プレスルーム
2020.07.14
株式会社ソラコム

パートナープログラム「SORACOMパートナースペース」における 認定済パートナーとして3社を追加認定し、パートナーシップを強化

株式会社ソラコム(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長 玉川憲、https://soracom.jp/、以下、ソラコム)は、パートナープログラムである「SORACOMパートナースペース(以下、SPS)」における「SPS認定済パートナー」として、株式会社シーエーシー、シャープ株式会社、株式会社たけびしの3社を認定し、パートナーシップを強化します。

「SPS」には、「SPSデバイスパートナー」「SPSソリューションパートナー」「SPSインテグレーションパートナー」「SPSネットワークパートナー」の4つのカテゴリがあります。その内「SPS認定済パートナー」とは、それぞれのカテゴリで一定のパートナー認定の要件を満たし活用実績があることを、ソラコムが認定した企業です。

IoTシステムをお考えのエンドユーザーは「SPS認定済パートナー」を選択することで、実績のあるパートナーにIoTシステムに関する、デバイス、ソリューション、インテグレーション、ネットワークに関する各種相談・依頼をすることができ、スムーズにIoTシステムを導入・構築することができます。

このたび認定された「SPS認定済パートナー」の詳細は下記の通りです。
なお、「SPS」において、既に認定済の企業や、「SORACOM」での動作検証済みのデバイスである「SORACOM認定デバイス」の情報はウェブサイトにて公開しています。

「SPS」は、今後も新たなパートナーの申請を受け付け、順次を追加認定、拡充していきます。ソラコムは、パートナーエコシステムによって、お客様ビジネスにおけるIoT活用を加速させていきます。

1.この度新たに「SPS認定済パートナー」となった企業名

<SPS認定済デバイスパートナー>
シャープ株式会社
シャープは、「8K+5GとAIoTで世界を変える」というビジョンの元、AIとIoTのビジネス活用をデバイスからソリューションまで一貫してご提供します。シャープのAIoT家電で培ったクラウド・音声対話・機器連携などの技術で、少子高齢化や環境問題などの社会課題を解決し、みなさまが安心して暮らし、自分の夢を叶えることのできる社会の実現に貢献してまいります。
テレマティクスサービス「LINC Biz mobility」は、車両の運行状況をはじめ、さまざまな情報をリアルタイムでセンシング、遠隔管理するソリューション構築を支援するサービスです(シャープの子会社である株式会社AIoTクラウドが企画・運営を行います)。多様化、高度化する車両の運行管理に対し、要となる動態情報の収集に必要な“GPSモジュール端末・LTEデータ通信・端末管理クラウドサービス”をオールインワンでご提供します。
GPSモジュールにはみちびき対応のGPSの他、6軸センサ、電圧センサが搭載されております。
また、拡張性にも優れており、拡張のI/Fとして、USB Type-Aコネクタ、外部コネクタ(16pin)を搭載し、ドライブレコーダ、環境センサなど多様な外部機器との接続が可能です。

製品・サービスサイト:
LINC Biz mobility
https://lincbizmobility.com/

企業ウェブサイト:
https://www.aiotcloud.co.jp/

株式会社たけびし
たけびしは1926年の創業以来、京都・滋賀地区を主力地盤に、三菱電機製品を中心とした産業用電機・電子機器を取扱う技術商社として、多くのお客様に支えられながら今日の経営基盤を築いてまいりました。主力の三菱電機製品と多くのパートナー製品に加え、当社独自の技術力を活かしたオリジナル製品の開発を進めながら、お客様の多様なニーズにお応えしてまいりました。
IoT対応データアクセスユニット「デバイスゲートウェイ」は、スマート工場の構築には欠かせない生産設備からの情報を、IoTサービスを含む上位システムへ橋渡しするゲートウェイユニットです。PLCや工作機械、CNC、ロボット、計測器など、150機種以上の機器に対応しています。上位通信には、各種クラウドサービスとのデータ連携の他に、国際標準の通信規格であるOPC UAや、IoT/M2Mに最適なMQTT、セキュアに確実にファイル連携が行えるHULFT IoTなどに対応しています。また、イベント検知&アクション機能により、必要なタイミングで必要なデータだけ連携するといった運用が行えます。

製品・サービスサイト:
IoT対応データアクセスユニット「デバイスゲートウェイ」
https://www.faweb.net/product/devicegateway/

企業ウェブサイト:
https://www.takebishi.co.jp/

<SPS認定済ソリューションパートナー>
株式会社シーエーシー
株式会社シーエーシー(CAC)は、CAC Holdings(東証一部上場)を持株会社とするCACグループの中核企業として、特に金融業界と製薬業界に強みを持ち、システム開発・運用サービスと業務受託サービスを国内外で展開しています。DX(デジタルトランスフォーメーション)の柱として「人を察し、活かし、健やかにするHCTech(Human Centered Technology)」を据え、「感情認識AI」や「非接触型バイタルセンシング」「IoTxAI」の視点から、社会やビジネスのイノベーションに寄与するソリューションを提供します。
「CAC Smart Factory可視化サービス」は、工場内のPLCから得られるデータについて、クラウド(AWS)上での可視化を実現します。HMSインダストリアルネットワークス社のIoTゲートウェイ製品「Flexy」を利用しており、様々なメーカ・機種のPLCとの接続が容易に可能です。可視化サービスを、自社製品のサービスとして組み込んでいただくことで、製品の付加価値向上にも寄与します。また、ご自宅や他拠点等、リモートから工場内のPLCへのセキュアアクセスも可能となり、保守対応の効率化、費用削減にもつながります。画像や時系列データのAI分析により、異常検知や外観検査等にも対応します。2か月20万円でお試しいただける「トライアルプラン」もご用意しています。

製品・サービスサイト:
CAC Smart Factory 可視化サービス
https://www.cac.co.jp/product/smartfactory/

企業ウェブサイト:
https://www.cac.co.jp/

2. 「SORACOMパートナースペース(SPS)」について

「SORACOMパートナースペース(SPS)」は、ソラコムが提供するパートナーエコシステムです。デバイス・ソリューション・ネットワーク・インテグレーションの4つの登録パートナーカテゴリがあります。また、「SORACOM」で動作確認済みの、「SORACOM認定デバイス」もサイトで公開、お問い合わせも受付しています。

SORACOMパートナースペース:
https://soracom.jp/partners/

SORACOMのパートナー、デバイスを探す:
https://soracom.jp/support_partners/

<本ニュースに関するお問い合わせ>
株式会社ソラコム 広報 田渕
pr@soracom.jp

 

 


プレスルーム

pagetop