プレスルーム
2019年07月02日
株式会社ソラコム

日本瓦斯様の新型NCU「スペース蛍(ホタル)」に SORACOM が採用されました

IoT 通信プラットフォーム SORACOM が、日本瓦斯株式会社様が2019年7月2日に発表した、ガスメーターをオンライン化し、ガスの使用量をリアルタイムに計測できるNCU (*1)「スペース蛍(ホタル)」に採用されました。

「スペース蛍」の導入により、これまで人間が月に1回、お客さま宅で計測していた検針データを遠隔で1時間に1回自動計測することができ、従来の720倍にも及ぶ精緻なデータの把握が可能となります。日本瓦斯様では、「スペース蛍」を通じて得られたデータを、ガスボンベの交換タイミングの最適化と配送効率向上、ガスメーターの開閉の遠隔操作、ガスの微小漏洩警告等の保安情報のリアルタイム把握に活用されます。

この新型NCU「蛍」に「SORACOM Air」の低電力消費を特徴とするLPWAのSigfoxが採用されました。

今回日本瓦斯様には機器から送信されるバイナリデータをSORACOM側で復元しクラウドに連携することができる「バイナリパーサー機能」や、スムーズにクラウド上のシステムと連携できる「SORACOM Funnel」といったSORACOMのクラウド連携をスムーズにする各種サービスをご利用頂いています。

また、日本瓦斯様では、今後の新型NCU設置の広域展開を見据え、省電力が特徴のLTE-Mの通信の利用も視野に入れており、SORACOMプラットフォームによって、セルラー、LPWAなどの複数の通信規格や、複数の通信キャリアの回線を統合管理できる点も評価頂いています。

日本瓦斯様では、「スペース蛍(ホタル)」を2021年3月期中に日本瓦斯グループのLPガスをお使いのすべてのお客さま(約86万件 5月末時点)に導入する予定です。

詳細は日本瓦斯様プレスリリースをご覧ください。

日本瓦斯様プレスリリース

配送4.0プロジェクト 第1弾!ガスメーターをオンライン化する NCUの自社開発に成功!LPG物流の概念を変え、“世界初”の「LPG託送サービス」を開始します。

*1 Network Control Unitの略。ガスメーターの使用量データを電子的に読取り、フォーマット変換の後に無線を使ってクラウドへ送信するIoT装置のこと。

<製品イメージ>


プレスルーム

pagetop