public beta
SORACOM Inventory

SORACOM Inventory(以下、Inventory)は、デバイス管理サービスです。

* Inventory は Public Beta として、ご提供しております。(Public Beta については、 FAQをご参照ください。)
* さらに詳しい情報は、開発者向けサイトをご確認ください。

SORACOMの導入事例はこちら »用途別のシステム構成 »


デバイス管理サービス

Inventory は、OMA LightweightM2M(LwM2M)をベースにしたデバイス管理のためのフレームワークを提供するサービスです。SORACOM Air と連携したデバイスの自動登録が可能です。

LwM2M とはOMA (Open Mobile Alliance) が定めた軽量の M2M 用プロトコルです。
Inventory では、このプロトコルを利用してデバイスと SORACOM プラットフォームで通信を行い、API やユーザーコンソールから、デバイスのデータの読み書きやコマンドの実行をリモートで行うことができます。

通信回線の管理が可能な SORACOM Air に対して、Inventory では、デバイスのデータ/状態取得、デバイスへのデータセット、プログラムの遠隔実行、ファームアップデートなどをリモートから行うことができます。
お客様はご自身でデバイス管理サーバーを用意し、各種設定することなくリモートからデバイスを管理できます。

SORACOM Air と連携したデバイスの自動登録

Inventory では、デバイス側に LwM2M に対応したエージェントを動作させておくことでリモートでのデバイス管理を実現します。
一般的にデバイス管理サービスを利用するにあたって、デバイス登録、鍵交換が必要となりますが、Inventory では、SORACOM Airと連携したデバイスの自動登録が可能です。デバイスに認証用の鍵を置く必要はありません。

SORACOM Inventory

ゲートウェイを経由した接続されたデバイスも自動登録が可能です。

SORACOM Inventory

なお、以下に対応したエージェントを公開しています。

エージェントと SORACOM サービスを使用したクラウド連携

デバイス側で値に変化があった場合のクライアントエージェントからの通知(Observe)を SORACOM アプリケーションサービスと連携することができます。例えば、電波強度を Observe しておき、SORACOM Harvest に送ることで電波強度の推移を確認することができます。
また、SORACOM Beam、SORACOM Funnelを使用することで、お客様のサーバーやクラウドサービスにデータを送信することが可能です。

詳しい設定方法は、開発者向けサイトをご確認ください。

デバイスIDとデバイスシークレットを使用した Harvest 連携

デバイス登録時に払い出されるデバイスIDとデバイスシークレットを使用した HTTP リクエストで SORACOM Harvest 連携ができます。
SORACOM Air やデバイスエージェントを使用することなく Harvest にデータを蓄積し、可視化することができます。

詳しい設定方法は、開発者向けサイトをご確認ください。

ご利用料金 »


SORACOMのサービス »

開発者向けサイト »

ご質問などはこちらよりお問い合わせください。

pagetop