SORACOM Air for Sigfox

SORACOM Air for Sigfox (Air for Sigfox) は、Sigfox を使用した IoT 向けのデータ通信を提供するサービスです。Sigfox とは LPWA(Low Power Wide Area Network) と呼ばれる無線通信規格の1つで、省電力で広域をカバーすることができ、IoT 用途での利用に適しています。
お客様は、1台から Air for Sigfox を使用することができます。


Sigfox を使用したデータ通信

Sigfox の特徴は、以下のとおりです。

Air for Sigfox を利用することにより、SORACOM Air for セルラー に加え、Sigfox の特性である低消費電力+長距離伝送を活かした IoT システムを構築することができます。

Sigfoxのサービス提供エリアは、Sigfox Coverageページから確認できます。また、今後のエリア構築計画については、KCCS社 Sigfoxページをご確認ください。

Air for Sigfox ご利用料金 »


SORACOM プラットフォームとの連携

Air for Sigfox では、SORACOM プラットフォームを使用し、ユーザーコンソールおよび API で Sigfox デバイスを管理することができます。
SORACOM のアプリケーションサービスの利用も可能です。Sigfox デバイスのデータは、データ転送支援サービス SORACOM Beam やクラウドリソースアダプタ SORACOM Funnel、データ収集・蓄積サービス SORACOM Harvest を使用することで容易なクラウド連携を実現します。

SORACOM Air for Sigfox の構成

バイナリパーサー

バイナリパーサーとは SORACOM Air でご利用いただけるバイナリデータをJSONデータに変換する機能です。
LoRaWAN や Sigfox を使ってデータを送る際の標準的なペイロードサイズは数10バイト程度と非常に少なく、Web サービスのように JSON データを POST することができません。
バイナリパーサーを利用することにより、お客様は バイナリデータを SORACOM プラットフォーム上でJSON 形式にデコードして SORACOM Beam / Funnel / Harvest に送信いただくことができます。

バイナリパーサー

SORACOM Air for Sigfox ではバイナリパーサーは無料でご利用いただけます。
バイナリパーサーの詳細はバイナリパーサー詳細をご確認ください。


Sigfox レンタル基地局

Sigfox ネットワークが対応していないエリア、電波の入りにくい地下・屋内といった場所でも、Sigfox をお使いできるよう Sigfox レンタル基地局を提供します。セルラー通信が繋がる場所にレンタル基地局を設置いただくことで、日本のご利用になりたいエリアで Sigfox のデバイスをネットワーク構築し、ご活用いただけます。

Sigfox レンタル基地局の申し込みはこちらをご確認ください。

Sigfoxのサービス提供エリアは、Sigfox Coverageページから確認できます。

Sigfox レンタル基地局 »


Sigfox デバイス

ソラコムからSigfoxデバイスをご購入できるほか、お客様自身でご購入したデバイスを登録することが可能です。ßソラコムからご購入できるSigfoxデバイスは以下のとおりです。

詳細は各商品ページをご確認ください。

Sigfox デバイスの購入方法はこちら »

お客様自身でご購入したデバイスを登録する場合は PAC(Porting Authorization Code)が必要となります。PACはお客様自身でご確認ください。


よくある質問は、FAQをご確認ください。

ご質問などはこちらよりお問い合わせください。

pagetop