お問い合わせ

SORACOM
Harvest

IoTデータの収集・蓄積

SORACOM Harvest は、IoT デバイスからのデータやファイルを収集・蓄積するサービスです。SORACOM Air for セルラー や SORACOM Air for Sigfox のデータ通信と組み合わせて使うことで、IoT デバイスのセンサーデータを手軽かつ安全に収集・蓄積することができます。登録されたデータは即座に SORACOM ユーザーコンソールでグラフや地図に表示されます。
SORACOM Harvest Architecture
SORACOM Harvest は登録するデータのフォーマットに応じて 2 つの機能を提供しています。

  • SORACOM Harvest Data: テキスト、JSON、バイナリなどデータを扱います。データのフォーマットに制限はありません。
  • SORACOM Harvest Files: 画像やログなどのファイルを扱います。

サービスの特長

  • IoT プロジェクトにおける素早いデータ確認

    現場に設置する前にデバイスから期待したデータが送信されるか素早く確認したい。そのためにストレージを構築するのは手間がかかります。SORACOM Harvest を利用することで、お客様は IoT デバイスと SORACOM Air があれば、別途サーバーやストレージを準備することなく、データおよびファイルの送信、保存、可視化までの一連の流れを手軽に実現できます。アプリケーションの準備が整わずともIoTデバイスのデータの可視化を実現します。

SORACOM Harvest console03
SORACOM Harvest console04

  • SORACOM Harvest Data Intelligence

    SORACOM Harvest Data に蓄積された時系列データをワンクリックで AI 分析を開始し、その結果を自然言語で受け取ることができます。専門家でなくても、異常値、トレンド、欠損データなど、一目では気づかないデータの持つ深い意味を把握できます。また、分析結果に対して対話形式で追加の質問を行い、理解を深めることも可能です。

SORACOM Harvest Data Intelligence

活用シーン

  • IoTデータの素早い確認

    サーバーやストレージ、アプリケーションを構築することなく、IoTデータおよびファイルの送信、保存、可視化までの一連の流れを手軽に確認する目的に最適のサービスです。

  • SORACOM Lagoon で可視化

    IoTデータを高度に可視化、アラート設定などを実現するダッシュボード作成/共有サービス SORACOM Lagoon では SORACOM Harvest に格納されたデータを活用することができます。

  • IoTデバイスの実装を簡素化

    SORACOMプラットフォームへのデータ送信を前提としてIoTデバイスを実装する場合、IoTデバイスから安全にデータを送信するための暗号化や認証情報の実装を必要とせず、SORACOM IoT SIM (LPWA の場合デバイス固有のID) を認証キーとしたデバイス実装が可能です。

  • デバイスの付加価値を向上

    IoTデバイスの開発段階から SORACOM Harvest へのデータ送信を意識した実装を行うことで、デバイスを利用するユーザーはデータの確認、可視化までの流れがスムーズに実現できるようになります。IoTデバイスの利用ターゲットを広げる工夫として重宝される仕組みとなっています。

料金プラン

SORACOM Harvest の料金プランは Harvest Data と Harvest Files それぞれで異なります。日本カバレッジの料金は日本円表記、グローバルカバレッジの料金は米ドル(USD)表記となっています。

  • SORACOM Harvest Data の料金プラン
  • SORACOM Harvest Files の料金プラン
  • Harvest Data の料金イメージ

    (1) Harvest Data への書き込み料金

    Harvest Data へ書き込みには 2 種類の料金「Harvest Data 利用オプション料金」と「書き込み料金」が関係します。

    (1-a) Harvest Data 利用オプション料金

    Harvest Data の利用にかかる基本料金です。Harvest Data 利用オプション料金を有効にしたグループ内の 1 SIM または 1 デバイスあたり、1 日ごとに

    • 5.5 円 (JP カバレッジ)
    • 0.055 USD (グローバルカバレッジ)
    • Harvest Data にデータを書き込むには、SIM やデバイスが所属するグループの Harvest Data 利用オプションを有効にする必要があります。

