SORACOM
 Device Meetup #6

ラズパイ搭載産業用デバイスreTerminal特集

大人気のRaspberry Pi Compute Module 4を採用、タッチスクリーンを搭載した産業向けのIoTデバイス「reTerminal」をテーマに、デバイスの特徴や機能を販売元のSeeed 開発者 松岡氏から、ワンフットシーバス田中氏からは、使い始めて得られた知見をご紹介いただきます。また、ソラコム ソリューションアーキテクトが、本デバイスとIoTプラットフォーム SORACOM への連携も解説します。ぜひご参加ください。

SORACOM Device Meetup とは?

SORACOM Device Meetupは、IoTデバイスの概要や技術情報、活用事例を通じて、IoTで何ができるのか?どんなことに使えそうか?を皆さんと考えていく勉強会です。

イベント概要

日時:12月16日(木)19:00~20:30
参加方法:オンライン開催。イベント当日に配信情報をお届けします。

こんな方におすすめ
  • 産業用向けIoTデバイスをお探しの方
  • マイコン、モジュール、コンピューターの種類と用途を知りた方
  • ラズパイベースの産業向けコンピューター「reTerminal」の特徴、ユースケースを知りたい方
学べる内容
  • 工場や産業用途で利用できるIoTデバイスを知る
  • ラズパイベースの産業向けコンピューターの特徴や使い方を学ぶ
  • reTerminal を使ったユースケースを学ぶセッションアジェンダ

・ラズパイベースの産業用IoTデバイス「reTerminal」キーポイント解説(Seeed 松岡 貴志氏)
・reTerminal のセンサーやタッチパネルを動かしてみた知見!(ワンフットシーバス 田中 正吾氏)
・reTerminalからSORACOMプラットフォームにつなげる2つの方法(ソラコム 今井 雄太)
・Seeed松岡氏と、ソラコム松下がreTerminalを使い倒す&視聴者様からのご質問にお答えします

pagetop