プレスルーム
2020.04.01
株式会社ソラコム

データ通信サービス「SORACOM Air for セルラー」 日本国内で使える plan-D において 初期費用の値下げを4月1日より実施

株式会社ソラコム(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長 玉川憲、https://soracom.jp/ 以下、ソラコム)は、データ通信サービス「SORACOM Air for セルラー」の日本国内で利用できる plan-D(データ通信のみ) において、2020年4月1日より初期費用の値下げを実施します。

「SORACOM Air for セルラー」は、IoT 向けのデータ通信 SIM “IoT SIM” を提供するサービスです。1枚から購入可能​で、契約はオンラインで完結、データ通信料金は従量課金で低コストで始められます。

「SORACOM Air for セルラー」の特定地域向け IoT SIM plan-D(データ通信のみ) の初期費用は、今まで SIM カード1枚あたり895円(税別、送料別)でご提供してまいりましたが、本日より852円でご提供します。

「SORACOM Air」の特徴として、IoT 用途で便利にご利用いただけるオプション機能があります。リアルタイムで通信量を管理することができる「データ通信量の監視機能」、IoT SIM を使用するデバイスに独自の DNS サーバーを指定することができる「カスタム DNS 機能」、SORACOM プラットフォーム側でバイナリデータを JSON データに変換することができる「バイナリーパーサー機能」といった機能により、お客様は IoT 通信をスムーズにご利用いただけます。これらのオプション機能は、SORACOM ユーザーコンソールを通じてブラウザからの操作、もしくは API を利用しプログラマブルに、設定・操作していただけます。

本日、オプション機能のひとつである「イベントハンドラー機能」が大幅にアップデートしました。本機能は、通信のデータ通信量やSIM の通信ステータス変更などを条件に設定し、この条件を満たした場合に、通信を休止する、メール等で通知するなどのアクションを実行できる機能です。これまで API からの操作のみ設定可能でしたが、本日より SORACOM ユーザーコンソールに操作画面が追加となり、ブラウザからの操作で簡単に設定することが可能になりました。

ソラコムは、SORACOM プラットフォームを通じて「つなぐ」を簡単にすることで、より多くの方々のIoTビジネス活用をサポートすべく、引き続きテクノロジーイノベーションに取り組んでいきます。

特定地域向け IoT SIM plan-D(データ通信のみ)  の初期費用変更概要

開始日:2020年4月1日(水)

変更点:
plan-D(データ通信のみ)の初期費用 852円 / 枚(税別、送料別)

※ 改定前の初期費用:895円
※ 基本料金 および、データ通信料金については、変更はありません。
※ 特定地域向け IoT SIM  plan-D(データ通信/SMS)、およびその他の通信プランの初期費用は据え置きとなります。

ウェブサイト:
SORACOM Air for セルラー plan-D
https://soracom.jp/services/air/cellular/

イベントハンドラーユーザーガイド
https://dev.soracom.io/jp/event_handler/what-is-event_handler/


プレスルーム

pagetop