    (1-b) 書き込み料金

    Harvest Data の利用にかかる従量課金です。Harvest Data 利用オプション料金を有効にしたグループ内の 1 SIM または 1 デバイスごとに、1 日の 2,001 回目以降の書き込みリクエストについて、1 リクエストあたり

    • 0.0044 円 (JP カバレッジ)
    • 0.000044 USD (グローバルカバレッジ)
    • 1 日あたり 2,000 リクエストまでの書き込み料金は、Harvest Data 利用オプション料金に含まれています。

    (2) Harvest Data からの読み出し料金

    Harvest Data からの読み出し料金は、後述する「Harvest Data データ保持期間延長オプション」を利用しているかどうかで異なります。

    (2-a) Harvest Data データ保持期間延長オプションを利用していないとき

    基本料金、従量課金ともに無料です。

    • データの読み出し量が 3 GB を超えても無料です。

    (2-b) Harvest Data データ保持期間延長オプションを利用しているとき

    基本料金として「Harvest Data データ保持期間延長オプション」の料金が、従量課金として「データ読み出し料金」が、それぞれ発生します。

    基本料金分

    Harvest Data データ保持期間延長オプションを有効にすると、Harvest Data のデータ保持期間を 40 日間から 731 日間に延長できます。

    ソラコムアカウント(Operator) あたり、毎月

    • 1,078 円(JP カバレッジ)
    • 10.78 USD (グローバルカバレッジ)
    • 本オプションを有効にしているときに送信されたデータが、期間延長の対象です。
    • 本オプションを有効にしていないときに投入したデータの保持期間は、40 日のまま変わりません。
    • 本オプションを有効にすると、Harvest Data のデータ読み出しに「データ読み出し料金」の従量課金分が発生する場合があります。
    従量課金分
    データの読み出し量がひと月に 3 GB を超えると、1 GB ごとに

    • 550 円 (JP カバレッジ)
    • 5.5 USD (グローバルカバレッジ)
    • 3 GB 分のデータの読み出し料金は、データ保持期間延長オプションの料金に含まれています。
    • データの読み出し量は、次の方法で確認できます。
    • これらの方法で確認できる exportedBytes のうち、3 GB (3,221,225,472 byte) を超えた分が課金対象です。

    • データの読み出し量には、たとえば以下のものが含まれます。
      • ユーザーコンソールで SORACOM Harvest Data のグラフ表示のために読み出されるデータ量
      • SORACOM Lagoon の動作のために読み出されるデータ量
      • SORACOM API および soracom-cli により読み出されるデータ量
    • SORACOM では、データ量を次のように計算します。
      • 1 キロバイト (KB) = 1,024 バイト
      • 1 メガバイト (MB) = 1,024 キロバイト
      • 1 ギガバイト (GB) = 1,024 メガバイト

    (3) 無料利用枠

    1 アカウントあたり毎月 31 日 分の「Harvest Data 利用オプション料金 (1-a)」が無料で利用いただけます。

    • 無料利用枠は、毎月の料金が確定するタイミングで適用されます。
    • たとえば 4 つの SIM カード / デバイスで 10 日だけ利用した場合、9 日分の Harvest Data 利用オプション料金が発生します。

    • 「Harvest Data 利用オプション料金」の無料利用枠内で利用している場合でも、1 日 2,000 リクエストを超えた書き込みに対する「書き込み料金」は発生します。
    • ある月の利用日の合計が 31 日以内でも、翌月に無料利用枠は持ち越されません。

  • Harvest Files への書き込み

    Harvest File にアップロードされたファイルを、2 年間保持します。

    当該月内にアップロードが完了したファイルの合計ファイルサイズ 1 GBごとに

    • 220 円 (JP カバレッジ)
    • 2.2 USD (グローバルカバレッジ)
    • 2 年間のファイル保持料金は、書き込み料金に含まれています。

    • 2 年を経過したファイルは削除されます。

    Harvest Files からの読み出し

    当該月内に Harvest Files からダウンロードしたファイルのサイズの合計 1 GBごとに

    • 22 円 (JP カバレッジ)
    • 0.22 USD (グローバルカバレッジ)

