トップ » SORACOM IoT DIY レシピ » IoTで、CO2と湿度を計測し換気促進

SORACOM IoT レシピ:IoTで、CO2と湿度を計測し換気促進

LTE-M Shield for Arduinoとエアクオリティセンサを用いて換気促進

紹介日:2021年2月

レシピ難易度:★★☆☆☆

LTE-M Shield for Arduinoにエアクオリティセンサを取り付けることで部屋の空気をセンシングします。SORACOM Lagoon を用いて空気のCO2濃度や湿度を可視化してみます。

本レシピを行うのに必要な時間、概算費用

本レシピは以下の通りです

  • 必要な時間: 約80分
  • 概要費用: 約12,000円 + 約500円/月

※ 概算費用: ハードウェアや SORACOM を始めとした各種サービスの概ねの費用 (送料などの付帯費用や無料枠適用は考慮しないものとしています)

使用する SORACOM サービス

用意するもの

品名数量費用備考
IoT スターターキット for Arduino17,128円本キットにはArduino UNO R3互換の本体の他、センサーやSORACOM 特定地域向け IoT SIM が同梱されています
エアクオリティセンサ14,800円記事ではswitch scienceの製品を使用しています

レシピへのリンク

本レシピはこちらからご覧ください:空気を読む技術2020 (エアクオリティセンサを使ってみた)

本レシピは、ユーザーがインターネット上で公開しているレシピを紹介する「SORACOM Makers レシピ」です

本コンテンツは現状のままで提供され、株式会社ソラコムは、誤りがないことの保証を含め、明示であると黙示であるとを問わず、本コンテンツの記載内容につき、いかなる種類の表明も保証も行いません。
掲載情報の閲覧及び利用により、利用者自身、もしくは第三者が被った損害に対して、直接的、間接的を問わず、株式会社ソラコムは責任を負いかねます。
本コンテンツを実践する中で用意された機器、利用されたサービスについてのご質問は、それぞれの機器やサービスの提供元にお問い合わせをお願いします。機器やサービスの仕様は、本コンテンツ作成当時のものです。
株式会社ソラコムが提供する機器・サービスについてのご質問は、 https://soracom.jp/contact/ をご確認の上、適切な窓口へのお問い合わせをお願いします。機器・サービスご利用前の導入相談は https://soracom.jp/contact/contactsales/ に、機器・サービスご利用開始後のサポートは、SORACOMユーザーコンソール内のサポートサイトから「リクエストを送信」(要ログイン)にてお問い合わせください。

SORACOM IoT DIY レシピ »

レシピの達成、おめでとうございます!

達成したことをTwitterで呟く

普段の生活やビジネスに役立つ #IoTレシピ 「IoTで、CO2と湿度を計測し換気促進」 を達成しました!
@SORACOM_PR https://soracom.jp/recipes_index/7315


ご質問などはこちらよりお問い合わせください。