SORACOM, INC

MENU
User Console »

SORACOM の概要

SORACOM とは

IoT プラットフォーム SORACOM は、 MVNO としてデータ通信 SIM を提供しています。また、モバイル通信とクラウドを一貫して提供しており、以下のような特徴を持っています。


SORACOM の特徴

少ない初期コストで IoT / M2M の「つながる」を実現します

IoT / M2Mを実現する際に、データ通信の課題は避けられません。有線LAN、無線LAN(Wi-Fi)、Bluetoothなど通信手段は様々ですが、サービスエリア、接続の容易性、セキュリティの面で、IoT / M2Mに最適なのはモバイルデータ通信です。SORACOM は通信手段として、LTE / 3G 回線を使用し、IoT / M2Mの「つながる」を実現します。

SORACOMの通信手段

IoT / M2Mの通信手段として最適なモバイルデータ通信ですが、従来は初期投資や利用料金が高く、契約期間の制約などもあり契約内容を頻繁に変更することが困難でした。
「人向け」であるスマートフォンでの利用を想定したプランが多く、例えば、最低 1GB 分のデータ通信量が基本料金に組み込まれていたり、下りの通信速度が数Mbps ~ 数十Mbpsに設定され、IoT / M2M デバイスでは使い切れないような速度設定になっています。

SORACOM プラットフォームは、最低限の基本料金とデータ通信の利用料金となります。
データ通信料金が基本料金に含まれているといったこともなく、お使いいただいたデータ通信量を従量課金でご利用いただけます。そのため、無駄なコストを避けることができます。

IoT / M2M デバイスを監視、管理でき、デバイスや通信の運用を容易にします

IoT / M2Mでは、接続するデバイスの数が飛躍的に増加します。数千、数万、場合によっては、数億のデバイスがつながることになります。接続するデバイスが増えると、通信料だけでなく、デバイスや通信状態の保守、運用がより重要となります。例えば、送信先を変更するために無数のデバイスの設定を一つ一つ変更したり、問題の切り分けのために遠隔地にある IoT / M2M デバイスを確認するというのは、コストと労力がかかります。

SORACOM では、Web ブラウザによるユーザーコンソールや API を利用して、お客様自身でデータ通信の開始、休止や再開、通信速度の変更、オンライン、オフラインといった通信の状態、データ使用量の監視を行うことができます。

ユーザーコンソール

これによって、たとえば遠隔地にある多数の IoT デバイスの通信を一括して設定することができます。問題時にも、そもそも通信ができているのかをユーザーコンソールから確認することで、問題を切り分けることができます。

また、API により、業務システムなどに組み込み、データ通信の管理を自動化することができます。 たとえば、データ通信を行う夜間は通信速度を上げて、データ通信を行わない昼間は Air SIM を休止させておくといった制御を行い、通信料金を節約することができます。

セキュアな IoT / M2M システムの構築を可能にします

SORACOM を使用することで、SORACOM のリソースを使用して、暗号化処理を行うことができます。IoT / M2M デバイスに負荷をかけることはありません。証明書やパスワードを SORACOM のコンソールから設定することができます。

また、プライベート接続サービスや専用線接続サービスも提供しています。これらのサービスを利用することで、インターネットにでることなく、IoTシステムを構築できます。

pagetop