SORACOM, INC

MENU
User Console »

SORACOM Canal

SORACOM Canal

SORACOM Canal(以下、Canal)は、Amazon Web Services(AWS)上に構築したお客様の仮想プライベートクラウド環境と SORACOM プラットフォームを直接接続するプライベート接続サービスです。
* 日本向け Air SIM の場合、Canal の提供区域(接続対象の VPC)は、AWS のアジアパシフィック(東京)リージョン上となります。
* グローバル向け Air SIM の場合、Canal の提供区域(接続対象の VPC)は、AWS の EU(フランクフルト)リージョン上となります。

SORACOMの導入事例はこちら »用途別のシステム構成 »

3月6日にセキュアなネットワークとリモート操作を実現する SORACOM Canal/Gate セミナーを開催します。
Canalの詳しい概要や具体的な設定手順を実演しますので、ぜひご参加ください。


プライベート接続サービス

SORACOM プラットフォームは、AWS の仮想プライベートクラウド環境(Amazon Virtual Private Cloud、以下、VPC)に構築されています。VPC 間を接続する「VPC ピアリング」という機能を使うことで、SORACOM の VPC とお客様の VPC を AWS 内で閉じた環境で接続することができます。

SORACOM Canal

SIM の入ったデバイスは、ピアリングされた VPC で利用されるプライベート IP アドレスと直接通信が可能になります。デバイスから、お客様の VPC まで閉域網のプライベートネットワークで接続することができます。

お客様の VPC にサーバーを配置すれば、インターネットを介さず通信できるため、機密性の高いデータでもセキュアにデバイスからサーバーにアップロードすることができます。

また、Canal で接続された VPC にアクセスできるのは、SORACOM 上でアクセス可能と設定した SIM カードに限定されるため、IoT システムに限らず、企業向けのネットワークとして利用することにも適しています。

3G/LTE 通信は、SIM カードに登録された情報を基に認証と通信の暗号化が行われます。 これは企業向けのネットワークにも有効なものです。すでに AWS 上にシステムを持っている企業であれば、Canal で接続するだけでデバイスやスマートフォン、タブレットなどから閉域網で接続できるようになります。

VPN 接続を使って企業ネットワークに接続する仕組みを導入している企業は多くあります。しかし、VPN 接続の初期設定を行ったり、接続の度にワンタイムパスワードを入れる必要があったりするなど大変手間がかかります。Air SIM と Canal で構築された環境では、この手間を SORACOM プラットフォームに肩代わりさせることができます。


Virtual Private Gateway

Canal では、Virtual Private Gateway(以下、VPG)を使用します。
この VPG ごとに、指定の VPC にピアリングされます。また、VPG ごとにインターネットへのルーティングを行うか、ピアリング先のみにするかを設定することができます。

また、VPG により、SORACOM Beam へのアクセスや NAT 処理をお客様の利用状況に応じて、最適化することが可能となります。例えば、Beam ではスロットリング(同時アクセス数を制限する機能)の緩和が可能となります。

ご利用方法と料金 »


SORACOMのサービス »

開発者向けサイト »

ご質問などはこちらよりお問い合わせください。

pagetop