プレスルーム
2020.07.14
株式会社ソラコム

セキュアなIoTネットワークを実現するゲートウェイVPGに新Type追加 専用線/VPNに加えAWS Transit Gatewayに対応、よりリーズナブルに

〜従来の専用線/VPN接続サービスと比べて、運用コストが8割お安く〜

株式会社ソラコム(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長 玉川憲、https://soracom.jp/、以下ソラコム)は、 SORACOMプラットフォームで提供しているセキュアなIoTネットワークを実現するゲートウェイ VPG(Virtual Private Gateway)*1 に、新たにVPG Type-E、Type-Fの2つのTypeを追加し、2020年7月14日より提供開始します。

SORACOMプラットフォームで提供しているVPGは、お客様のデバイスとクラウド・お客様のシステム間の閉域網接続を提供するほか、インターネットへのアクセスをIPアドレス範囲で制限できるアウトバウンドルーティングフィルター、デバイス間での双方向アクセス、インターネットアクセス元IPアドレスを固定することができる固定グローバルIPアドレスオプションといったIoTシステムの本格運用時に必要な機能を提供しています。

<お客様のデバイス/システムをつなぐお客様専用のネットワークゲートウェイをSORACOMに設置>

本日より、新たにVPG Type-E、Type-Fがご利用いただけます。

VPG Type-Eは、お客様システムとの閉域網接続が不要なケースにおいて、VPGをリーズナブルにご利用いただけます。機能として、固定グローバルIPアドレスオプション、アウトバウンドルーティングフィルター、SORACOM Gateによるデバイス間アクセスをご利用いただけます。また、SORACOMのアプリケーションサービスである、「SORACOM Beam(データ転送)」「SORACOM Funnel(クラウドアダプタ)」「SORACOM Funk(クラウドファンクション)」のサービス料金、カスタム DNS 機能および CHAP 認証機能が、VPG Type-Eの利用により無料となります。

VPG Type-Fは、従来から提供してきたAmazonVPCとのピアリング接続(SORACOM Canal VPG Type-Cを利用)、VPN接続(SORACOM Door / Type-Dを利用)、専用線接続(SORACOM Direct / Type-Dを利用)に加えて、新たに AWS Transit Gatewayに対応します。

さらに、利用料金が大幅にご利用いただきやすくなります。セットアップ費用は、従来から提供してきたVPG Type-Dの9,800円に対し、Type-Fは980円 (セットアップ費用は1VPGあたり、税抜)となります。基本料金も同様にType-Dの300円/時間に対し、Type-Fは50円/時間となり、運用時の費用は、従来に比べて8割お安くご利用いただけるようになりました。

なお、VPG Type-E、Type-Fは、本日提供開始のオンデマンドパケットキャプチャを実現する「SORACOM Peek *2 」にも対応しています。

ソラコムは、お客様のニーズに応え、テクノロジーイノベーションと継続的な運用効率化によりIoTを使いやすくご提供し、最新技術のビジネス活用に貢献していきます。

*1 VPG(Virtual Private Gateway)は、SORACOM プラットフォーム上のお客様専用のネットワークゲートウェイ(インターネット側の出口)です。お客様専用ゲートウェイのため、許可しないアクセス先のフィルタリングやお客様ネットワークとのプライベート接続といったお客様のご要望に応じたカスタマイズをお客様自身で設定できます。

*2 SORACOM Peekについては、プレスリリース「SORACOM Peek」をご参照ください。

<VPGをご利用いただくお客様企業からのエンドースメント>

フジテックではIoTを活用して、エレベーターの遠隔監視サービスの海外展開に取り組んでいます。
今回発表されたVPG Type-Fによって、AWS Transit Gatewayとの接続が可能になります。
この新しいサービスを活用して、エレベーターの稼働情報を閉域網の一元的なIoTの仕組みで収集し、ビジネスを展開する各リージョン最寄りのAWS上で分散データ活用ができるような革新的な仕組みに作りに取り組んでいきます。

フジテック株式会社
常務執行役員
デジタルイノベーション本部長
友岡 賢二 様

VPG Type-E、Type-Fの概要

1. 提供開始日
2020年7月14日

2. VPG Type-E、Type-Fの機能
VPGの共通オプション機能を安価に利用できるType-E、共通オプション機能に加えて、お客様ネットワークとのプライベート接続ができるType-Fがあります。

共通機能

Type-Fの機能

3.利用料金(税別)
Type-E

Type-F

AWS Transit Gateway接続の利用費用

VPC ピアリング接続の利用料金

VPN接続の利用料金

専用線接続の利用料金

※ 1ヶ月あたりは、 31日で算出

料金の詳細は、ウェブサイトをご覧ください。上記は、すべて日本カバレッジの場合です。グローバルカバレッジの詳細もウェブサイトをご覧ください。http://soracom.jp/services/vpg/price/

<VPG Type-E、Type-Fの機能対照表>

<VPG利用のイメージ>

※なお、すでに提供している、Amazon VPCとのPeeringを可能とするType-C、VPNや専用線接続を可能とする Type-Dは引き続きご利用いただけますが、Type-Cは2021年8月以降、Type-Dは2021年1月以降、新規作成受付を停止する予定です。

4. ウェブサイト
URL:https://soracom.jp/services/vpg/

Amazon Web Services、AWS Transit Gatewayは、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

 

<本ニュースに関するお問い合わせ>
株式会社ソラコム 広報 田渕
pr@soracom.jp

 

 

 

 


プレスルーム

pagetop