プレスルーム
2019年07月02日
株式会社ソラコム

IoT デバイスから AWS Lambda / Azure Functions / Google Cloud Functions 等の FaaS に直接連携する「SORACOM Funk」を提供開始

株式会社ソラコムは、IoT デバイスからクラウド上にあるビジネスロジックを直接実行することができる FaaS に連携する新サービス「SORACOM Funk(以降、Funk)」を2019年7月2日より提供します。

IoT で収集される莫大なデータを蓄積・分析するため、IoT でのクラウド連携は不可欠です。ソラコムでは、パブリッククラウドの IoT サービスや、可視化や機械学習などの PaaS への連携を迅速に実現するサービス「SORACOM Funnel」など、クラウド連携を容易にするサービスを拡充してきました。

昨今、クラウド上に置かれたプログラム(関数)を実行するFaaS(Function as a Service)と呼ばれるサービスが、AWS、Microsoft Azure、Google Cloud など各クラウドでサービス整備され、利用者も増えてきています。FaaS では、サーバを準備・運用することなく、送信されたデータに対してビジネスロジックを呼び出し、データ処理を行うことが可能になります。

IoT システムにおいても、直接クラウド上のプログラムを実行できる FaaS の利用は効果的です。一般的に IoT デバイスは電力消費などを抑える目的からシンプルな構成であることが多く、そのような場合はデバイス側での複雑なデータ処理が難しい場合があります。そのような場合、FaaS と連携することで、IoT デバイスのリソースを使用することなく、クラウドの潤沢なリソースで複雑な処理を実行することができます。

このたび SORACOM では、クラウドが提供する FaaS に簡単に連携できるようになります。2019年7月時点では AWS Lambda、Azure Functions、Google Cloud Functions に対応しています。

IoT デバイスは、UDP パケット、TCP ソケット、HTTP POST などの単純なプロトコルを介してこれらのファンクションサービスを直接呼び出すことができます。なお、Funk は、SORACOM Air for セルラーはもちろん、SORACOM Air for LoRaWAN、SORACOM Air for Sigfox からも利用することができます。IoT デバイスから送信したバイナリデータを SORACOM プラットフォーム上で JSON 形式に変換できるバイナリパーサーにも対応しています。

実行するビジネスロジックは、各クラウドのお客様のアカウントで作成されたビジネスロジックを指定します。処理ロジックはクラウド側にあるため、大量にある IoT デバイスの設定を個別に変えることなく、処理ロジックを更新することができます。また、IoT デバイスからクラウドへの一方向のデータ送信とは異なり、IoT デバイスは処理結果のレスポンスを直接受け取ることができます。

例えば、お客様が取り付けたセンサーからのデータを、Funk を用いて AWS が提供するファンクションサービスである AWS Lambda に連携し、Lambda 上でビジネスロジックを記述することで、しきい値を超えた場合にアラート通知をメールで送ったり、現場の信号灯に信号を送り点灯させるなどのアクションの実行が可能となります。この際、ファンクションサービスを利用することで、クラウド上でストレージやサーバーの用意することなくプログラム実行が可能なサーバレスと言われる構成にすることも可能です。

IoT 通信プラットフォーム「SORACOM」は、今後もお客様の IoT 活用が、すぐに簡易に始められるよう、継続的にサービスを開発し、その機能を拡充していきます。株式会社ソラコムは、世界中のヒトとモノをつなげ共鳴する社会を目指し、「SORACOM」プラットフォームを通じて、IoT 業界の発展に貢献していきます。

「SORACOM Funk」の詳細

1.サービス開始日

2019年7月2日

2..特徴

3. ユースケース

IoT デバイスの処理をオフロード

プロジェクトのフェーズに応じた処理ロジックの変更

4.ご利用料金

従量課金

カバレッジタイプ:日本
1 リクエスト(*) あたり 0.0018 円(税別)

カバレッジタイプ:グローバル
1 リクエスト(*) あたり 0.000018 USD(税別)
無料利用枠:5万リクエスト/月

(*) Funk からFaaS へのリクエスト毎に 1 リクエストとカウントします。

5. 利用開始方法

<コンソールの設定画面>

6.ウェブサイト

サービス詳細・料金体系:https://soracom.jp/services/funk/

7. 備考

TCP、UDP、HTTP、USSD に対応します。また、LPWA (Air for Sigfox, Air for LoRaWAN)のデバイスにも対応します。ただし、LPWA デバイスは Funk からのレスポンスを受け取ることができません。


■会社概要
会社名 株式会社ソラコム
代表取締役社長 玉川憲
ウェブサイトhttps://soracom.jp/

■本件に関するお問い合わせ
株式会社ソラコム  広報担当/田渕
E-mail:pr@soracom.jp


プレスルーム

pagetop