プレスルーム
2020.07.14
株式会社ソラコム

デバイス通信のオンデマンドパケットキャプチャを実現する 「SORACOM Peek」を7月14日より提供開始

株式会社ソラコム(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長 玉川憲、https://soracom.jp/、以下、ソラコム)は、デバイスの通信を容易にキャプチャできる新サービス「SORACOM Peek」を2020年7月14日より提供開始します。

SORACOMプラットフォームでは、1回線から少ない初期コストでご利用いただけるIoT通信と、回線管理、クラウド連携、セキュリティ強化、ダッシュボード作成・共有など、迅速かつ安全にIoTシステム構築が行えるサービス群を提供しています。

IoTシステムの開発・運用の場面では、「想定以上のデータ量を送受信している」「デバイスの通信の内容を知り最適化したい」「デバイスがウイルスなどに感染して外部と不正な通信をしていないか確認したい」「開発中のデバイスをデバッグしたい」といったデータ通信の内容を把握したいというニーズがあります。しかし、デバイスやクラウドの制約から、パケットキャプチャを双方向で実施する環境構築は手間がかかることが多く、このようなニーズがあるにも関わらず、リソースの限られたプロジェクトでは気軽に実施できない状況がありました。

SORACOM Peekは、SORACOM IoT SIMを利用するデバイスの通信時にSORACOMプラットフォームを通過するIPパケットをキャプチャするサービスです。

お客様はパケットキャプチャ用のサーバーを用意することなく、コンソールやAPIから、簡単にパケットキャプチャを開始できます。また得られたキャプチャファイルをダウンロードし、Wiresharkのようなパケット解析ツールを用いることでデータ通信の分析が可能となります。

SORACOM Peekの利用をする際には、お客様の専用ゲートウェイであるVPG(Type-E/F *1 )の利用が必要です。VPGの設定オプションから必要項目を設定することで、パケットキャプチャを開始することができます。なお、VPG不要でSIM1枚からパケットキャプチャが開始できる機能も、数ヶ月以内にリリース予定です。

本サービスを用いて、デバイス製造時のデータ通信が仕様通りかを調査する出荷前チェックや、稼働中のIoTデバイスに対するデータ送受信状況のモニタリング、予期せぬデータ量増加などの異常時のデータ通信状況の把握などを行うことができます。

なお、更に高度なトラフィック処理をご検討の場合は、通信内容の簡易統計情報を取得し、通信内容の可視化やレポーティングを実現するSORACOM Junction:インスペクション機能や、VPGを通過するパケットをそのまま特定IPへとコピーし転送するSORACOM Junction:ミラーリング機能をご利用いただけます。

ソラコムは、専門知識を要するIoTテクノロジーを誰もが活用できるようにする「IoTの民主化」を掲げ、お客様のフィードバックをもとにSORACOMプラットフォームの機能やサービスを継続的に開発、拡充していきます。

*1 VPG(Virtual Private Gateway)は、SORACOMプラットフォーム上のお客様専用のネットワークゲートウェイ(インターネット側の出口)です。お客様専用ゲートウェイのため、許可しないアクセス先のフィルタリングやお客様ネットワークとのプライベート接続といったお客様のご要望に応じたカスタマイズをお客様自身で設定できます。

<β版を検証いただいたお客様企業からのエンドースメント>

東洋製罐株式会社
東洋製罐株式会社では、IoTを活用した生産支援システム基盤創出としてデータ駆動型開発に取り組んでいます。
製造業でのデータ活用としてエッジコンピューティングとクラウドのハイブリッドシステム開発におきましては「SORACOM Peek」という新サービスは、厳選されたパケットキャプチャリングがブラウザ上で操作が行える(β段階ではコマンドベース)という利便性を持ったものであり、開発検証において、とても重要であると考えています。
いつも、質の高いサービスを創出しているソラコム様の動向をチェックしつつ意義のあるデジタル化を推進します。

東洋製罐株式会社 テクニカルセンター 設備技術開発部
データドリブンチームリーダー 主幹
菊地 隆之 様

SORACOM Peekの概要

1. 提供開始日
2020年7月14日

2. SORACOM Peekの機能

3.利用料金(税別)
Peek利用料金、キャプチャーデータ容量料金、データエクスポート料金から構成されます。
なお、VPG Type-E、Type-Fいずれかの利用が前提となります。

Peek利用料金

キャプチャデータ容量料金

データエクスポート料金

上記は、すべて日本カバレッジの場合です。グローバルカバレッジの詳細は、ウェブサイトをご覧ください。http://soracom.jp/services/peek/price/

<SORACOM Peekの利用イメージ>

4, 利用方法
SORACOMユーザーコンソール、もしくはAPIから利用可能です。

<パケットキャプチャ開始画面>


<パケットキャプチャ一覧画面>

<Wiresharkを使ったパケットキャプチャの分析>

5. ウェブサイト
URL:https://soracom.jp/services/peek/

<本ニュースに関するお問い合わせ>
株式会社ソラコム 広報 田渕
pr@soracom.jp

 

 


プレスルーム

pagetop