トップ » SORACOM IoT DIY レシピ » LINEに通知が届く、IoTポスト

SORACOM IoT レシピ:LINEに通知が届く、IoTポスト

ポストに投函されたらお知らせしてくれるデバイスを作ってみた

紹介日:2021年5月

レシピ難易度:★★★☆☆

亡くなった親の家のポストにはすぐ対応しなければいけない書類も届きます。しかし、家が遠いと定期的な確認は大変で何も入っていない時は虚しくなってしまいます。そこでIoTを用いてポストに何か投函されたらお知らせしてくれるシステムを作成してみました。

本レシピを行うのに必要な時間、概算費用

本レシピは以下の通りです

  • 必要な時間: 約120分
  • 概要費用: 約25,000円

※ 概算費用: ハードウェアや SORACOM を始めとした各種サービスの概ねの費用 (送料などの付帯費用や無料枠適用は考慮しないものとしています)

使用する SORACOM サービス

  • データ通信サービス SORACOM Air
  • オンデマンドリモートアクセスサービス SORACOM Napter(リモートアクセスしたい場合)

用意するもの

品名数量費用備考
SORACOM 特定地域向け IoT SIM / plan-D11,280円通信するのに必要です。
AK-02015,478円USB通信モジュールです。
Raspberry Pi 3B+16,600円ラズパイ本体です。
SDカード(8G以上)1約1,000円OSを格納するSDカードです。
USBケーブル(A-microB)1電源供給用です。
ACアダプタ1約500円ダイソーで売っているUSBチャージャーを利用(2.4A出力)
ラズパイのケース1約3,000円〜お好みのもので良いです。 ​
モノスティック ブルー13,030円IEEE802.15.4でセンサーと通信するためのドングルです。
TWELITE BLUE PAL11,870円センサー情報を送信するモジュールです。
開閉センサーパル11,400円開閉センサーです。
パル専用ケース1550円センサーのケースです。
電池(CR2032)1約200円センサー側の電池
磁石1約100円ポストの投函検出用。ダイソーで売っていた超強力磁石を利用
養生テープ適量センサーの固定に利用

レシピへのリンク

本レシピはこちらからご覧ください:ポストに投函されたらお知らせしてくれるデバイスを作ってみた

本レシピは、ユーザーがインターネット上で公開しているレシピを紹介する「SORACOM Makers レシピ」です

本コンテンツは現状のままで提供され、株式会社ソラコムは、誤りがないことの保証を含め、明示であると黙示であるとを問わず、本コンテンツの記載内容につき、いかなる種類の表明も保証も行いません。
掲載情報の閲覧及び利用により、利用者自身、もしくは第三者が被った損害に対して、直接的、間接的を問わず、株式会社ソラコムは責任を負いかねます。
本コンテンツを実践する中で用意された機器、利用されたサービスについてのご質問は、それぞれの機器やサービスの提供元にお問い合わせをお願いします。機器やサービスの仕様は、本コンテンツ作成当時のものです。
株式会社ソラコムが提供する機器・サービスについてのご質問は、 https://soracom.jp/contact/ をご確認の上、適切な窓口へのお問い合わせをお願いします。機器・サービスご利用前の導入相談は https://soracom.jp/contact/contactsales/ に、機器・サービスご利用開始後のサポートは、SORACOMユーザーコンソール内のサポートサイトから「リクエストを送信」(要ログイン)にてお問い合わせください。

SORACOM IoT DIY レシピ »

レシピの達成、おめでとうございます!

達成したことをTwitterで呟く

普段の生活やビジネスに役立つ #IoTレシピ 「LINEに通知が届く、IoTポスト」 を達成しました!
@SORACOM_PR https://soracom.jp/recipes_index/12363


ご質問などはこちらよりお問い合わせください。

pagetop