能があります。また VPG のインターネットゲートウェイを無効にすることで VPN 接続に閉じたネットワークを実現できます。
VPG の概要についてはVirtual Private Gateway (VPG) サービスページをご確認ください。

pagetop