プレスルーム
2020.07.14
株式会社ソラコム

IoT DIYレシピを見てデバイスを購入できる「SORACOM IoT ストア」 冠水検知IoTシステムのためのデバイスとレシピを提供開始

〜センサー設定、屋外設置、通知・可視化までIoT DIYレシピで解説〜

株式会社ソラコム(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長 玉川憲、https://soracom.jp/)は、ソラコムのウェブサイトにおいて、活用用途からIoTデバイスを選んで、1個単位で購入することができる「SORACOM IoTストア」(https://soracom.jp/products/)において、冠水検知IoTシステムに必要な産業用 IoT デバイスとこれらのデバイスを利用したIoT DIY レシピを2020年7月14日より提供開始します。

冠水検知にIoTを活用しようとすると、センサーや設置場所に応じたデバイスの選定、設置と電源の確保、データの収集・分析をするためのアプリケーション開発など幅広い専門知識が必要になります。そこで、この度「SORACOM IoTストア」にて、手軽に設置し、冠水検知IoTシステムを活用することができる、「ドライコンタクトコンバータ」*1と「冠水センサー」の提供を開始します。お客様は本デバイスを利用して自社工場、倉庫、車両基地などに冠水検知IoTシステムを展開することが可能です。

あわせて、これらのデバイスを使い冠水検知IoTシステムを作るIoT DIYレシピを公開します。本レシピでは、デバイス接続から現場設置、データ収集とダッシュボードでの可視化やアラート通知の設定までを解説します。

「SORACOM IoTストア」では、本日時点で14種類のIoT DIYレシピを公開しており、今後も引き続き拡充していきます。

ソラコムは、最新のIoTテクノロジーの活用方法を提案し、使いやすくご提供することで、活用の裾野を拡げ、IoTによるビジネス変革をサポートしていきます。

*1 「ドライコンタクトコンバータ」は、防水性能IP65相当、専用リチウム電池による電池寿命5年(※通信回数10回 / 日の場合)、そして消費電力を抑えた遠距離通信を実現するLPWAN*2 のSigfox利用による屋外長期設置を前提としたデバイスです。また、「冠水センサー」は金属カバーにより、フロート摺動を保護しながら、外部からのダメージを軽減する設計で屋外の長期設置に適したデバイスです。なお、本産業用IoTデバイスの販売開始は、センシングで新たな価値を創り出すオプテックス株式会社の協力により実現しています。

*2 LPWAN(Low Power Wide Area Network) : 低消費電力・遠距離通信を実現する通信方式の総称

「SORACOM IoTストア」への産業用IoTデバイスの追加詳細

1 .提供開始日
2020年7月14日

2. 新たに取り扱い開始となる産業用IoTデバイス

製品名 / イメージ 仕様、金額
ドライコンタクトコンバータ

ドライコンタクトコンバーター
14,980 円(税別)

接点出力センサーを接続、 SORACOM Air for Sigfoxで容易にIoT化が可能です。

  • SORACOM Air for Sigfoxの契約事務手数料、および1年分(1440円) の通信料金が含まれます。
  • SORACOM Air for Sigfox通信料金に、SORACOMアプリケーションサービス利用料 10 円分/月が含まれます。詳細は、SORACOM Air for Sigfoxの利用料金をご確認ください。
  • 2年目以降も継続して利用可能です。2年目以降は SORACOM Air for Sigfox 通信料金(1440円/1年)が発生します。
接点出力冠水センサー HL-MC1A

冠水センサー
80,000 円(税別)

一定以上の水位上昇で接点出力がONになります。金属カバーがフロート本体を保護し、ステーにもなるため、センサーの保護・固定手段に悩む必要がなく、設置が容易です。ドライコンタクトコンバータと組み合わせて利用することで、冠水検知IoTシステムを構築することができます。

3. 公開されるIoT DIYレシピ

ドライコンタクトコンバーターと冠水センサーで作る「冠水検知・通知・可視化システム」
このレシピでは自社の工場や倉庫、車両基地などにWatty社製冠水センサー「HL-MC1」とOPTEX社製Sigfoxデバイス「ドライコンタクトコンバーター」を活用して、冠水の検知・通知・可視化を実現します。防水性能IP65相当、専用リチウム電池による電池寿命5年(※通信回数10回/日)、そして消費電力を抑えた遠距離通信を実現するLPWAN通信のSigfoxを利用できる「ドライコンタクトコンバーター」を利用することで屋外長期設置を手軽に実現します。

4. ウェブサイト
SORACOM IoTストア https://soracom.jp/products/
IoT DIYレシピ https://soracom.jp/iot-recipes/

5. 「SORACOM IoTストア」について
ソラコムが提供する、IoTプラットフォーム「SORACOM」は、IoT向けの通信と迅速なIoTシステム活用を支援するサービスを提供します。1回線から利用可能、契約はオンライン上で完結、ブラウザやAPIから各種設定や回線管理が可能といった特徴から、大企業からスタートアップまでさまざまな業界の15,000を超えるお客様にご利用いただいています。

ソラコムでは IoTデバイスを手軽に選択、調達いただけるようにすべく、2020年4月から「SORACOM IoT ストア」を開設しました。「SORACOM IoTストア」では、デバイスを1個単位でオンライン上での契約のみで入手することができます。さらに、用途別のIoT活用に必要となる機材一覧や、デバイス開発からクラウド連携までのステップ毎の手順が記載された IoT DIYレシピを同時に無料公開することで、IoT導入をサポートします。

 

<本ニュースに関するお問い合わせ>
株式会社ソラコム 広報 田渕
pr@soracom.jp

 


プレスルーム

pagetop