Virtual Private Gateway

Virtual Private Gateway (以下、VPG) は SORACOM プラットフォーム上のお客様専用のネットワークゲートウェイ(インターネット側の出口)です。お客様専用ゲートウェイのため、許可しないアクセス先のフィルタリングやお客様ネットワークとのプライベート接続といったお客様のご要望に応じたカスタマイズをお客様自身で設定できます。

Virtual Private Gateway

VPG には、共通オプション機能を安価に利用できるType-E、共通オプション機能に加えてお客様ネットワークとのプライベート接続ができるType-Fがあります。

共通オプション機能

Type-E, Type-F 共通で利用できる機能には「アウトバウンドルーティングフィルター」「固定グローバル IP アドレスオプション」「パケットキャプチャサービス (SORACOM Peek)」「デバイス間通信サービス (SORACOM Gate D2D)」「アプリケーションサービス等利用料割引」があります。

VPG 基本機能

お客様ネットワークとのプライベート接続

Type-F を利用したお客様ネットワークとのプライベート接続には AWS との VPC ピアリング接続 や Transit Gateway 接続 (SORACOM Canal)、各種クラウド・オンプレミス環境との専用線(SORACOM Direct)や VPN 接続(SORACOM Door) が利用できます。

さらに Type-F では「クラウド to デバイス通信 (SORACOM Gate C2D)」「透過トラフィック処理サービス (SORACOM Junction)」が利用できます。

お客様環境とのネットワーク構築

利用方法はVirtual Private Gateway 開発者向けガイドをご確認ください。

ご利用料金 »


VPG Type とご利用いただける機能

VPC Type Type-E Type-F
アウトバウンド
ルーティングフィルター
固定グローバル
IP アドレスオプション
アプリケーション
サービス等利用料割引
Amazon VPC
ピアリング
(SORACOM Canal)
-
AWS Transit Gateway 接続
(SORACOM Canal)
-
VPN 接続
(SORACOM Door)
-
専用線接続
(SORACOM Direct)
-
Gate(C2D) -
Gate(D2D)
Junction -
パケットキャプチャサービス
(SORACOM Peek)

VPG アウトバウンドルーティングフィルター

VPG からインターネット、お客様ネットワークへのアクセスを IP アドレスレンジで許可/拒否できます。
例えば、お客様は想定しているサーバーのみにアクセスを許可し、意図していないサーバーへの通信を回避できます。

ご利用方法はVPG アウトバウンドルーティングフィルターを設定するをご確認ください。


インターネットゲートウェイ

VPG の作成時にインターネットゲートウェイのオン・オフを設定し、インターネット通信の可否を指定できます。当機能は VPG Type-F で利用できます。
例えば、お客様ネットワークとのプライベート接続のみを利用する場合にインターネットゲートウェイをオフとすることで完全閉域網を構築できます。


VPG 固定グローバルIPアドレスオプション

VPG のオプションとして、インターネット出口側の IP アドレス (ソース IP アドレス) を固定できます。
これによりお客様は、IoT バックエンドシステムへのアクセス制御を IP アドレスベースで容易に設定できます。VPG を適用した SIM グループに含まれる IoT SIM からのアクセスは、必ず 2 つの IP アドレスのうちいずれかをソース IP アドレスとした通信となります。IoT SIM の枚数が増えても同じグローバル IP アドレスからとなりますので、容易な運用でアクセス制御が可能となります。

また、SORACOM Beam (以下 Beam) をお使いの場合は、Beam 通信のアクセス元 IP アドレスもこの IP アドレスからとなります。よりセキュアに Beam をご利用いただけます。(Air for LoRa および Air for Sigfox の Beam 送信元 IP アドレスには適用できません。)
なお SORACOM ではデバイスからの通信が外部へ送信される際に NAT されているため、固定したグローバル IP アドレスに対してインターネットからアクセスしてもデバイスへは到達できません。

申請する »


アプリケーションサービス等利用料割引

VPG に所属した SIM は「CHAP 認証機能」「カスタム DNS 機能」を無料で利用できます。さらに VPG のタイプ・サイズに応じて SORACOM Beam、SORACOM Funnel、SORACOM Funk の利用が割引されます。割引金額の詳細はVPG 料金ページからご確認ください。


プライベート接続

VPG Type-F ではお客様ネットワークとのプライベート接続をご利用いただけます。
概要、ご利用方法は、各サービスをご確認ください。


関連サービス

VPG を利用することで SORACOM Gate, SORACOM Junction, SORACOM Peek が利用できるようになります。各サービスの機能詳細はそれぞれのサービスページをご確認ください。


Private Garden

Private Garden は、アウトバウンドルーティングフィルターですべての宛先を拒否したソラコムの管理する VPG です。デバイスから直接インターネットへはアクセスできませんが、Beam, Funnel, Funk, Harvest, Napter は利用できます。SORACOM の提供するアプリケーションサービスのみを利用する場合に手軽な閉域環境として利用できます。

Private Garden はソラコムが用意したVPG のため、お客様が VPG をセットアップする必要はありません。利用方法については、Private Garden 機能を使用するをご確認ください。

なお、Private Garden はソラコムが用意するため VPG 作成料金や VPG 基本料金は発生しませんが、SORACOM Air VPG 利用オプション(Private Garden に割り当てた SIM グループに所属する SIM 数 : 1 SIM カードあたり 1 日 5 円・税別) が発生します。また、アプリケーションサービス等利用料割引やデバイス間通信サービス (SORACOM Gate D2D)、パケットキャプチャサービス (SORACOM Peek) は利用できません。


Public Gate

Public Gate は、デバイス間通信 (SORACOM Gate D2D) が有効となったソラコムの用意する VPG です。デバイス間通信を簡易的に試すことができます。他のお客様とも共有の VPG なためセキュリティ面での注意は必要ですが、検証作業などデバイス間通信を一時的に試したい時に利用できます。

Public Gate はソラコムが用意したVPG のため、お客様が VPG をセットアップする必要はありません。利用方法については、SORACOM Gate の Public Gate 機能でデバイス間通信を試すをご確認ください。

なお、Public Gate はソラコムが用意するため VPG 作成料金や VPG 基本料金は発生しませんが、SORACOM Air VPG 利用オプション(Public Gate に割り当てた SIM グループに所属する SIM 数 : 1 SIM カードあたり 1 日 5 円・税別) が発生します。また、アウトバウンドルーティングフィルターや固定グローバル IP アドレスオプション、アプリケーションサービス等利用料割引、パケットキャプチャサービス (SORACOM Peek) は利用できません。


利用方法については、Virtual Private Gateway 開発者向けガイドをご確認ください。

SORACOMのサービス »

開発者向けサイト »

ご質問などはこちらよりお問い合わせください。

pagetop