よくある質問

  • Harvest Data のお試し利用はできますか

    SORACOM Harvest Data は無料利用枠をご提供しています。
    1 アカウントあたり毎月 31 日 分の「Harvest 利用オプション」が無料となりますので、安心して機能の確認をしていただくことが可能です。

  • 利用にかかる具体的な料金のイメージを教えて下さい

    「GPSマルチユニットSORACOM Edition(バッテリー内蔵タイプ)スターターキット」から SORACOM Air for セルラー を使ってSORACOM Harvest にデータ送付する利用シーンで説明します。

    • 利用期間 30 日間 デバイスからのデータ送信間隔は10分に1回の設定で利用した場合、データ通信量は1MB程度、費用は月額 495円(税込)となります。
    • plan-D D-300MB 基本料金 330円/月(データ通信量 300MB分を含む)
    • SORACOM Harvest Data 利用料金 5.5円/日 × 30日=165 円
    • 他の用途で SORACOM Harvest Data を利用していない場合、無料利用枠が適用されるため、SORACOM Harvest Data 利用料金は0円となります。
  • 登録するデータサイズや頻度の制限はありますか

    Harvest Data で 1 回に送信できるデータサイズの最大値は 100 KB です。Harvest Data を使用して短い間隔 (1 秒に 1 リクエスト等) でデータ送信することを検討されている場合は、ユースケースを添えてこちら
    よりお問い合わせください。

  • 保存済みデータの保存期間は変更できますか

    保存済みのデータの保持期間は変更できません。
    データ保持期間延長オプションを有効にしているときに送信されたデータのみ保存期間が731日へと延長されます(オプションを有効にしていないときに投入したデータの保持期間は 40 日のままとなります)。
    Harvest Files へアップロードしたファイルの保存期間は2年となります。Harvest Files へのアップロード費用に 2年間の保存料金を含んでいます。また、2年を経過したファイルは自動的に削除されます。

  • SORACOM Lagoon を合わせて利用する場合の利用料金はどのようになりますか

    SORACOM Lagoon は可視化するデータの保存場所としてSORACOM Harvest を利用します。そのため、SORACOM Lagoon を利用する際、SORACOM Harvest Data のHarvest利用オプション費用は必須で必要となります。
    Harvest Data のデータ保持期間を 40 日間から 731 日間に延長するデータ保持期間延長オプションを有効にしている場合、Harvest に保存したデータの読み出しに「データエクスポート料金」が追加で発生する場合があります。
    このデータエクスポート量には Harvest でのグラフ表示のために読み出だされるデータ量だけでなく SORACOM Lagoon の動作のために Harvest に保管されたデータを読み出すときのデータ量も加算されます。

  • セキュアリンクサービス SORACOM Arc 経由で使えますか

    はい、SORACOM Arcを経由して SORACOM Harvest にデータを保存することが可能です。

  • SORACOM Harvest に送付したデータは他のSORACOMサービスでも使えますか

    Unified endpointによる複数サービスでのデータ利用が可能です。
    Unified Endpoint は、統合された一つのエンドポイントとなっており、SORACOM Harvest だけでなく、SORACOM Beam(Beam)、SORACOM Funnel(Funnel) にデータを送信することができます。また、Unified Endpoint に送信したデータを複製し、Beam、Funnel、Harvest の複数に転送することができます。
    Unified Endpoint の詳しい設定方法は、ユーザー向けサイトのUnified Endpoint ドキュメントをご確認ください。

  • IoTデバイスからSORACOM Harvest 以外へのアクセスを制限する方法はありますか

    Private Garden 機能を利用いただくことで実現できます。
    Private Garden 機能は、Beam, Funnel, Funk, Harvest のエンドポイント以外にアクセスできない機能です。デバイスから直接インターネットにアクセスできないため、よりセキュアにソラコムのサービスを利用することができます。
    利用方法については、ユーザー向けサイトのPrivate Garden 機能を使用するをご確認ください。

SORACOMのサービスはユーザーコンソールから
ご利用いただけます。