プレスルーム
2020.06.01
株式会社ソラコム

「暮らしを豊かにする IoT 」をテーマとした、学生向けハッカソンイベント「SORACOM Summer Challenge 2020」6月1日からエントリー開始

〜フルオンライン参加、 IoT のアイディアを短期間で開発して発表〜

株式会社ソラコム(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長 玉川憲、https://soracom.jp/)は、学生向けハッカソンイベント「SORACOM Summer Challenge 2020」を 2020年8月に開催します。

ソラコムは、2015年創業した IoT 企業です。専門的な IoT テクノロジーを、通信の切り口から誰もが簡単に活用できるようにする、IoT プラットフォーム「SORACOM」を展開しています。ユーザーは、SORACOMのサービスを利用することで、IoT のアイディアを短期間で形にすることができます。SORACOM の利用者はわずか4年で15,000ユーザーを超え、契約回線数は100万を突破しました。

ソラコムでは、2020年は昨年実施したサマーインターンの受け入れは行わず、代わりにオンラインから参加できるハッカソンイベントを開催します。ハッカソンとは、アイディアを短期間で実際に開発する実践型のイベントです。「SORACOM Summer Challenge 2020」は、ご自身が思い描く「暮らしを豊かにする IoT 」のアイディアを、SORACOM のサービスを利用して開発します。

本イベントに参加を希望する学生は、今回挑戦したい「暮らしを豊かにする IoT 」のアイディアを事前に提出します。その後、選考に合格した方は、8月3日 (月) から 2020年8月14日 (金) の2週間行われるハッカソンイベントに参加、アイディアを実現するプロトタイプを開発します。審査後、ファイナリストは8月25日(予定)の成果発表会に参加することができます。

なお、選考に合格した学生は、SORACOM プラットフォームを無料で利用することができるほか、IoT システム開発用のデバイスとして、2種類のIoTデバイス「SORACOM LTE-M Button Plus」と「GPSマルチユニットSORACOM Edition」が無償提供されます。

テクノロジーの総合格闘技とも言われる IoT は、マイコン、センサーなどのハードウェア、モノとインターネットをつなぐ通信、データを蓄積・分析するためのクラウドといった技術を駆使します。そのため、IoT アイディアの実践は、技術的な力試しになることはもちろん、社会で使われるようなシステムやビジネスの理解にも役立ちます。

「SORACOM Summer Challenge 2020」へのエントリーお待ちしています。本イベントの詳細について、6月4日(木)17時から YouTube にてオンライン説明会を開催します。合わせてご参加ください。(その後も説明会は動画公開されます)

「SORACOM Summer Challenge 2020」詳細

1 .実施概要

イベント名「SORACOM Summer Challenge 2020」

ハッカソン実施期間:8月3日 (月) から 2020年8月14日 (金)

申し込み締切

事前説明会:6月4日(木)17時から YouTube にて(後日、動画公開)

詳細、説明会のエントリー:https://www.hello.soracom.jp/summer-challange-2020

2.応募資格

​*1 応募資格に該当しない学生で、参加を希望する方はご相談ください
*2 今回はチャットでのコミュニケーションが多くなるため、テキストベースでのコミュニケーションに対して一定のスキルをお持ちであること
*3 今回の成果は各位のブログ等で発表していただくことを前提としています

3.イベント参加特典

*4 成果物を提出した方に限り

<本ニュースに関するお問い合わせ>

株式会社ソラコム 広報 田渕
pr@soracom.jp

 


プレスルーム

pagetop