SORACOM 認定デバイス

Cloud‐MGS 医療ガス設備監視システム

cloud‐mgs

特徴

病院内で使用される医療ガス(酸素/医薬品)などの残量や設備状況を遠隔で監視するシステムです。
実績あるマイコンを使用して開発したデバイスで、SORACOM Air/Beamを用いてクラウドと通信します。クラウドアプリでは監視対象の残量・圧力・機器の稼働状況などの情報をスマホやパソコンを利用して、どこからても確認できます。また、警報閾値を超えた場合メールで状況をお知らせします。

なお、このデバイスはクラウドアプリの設定を変えることで、医療ガス設備の監視以外の分野においても利用でき、農業分野や各種IOTへの展開ができます。
監視点数は、アナログ12点(4~20mA)、接点信号8点と多くの監視項目が1台で可能で、「遠隔監視がしたいと思ったら」1台から簡単に設置が可能です。

提供会社、製品情報

提供会社株式会社エバ
製品情報http://work.remote-kanshi.com/
問い合わせ先 電話:052-756-2080 メールアドレス: remote_kanshi@ebanet.co.jp


ご質問などはこちらよりお問い合わせください。

pagetop