public beta
SORACOM Orbit

SORACOM Orbit (以降、Orbit) は、SORACOM プラットフォーム内でお客様が定義した IoT 通信データの処理を実行するサービスです。

SORACOM Orbit

Orbit をご利用いただくことで、ソラコムのアプリケーション連携サービスや外部システムへデータを送る前にお客様が独自に作成したプログラムをサンドボックス内で安全に実行し、データの変換や演算等の前処理を行うことができます。また、サーバからデバイスへのレスポンスの後処理も可能です。


デバイス、クラウド間のギャップを吸収

デバイスが送信するデータとクラウドが期待するデータフォーマットには、多くの場合ギャップがあります。場合によっては、バージョンアップ等に対応する必要があります。
Orbitでは IoT デバイスに手をいれることなく、また、外部システムに依存することなく ソラコムプラットフォーム内部でお客様が独自に作成したプログラムを実行し、デバイス、クラウド間のデータフォーマットの相違を吸収します。一方のデータフォーマット仕様が更新された場合にもOrbitで対応することができます。


お客様の使い慣れた言語で作成したプログラムを作成

Orbit 上では、お客様が作成されたWebAssembly(以下 WASM) のモジュールを実行できます。Orbit の提供する SDK を利用してデバイスからの送信データ、もしくはデバイスへのレスポンスデータを取得し、WASM モジュール内でデータ処理を行い送り出すことができます。近年さまざまなプログラム言語が WASM 形式での出力をサポートしています。開発者の使い慣れた言語やフレームワーク、過去のソフトウェア資産を活用し素早くデータ変換処理を開発できます。


開発環境、SDKの提供

Orbitでは、WebAssemblyでの開発をサポートするために、以下のプログラム言語向けの SDK を含め、Visual Studio Code を利用した開発環境を提供しています。

AssemblyScript
TypeScript のサブセットで WASM モジュールを書くことに特化した言語です。

Rust
WASM モジュールの開発と親和性の高い言語です。

C/C++ (Emscripten)
Emscripten というツールチェインを使うことで、C/C++ のソースコードを WASM モジュールにコンパイルすることができます。

TinyGo
マイクロコントローラーや WASM をターゲットとした Go 言語のサブセット実装です。

ご利用料金 »


利用方法については、SORACOM Orbit 開発者ガイドをご確認ください。

SORACOMのサービス »

開発者向けサイト »

ご質問などはこちらよりお問い合わせください。

pagetop