プレスルーム
2020.07.14
株式会社ソラコム

SORACOM IoT SIMで利用できるデータ通信として アジア・パシフィックに最適化されたplanP1、 日本で低廉に使えるplanX1を提供開始

〜APAC向けplanP1では、従来に比べデータ通信料金が14ヶ国で7割お安く〜

株式会社ソラコム(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長 玉川憲、https://soracom.jp/、以下ソラコム)は、SORACOM IoT SIMが1枚のSIMで、世界各地域の最適なデータ通信(サブスクリプション*1 )を複数追加し、利用できるようにする「サブスクリプション コンテナ」機能提供開始に伴い、2つのサブスクリプションを2020年7月14日より新たに提供します。

お客様は、SORACOM IoT SIMに特定の国や地域により最適化したサブスクリプションを追加することで、当該地域においてよりリーズナブルなデータ通信料金で利用したり、これまで対応していなかった通信キャリアのネットワークを利用したりすることができるようになります。

本日より追加可能なサブスクリプションとして、従来から提供してきたplan01sに比べ14カ国で7割以上低廉なデータ通信料金でご利用いただける、アジア・パシフィック(20の国と地域)に最適化したplanP1の提供を開始します。また日本国内においてもKDDIのLTE回線に対応し、plan01sに比べ9割低廉なデータ通信料金でご利用いただけるplanX1を提供開始します。利用可能エリアやデータ通信料の詳細は下記をご覧ください。今後も各地の通信キャリアとのパートナーシップを拡充し、段階的に利用可能なサブスクリプションを追加していきます。

なお、既に提供しているSORACOM IoT SIMでも、特別な設定変更を行うことなく本機能をご利用いただくことが可能です。*2 お客様はSORACOMユーザーコンソールからの操作により、1回線単位で本機能をご利用いただけます。 本機能を利用し、複数のサブスクリプションが格納されたSIMをご利用時にも、SORACOMプラットフォームのサービスは、これまでと同様に利用することができます。

ソラコムは、お客様のニーズに応え、テクノロジーイノベーションによりIoTを使いやすくご提供し、最新技術のビジネス活用に貢献していきます。

*1 サブスクリプションは、plan01s、planP1などの回線契約情報を指し、回線契約毎につながるエリアやデータ通信料金が設定されています。SORACOM IoT SIMでは、1枚のSIMに複数のサブスクリプションを格納し、SIM内のサブスクリプションコンテナエンジンが、滞在国や地域に応じて利用するサブスクリプションを自動的に最適なものに切り替えます。「サブスクリプションコンテナ」機能の詳細は、別プレスリリースをご確認ください。

*2 「サブスクリプションコンテナ」機能、OTA機能を用います。 OTAは、セルラー通信経由で遠隔からSIMの設定をセキュアに書き換える技術です。OTAを利用するには、OTAの動作確認済みモジュールをご利用いただく必要があります。は[プレスリリース「「サブスクリプション コンテナ」内、別紙:動作確認済みOTA対応モジュール]をご確認ください。
日本国内で通信を行う場合、利用するデバイスが、利用するサブスクリプションに対応した各キャリアの周波数帯に対応していて、かつ技術基準適合証明等(技適)を受けていることをご確認ください。
日本国外で通信を行う場合、利用するサブスクリプションに対応した現地キャリアの周波数帯に対応しており、かつ現地での通信に必要な機器認証を受けていることをご確認ください。

<本サービスをご利用いただくお客様企業からのエンドースメント>

シャープ株式会社
シャープは、「8K+5GとAIoTで世界を変える」というビジョンの下、AIとIoTのビジネス活用をデバイスからソリューションまで一貫してご提供しております。その取り組みの一つとして、業務用車両を保有する事業者などに向け、位置情報をはじめとしたさまざまなデータの測位が可能な「GPSモジュール端末」や「LTE通信サービス」、「端末管理クラウドサービス」が一体となったテレマティクスサービス『LINC Biz mobility』を本年7月より提供しています(シャープの子会社である株式会社AIoTクラウドが企画・運営を行います)。
本サービスでは、SORACOM様のIoT SIMと、この度発表されたplanX1を採用致しました。これにより、全国をもれなくカバーし、高いセキュリティと安定した高速通信を低コストで提供できるだけでなく、GPSモジュールの機能を最大限に引き出しリアルタイムでのデータ処理を可能にします。
物流業界の働き方改革やコスト削減、さらには、カーシェアリングや配車サービスなど、柔軟な移動手段の提供や新たなソリューションサービスにもIoT活用のニーズがあります。シャープでは、本サービスを通じお客様のさらなるIoT活用をサポートしていきます。

シャープ株式会社

センチュリー・システムズ株式会社
センチュリー・システムズ株式会社(以下、CS)は、アジア20の国・地域に最適化されたplanP1、日本でより低廉に使えるplanX1のリリースを歓迎します。
CSでは、お客様からのニーズを受け、IoTゲートウェイFutureNet MA-E350/GLAD およびFutureNet MA-E350/GLにおいて、東南アジアの対応国を拡充してきました。この度発表されたplanP1、planX1についても既に動作確認を実施済みです。
CSは、SORACOM社のデバイスパートナーとして、日本国内でIoTゲートウェイを利用している企業様が、海外へ展開される際に同じソフトウェア、同じハードウェアで展開できる汎用の製品を開発・量産しています。
今回の発表は、双方の顧客に大きなメリットをもたらすものと期待しています。

センチュリー・システムズ株式会社
取締役 営業部グループマネージャー
川嶋 進司様

新たなサブスクリプションplanP1、planX1の概要

1. 提供開始日
2020年7月14日

2. ご利用料金
サブスクリプション追加に必要な料金
1サブスクリプション追加あたり、別途以下の料金が発生します。
サブスクリプション追加費用: 3 USD /1サブスクリプションあたり
サブスクリプション利用料金: 1.8 USD / 1ヶ月あたり

3. SORACOM IoT SIMに追加可能なサブスクリプション
planP1
アジア・パシフィックの20の国と地域において最適化されたサブスクリプション
従来の plan01s と比べて、14カ国で7割以上低廉なデータ通信料金でご利用可能
2G / 3G / 4G(LTE)全通信規格に対応
利用可能な国と地域、およびデータ通信料金は、下記をご確認ください。

planX1
日本国内でKDDI LTE回線に対応したサブスクリプション
従来の plan01s を日本で使用する場合と比べて、9割低廉なデータ通信料金でご利用可能
SORACOM IoT SIM 日本でのデータ通信料金(planX1):0.02 USD/MB

4. planP1/planX1の利用可能国と料金
利用可能な国と地域、データ通信料金はウェブサイトをご覧下さい。

https://soracom.jp/services/air/cellular/price_iot_sim/

5. ウェブサイト
URL :https://soracom.jp/services/air/cellular/

 

<本ニュースに関するお問い合わせ>
株式会社ソラコム 広報 田渕
pr@soracom.jp

 

 

 

 


プレスルーム

pagetop