プレスルーム
2020.07.14
株式会社ソラコム

IoTプロジェクト成功に導く プロフェッショナルによるSORACOM活用支援 SORACOM プロフェッショナルサービスの提供を開始

株式会社ソラコム(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長 玉川憲、https://soracom.jp/、以下ソラコム)は、IoTプラットフォームSORACOMのサービスと蓄積した知見を生かして、IoTプロジェクトの迅速な立ち上げをサポートする「SORACOM プロフェッショナルサービス」を7月14日より提供開始します。

IoTプロジェクトは、幅広い専門知識が必要とされます。ソラコムでは、IoT活用の障壁を下げるべく、SORACOMプラットフォームを通じて、IoT通信、クラウド連携、ネットワークセキュリティ強化、デバイス管理などの機能をサービスとして提供しています。さらに、IoTに対する専門性と実績を持つ100社以上のSPS認定済パートナーとともに様々なお客様のIoTプロジェクトを支援し、ノウハウを蓄積してきました。

昨今、エンタープライズにおいても、継続的な成長や新しいビジネス価値創造のために、IoTやクラウドなどの最新テクノロジーを活用するケースが増えています。一方で、IoTプロジェクトは、各事業ドメインにおける用途別の産業用デバイス、複数の通信技術、クラウド、ネットワークといった幅広い技術要素が求められるだけでなく、多様なステークホルダーや協力パートナー企業を巻き込んだ調整が必要であり、IoTプロジェクト推進の障壁となっています。本格的な実用化を見据えた取組みが増える中で、このような障壁を乗り越えて、プロジェクト推進にかかるコストの最適化(TCO:Total Cost Optimization)や、より短い期間での市場投入(Time to market)を行うことがプロジェクト成功の鍵となってきています。

この度、ソラコムは、SORACOMのプラットフォームとパートナーエコシステムを最大限に活用し、エンタープライズでのIoT活用を支援する「SORACOM プロフェッショナルサービス」 の提供を開始します。

SORACOM プロフェッショナルサービスは、SORACOMプラットフォームやIoTの専門的な知見だけでなく、IoTシステム構築におけるプロジェクトの進め方や課題の整理、パートナー選定、大規模での商用展開に向けた開発まで支援します。ソラコムのIoTプロフェッショナルコンサルタントが、IoTプロジェクトにおけるCTO(Chief Technology Officer)に近い役割としてプロジェクトに参画し、SORACOMサービス活用の支援を行います。

具体的には、横断的に技術要素や課題を整理し具体的なアクションプラン立案を支援、IoTプロジェクトチームに伴走しお客様と一緒にプロジェクトを推進する「コンサルティングサービス」を提供します。また、企業のIoTプロジェクトをベースとした、開発の考え方や、アーキテクチャ、具体的なPoC実施についての知見を身につけていただくことを目的とした「ワークショップ」も提供します。

IoTの専門的な知見の提供からIoTシステム構築のスムーズな立ち上げ、大規模な商用展開に向けた開発の支援まで、ソラコムのパートナーエコシステムも一丸となりプロジェクトを支援します。

ソラコムは、IoTプラットフォームSORACOMを通じたテクノロジー・イノベーションと、パートナーエコシステムによって、お客様ビジネスにおけるIoT活用を加速させていきます。

<本サービスへの利用企業・パートナー企業からのエンドースメント>

日本瓦斯株式会社
ニチガスは激変するエネルギー業界のなかで、IoT戦略、DX戦略を現在積極的に進めております。ソラコム様には、その一環としてのニチガスストリーム(IOTデータの管理・分析・活用)やスペース蛍(スマートメーター)の開発初期段階から参画していただきました。その結果、それぞれをMVPリリースしアジャイル開発をし続けて今日に至っております。IoT業界はIT業界の総合格闘技といわれています。総合格闘技であるIoT領域において、ソラコム様はまさに文字通り、リーンスタートアップ出来る知識、経験や体制を駆使して、広範囲に及ぶエネルギー業界の知識も急速に吸収しつつ強力に弊社をサポートしてくださっています。今後はソラコム様の標榜するIoTテクノロジーの民主化と共に、ニチガスもデータ民主化とイノベーションの創出に向けて全力で進めていきます。

