public beta
SORACOM Harvest

SORACOM Harvest(Harvest)とは、IoT デバイスからのデータを収集、可視化およびファイルを保存するサービスです。SORACOM Air が提供するセルラー通信、LPWAでの通信を使って、IoT デバイスのセンサーデータ等を手間なくクラウドにアップロードできます。また、SORACOM Harvest は画像ファイルやログファイルなどのファイルにも対応しています。
お客様は、IoT デバイスから送信されたデータおよびファイルをユーザーコンソールや API から確認およびダウンロードできます。

Harvestへ収集、蓄積したデータを可視化するダッシュボード作成/共有サービスSORACOM Lagoonをあわせてご確認ください。

* Harvest は Public Beta として、ご提供しております。(Public Beta については、 FAQをご参照ください。)
* さらに詳しい情報は、開発者向けサイトSORACOM Harvest ユーザーガイドをご確認ください。

SORACOMの導入事例はこちら »用途別のシステム構成 »
SORACOM全サービス料金表はこちら »


容易なデータ収集と蓄積

Harvest を利用することで、お客様は IoT デバイスと SORACOM Air があれば、別途サーバーやストレージを準備することなく、データおよびファイルの送信、保存、可視化までの一連の流れを手軽に実現できます。アプリケーションの準備が整わずともIoTデバイスのデータの可視化を実現します。

SORACOM Harvest

デバイスをセキュアでシンプルに

IoT デバイスからデータおよびファイルをクラウドにアップロードする場合、一般的には暗号化およびクラウドサービスの認証情報を付与したり、クラウドサービスの提供する SDK を使用してデータを送信したりする必要があります。Harvest を使用する場合、SORACOM Air から Harvest エンドポイントに HTTP、TCP、UDP その他 LPWA(Sigfox, LoRaWAN) で送信することで簡単にデータを蓄積できます。
SIM (LPWA の場合デバイス固有のID)が認証キーとなるため、認証情報をデバイスに保持し、リクエストに付与する必要はありません。さらに SORACOM Air for セルラーで使用されるセルラー通信網内はセキュアなネットワークで処理されるため、暗号化は不要となり、IoT デバイスの CPU リソースを抑えることができます。

Harvest Data と Harvest Files

SORACOM Harvest はテキスト、JSON、バイナリなどデータを扱うHarvest Dataと画像やログなどのファイルを扱うHarvest Filesの2つの機能を提供します。

Harvest Data

SORACOM Air for セルラー、SORACOM Air for LoRaWAN、SORACOM Air for Sigfox に対応しています。プロトコルは、HTTP、TCP、UDP、USSD、SMS をご利用いただけます(*1)。

データ保存期間オプション

アップロードされたデータは標準で40日間保存されます。また、データ保持期間の延長オプションにより731日間保存されます。

設定方法
データ保存期間の延長の設定は以下のとおりです。

ソラコムのコンソールにログインします。メニューから「データ収集」を選択してください。

SORACOM Harvest

「高度な設定」から「データ保持期間」を「延長(保持期間: 731日)」としてください。

SORACOM Harvest

注意点

Harvest Files

SORACOM Air for セルラーに対応しています。プロトコルは HTTP となります。
デバイスは HTTP でファイルを送信するだけで Harvest Files へのデータのインプットが可能となります。

ファイル名やファイルパスに IMSI、タイムスタンプ(unixtime)を指定することができます。デバイスは同じ設定、送信先とし、アップロードするファイルパス、ファイル名を分けることができます。
また、ファイルのアクセス権限の設定が可能です。

アップロードされたデータは標準で731日間保存されます。(731日を過ぎたファイルは自動的に削除されます。)


データの可視化

蓄積されたデータはユーザーコンソールから、グラフおよび送信されたメッセージを確認することができます。

SORACOM HarvestSORACOM Harvest

詳しい設定方法やデモ動画は、Harvest ユーザーガイドをご確認ください。

ご利用料金 »


Unified Endpointによる複数サービスの利用

Unified Endpoint は、統合された一つのエンドポイントで Harvest だけでなく、SORACOM Beam(Beam)、SORACOM Funnel(Funnel) にデータを送信することができます。また、Unified Endpoint に送信したデータを複製し、Beam、Funnel、Harvest の複数に転送することができます。
Unified Endpoint を利用することで IoT デバイス側ではデータの送信先を Unified Endpoint に固定しつつ、利用のサービスを切り替えることができます。

Unified Endpoint

IoTデバイスの設定を変更することなくIoTシステムの全ライフサイクルをサポート
例えば、PoC フェーズでは Harvest を利用しお客様自身でサーバーを用意することなくクイックにデータを蓄積/可視化し、実運用では Beam によりお客様の自社サーバーを利用する場合においても、お客様は IoT デバイスに設定されたデータの送信先を変更する必要はありません。PoC から実運用までデバイスの設定を変更することなく、IoT システムをシームレスに展開していくことが可能です。

IoTデバイスの送信データの確認
Beam や Funnel を使用してデータを送信しつつ、Harvest にもデータを送信することができます。お客様は、IoT デバイスから Beam、Funnel に送信されたデータを Harvest でも確認することができます。自社サーバーにデータが送信されない場合などに問題の切り分けを行うことができます。

Unified Endpoint の詳しい設定方法は、開発者向けサイトのUnified Endpoint 開発者ガイドおよびグループコンフィグレーション詳細をご確認ください。


Private Garden 機能

Private Garden 機能は、Beam, Funnel, Harvest のエンドポイント以外にアクセスできない機能です。デバイスから直接インターネットにアクセスできないため、よりセキュアにソラコムのサービスを利用することができます。

ソラコムが用意したVPG (Virtual Private Gateway)を使用します。お客様自身で VPG をセットアップする必要はありません。利用方法については、Private Garden 機能を使用するをご確認ください。

なお、VPG 基本料金は発生しませんが、SORACOM Air VPG 利用オプション(Private Garden に割り当てた SIM グループに所属する SIM 数 : 1 SIM カードあたり 1 日 5 円・税別)が発生しますので、ご注意ください。


SORACOMのサービス »

開発者向けサイト »

ご質問などはこちらよりお問い合わせください。

pagetop