プレスルーム
2020.07.14
株式会社ソラコム

IoTデバイスとクラウド間の通信経路上で データ処理プログラムを実行できる「SORACOM Orbit」を提供開始

株式会社ソラコム(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長 玉川憲、https://soracom.jp/、以下ソラコム)は、IoTデバイスとクラウド間の通信経路上でデータ処理プログラムを実行できる新サービス「SORACOM Orbit」を2020年7月14日より提供開始します。

SORACOMプラットフォームでは、1回線から、少ない初期コストでリーズナブルにご利用いただけるIoT通信と、回線管理、クラウド連携、セキュリティ強化、ダッシュボード作成・共有など、迅速かつ安全なIoTシステム構築に必要となるサービスを提供しています。

IoT デバイスから送られてくるデータを活用する際には、データ変換が必要な場面が多く存在します。たとえば、異なるメーカーや異なる機種のデバイスを利用する際、デバイスから送られてくるデータを、データベースに入れる前に統一のフォーマットに変換する必要があります。また、PLCやアナログメーターから得られるRAWデータや、CSVなどのファイル形式も、インターネットを経由して送信する場合データ変換が必要な場合があります。これまで、このような処理をデバイス側で行うには、ファームウェアの変更・更新や、データ変換処理システムの追加開発が必要でした。

SORACOM Orbit は、SORACOM プラットフォーム上でIoTデバイスとクラウド間を流れるデータをお客様の用途に応じて処理することができるサービスです。

SORACOM Orbit は、SORACOM IoT SIM からSORACOMプラットフォームに送られてきたデータに対し、SORACOM Beam などの SORACOMの各種サービスに連携される前の段階で処理を適用します。これにより、データフォーマット変換のほか、データの前処理などに用いることができます。SORACOM Orbitは、双方向のデータ変換が可能ですので、クラウドからデバイスに送られるレスポンスデータに対しても、同様に処理を行うことができます。

お客様は、近年さまざまなプログラム言語がサポートしている、WebAssembly形式のデータ処理プログラムを、SORACOMのユーザーコンソールもしくはAPIを通じてSORACOM Orbitへ登録し、SIMのグループ毎に適用することができます。

なお、発表時点では AssemblyScript、Rust、C/C++ (Emscripten)向けのSDKを提供します。

ソラコムは、専門知識を要するIoTテクノロジーを誰もが活用できるようにする「IoTの民主化」を掲げ、お客様のフィードバックをもとにSORACOMプラットフォームの機能やサービスを継続的に開発、拡充していきます。

<β版を検証いただいたお客様企業からのエンドースメント>

日置電機株式会社
日置電機株式会社では、専門知識を必要とせず5分で開始できる遠隔計測サービス
「GENNECT Remote」を提供しています。
SORACOMはデバイスの開発や動作に負荷をかけずにクラウドと安全に連携できるサービス群が魅力であり、今回発表された「SORACOM Orbit」では、さらにデータフォーマットの違いをSORACOM内で柔軟に吸収できます。「SORACOM Orbit」を活用することにより、従来ではファームウェアの制約上対応が難しかったデバイスへの対応や、様々なクラウドサービスとの連携が、ファームウェアを変更せずに可能になると考えています。
日置電機株式会社では、お客様が現場で付加価値を生む仕事に集中できるよう、高品質な計測器と使いやすいサービスの提供に取り組んでいきます。

日置電機株式会社
イノベーションセンター MNユニット 主任研究員
舩原 一平 様

SORACOM Orbitの概要

1. 提供開始日
2020年7月14日

2. SORACOM Orbitの機能

3. 利用料金(税別)
SORACOM Orbitは、月に利用したSIM数とリクエスト数に応じた料金となります。

基本料金

リクエスト数に応じた利用料金

無料利用枠

上記は、すべて日本カバレッジの場合です。グローバルカバレッジの詳細は、ウェブサイトをご覧ください。http://soracom.jp/services/orbit/price/

4. SORACOM Orbit の利用例
SORACOM Orbitは、アイデア次第でさまざまな用途に利用することができます。例えば、以下のような利用が可能です。いずれも、今まではファームウェアを変更したり、データ処理を行うための外部システムの構築・運用が必要でしたが、データ処理を行うためのプログラムを SORACOM Orbitにアップロードするだけで実現可能になります。

– データ内容の加工

– バイナリデータのパース

– 複数のデータ連携先に対応

– SaaS連携する新規デバイスの追加対応

<SORACOM Orbitの利用イメージ>


5 .利用方法
SORACOMユーザーコンソールで利用可能

6. ウェブサイト
URL:https://soracom.jp/services/orbit/

<本ニュースに関するお問い合わせ>
株式会社ソラコム 広報 田渕
pr@soracom.jp

 

 

 


プレスルーム

pagetop