日本瓦斯株式会社
執行役員 エネルギー事業本部情報通信技術部 部長
松田 祐毅 様

三菱重工業株式会社
三菱重工業では、弊社製品をご愛用・ご愛顧いただいておりますお客さまの経験(カスタマーエクスペリエンス)をデジタルでより良くしていくデジタル・エクスペリエンス・デザインに取り組んでいます。そして弊社製品がお客さまの元で健全かつ効率よく稼働できるよう、IoTに取り組んでいます。IoTデータ通信をセキュアかつスケーラブルに実現するため、ソラコム様にアーキテクチャーの設計および検証の支援を依頼致しました。IoTは多種多様な技要素素から構成され総合格闘技とも評されますが、ソラコム様のサポートにより、アジリティ高く開発を推進できました。ソラコム様の進化や深化と共に、IoTによるカスタマーエクスペリエンスの向上に取り組んで参ります。

三菱重工業株式会社
成長推進室 デジタルエクスペリエンス推進グループ プリンシパルエンジニア
川口 賢太郎 様

サーバーワークス株式会社
ソラコム社のSORACOMプロフェッショナルサービスの提供開始を心より歓迎致します。
IoTビジネスの実現には、通信サービスからクラウド、デバイスに渡る広範な知識と技術が必要ですが、これを単独の一社が獲得することは容易なことではありません。
ソラコム社が有するIoTに関する高い技術とノウハウを、当社が有するクラウド技術と統合して
お客様に提供できることで、IoTビジネスの更なる発展が期待されます。

サーバーワークス株式会社
代表取締役社長
大石 良 様

SORACOM プロフェッショナルサービスの概要

1. 提供開始日
2020年7月14日

2. サービス概要
ソラコムのIoTプロフェッショナルコンサルタントが、お客様のIoTプロジェクトに参画し、SORACOMプラットフォームのサービス及び蓄積した知見を元に、プロジェクト推進やシステム設計開発をご支援します。支援方法は2種類あります。

2-1. コンサルティングサービス
お客様へのヒアリングを通じて、要件の整理、PoC実施計画、SPSパートナーとの協業を含むシステムインテグレーション支援などプロジェクトのフェーズ毎に応じたご支援を提供します。

<支援範囲>

2-2.ワークショップ

解決したい課題や取り組みたいIoTプロジェクトを元に、短期間でのコンサルティング及びプロトタイピング実装/評価をサポートします。ワークショップを通して、技術的な検討ポイントの洗い出しやその評価手法、およびSORACOMサービスの活用をハンズオンで解説します。ワークショップでは、「アーキテクティング支援パッケージ」と「プロトタイピング/PoC支援パッケージ」の2つのパッケージの提供を開始します。(2020年7月14日時点)

■アーキテクティング支援パッケージ
IoTシステムの機能要求やシステム要件の整理を通して、お客様にシステムアーキテクチャ設計を体験いただきます。具体的な検証やシステム設計を進めるために必要となる、デバイス/クラウドとの連携方式や、迅速なシステム構築を可能にするSORACOMサービスの学習を支援します。

期間 2~4週間
進め方 ディスカッション/お打ち合わせ(~4回)
アウトプット アウトプット各種検討資料システムアーキテクチャ構成資料

■プロトタイピング/PoC支援パッケージ
ビジネス効果の検討、システム詳細設計をおこなうための、IoTプロジェクトにおける仮説検証(PoC)計画策定、評価のためのプロトタイピングの学習を支援します。

期間 2~3ヶ月間
進め方 ディスカッション / お打ち合わせ
プロトタイピング
PoC計画実施
評価用デバイス手配
アウトプット 各種検討資料
PoC計画/実施結果報告資料
プロトタイピング利用アプリケーション

3. お問い合わせ
以下のウェブサイトからお問い合わせ下さい。
URL:https://soracom.jp/professional_services/

 

<本ニュースに関するお問い合わせ>
株式会社ソラコム 広報 田渕
pr@soracom

 

 


プレスルーム

pagetop