SORACOM, INC

MENU
User Console »

public beta
SORACOM Harvest

SORACOM Harvest(以下、Harvest) は、IoTデバイスからのデータを収集、蓄積するサービスです。

SORACOM Air が提供するモバイル通信を使って、センサーデータや位置情報等を、モバイル通信を介して容易に手間なくクラウド上の「SORACOM」プラットフォームに蓄積することができます。
保存されたデータには受信時刻や SIM の ID が自動的に付与され、「SORACOM」のユーザーコンソール内で、グラフ化して閲覧したり、API を通じて取得することができます。なお、アップロードされたデータは、40日間保存されます。

* Harvest は Public Beta として、ご提供しております。(Public Beta については、 FAQをご参照ください。)
* さらに詳しい情報は、開発者向けサイトGetting Startedをご確認ください。

SORACOMの導入事例はこちら »用途別のシステム構成 »


容易なデータ収集と蓄積

Harvest を利用することで、お客様は IoT デバイスと SORACOM Air があれば、別途サーバーやストレージを準備することなく、データの送信、保存、可視化までの一連の流れを手軽に実現することができます。アプリケーションの準備が整わずともIoTデバイスのデータの可視化を実現します。

SORACOM Harvest

プロトコルは、HTTP、TCP、UDPに対応しています。
デバイスは、これらの簡易な実装だけでクラウドサービスへのデータのインプットが可能となります。

データは 40日間に渡って保存されます。より本格的なデータ収集・分析を行いたい場合には、任意のタイミングで他のクラウドやストレージにデータを移行し、お客様ご自身でデータ分析基盤を構築することも可能です。

データの可視化

蓄積されたデータはユーザーコンソールから、グラフおよび送信されたメッセージを確認することができます。

SORACOM Harvest

詳しい設定方法やデモ動画は、開発者向けサイトをご確認ください。

ご利用料金 »


SORACOMのサービス »

開発者向けサイト »

ご質問などはこちらよりお問い合わせください。

pagetop