プレスルーム
2019年04月10日
株式会社ソラコム

セルラーLPWA LTE-M 通信内蔵で乾電池ですぐ使えるボタンデバイス「SORACOM LTE-M Button」シリーズに 接点入力が可能なボタンが新登場!4月10日より販売開始

株式会社ソラコム(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長 玉川憲、https://soracom.jp/以下、ソラコム)は、 セルラー LPWA の LTE-M 通信内蔵で「SORACOM LTE-M Button」シリーズにおいて、あらたに接点入力が可能な「SORACOM LTE-M Button Plus」を2019年4月10日より発売開始します。

ソラコムが提供するボタンデバイス「SORACOM LTE-M Button」シリーズは、2018年に提供開始された低電力消費のセルラー LPWA 通信規格である LTE-M を利用することで、ネットワークの敷設不要、しかも単4電池2本で動作するボタンデバイスです。

ソラコムでは、2018年10月から、AWS 1-Click を利用してボタンのアクションをブラウザやアプリの操作、もしくはプログラミングにより設定可能な「SORACOM LTE-M Button powered by AWS」を、2019年2月から、SORACOMのサービスと組み合わせることで、より柔軟なシステム構成が可能な「SORACOM LTE-M Button for Enterprise」提供しています。

開発者は、本ボタンを利用することで、デバイス・ネットワークを別々に準備する必要はなく、クラウド連携が容易、用途に合わせてボタンのアクションをカスタマイズすることですぐに使い始められます。また、ユーザーにとっても押すだけで誰もが使うことができ、本ボタンは、人や車の呼び出しや、状況やエラーの通知、などで利用され、現場のデジタル化に役立っています。その中で、従来のM2Mが活用されてきたような分野においても、同じ仕組みを使い、電気信号を送信したいといったお声を頂いていました。

この度提供開始する「SORACOM LTE-M Button Plus」では、あらたに接点入力を備えており、例えば、ドアや窓、ゲージなどの開閉状況や、浴槽やタンクなどの水位チェック、人感センサーなどのデータを連携することができます。

その際、SORACOM プラットフォームが提供するアプリケーションサービス SORACOM Beam / Funnel / Harvest をご利用いただくことでボタンデータの収集・蓄積や、データ転送、クラウド連携がスムーズに可能です。

「SORACOM LTE-M Button Plus」は、1台7,380円、1台単位で本日より SORACOM のユーザーコンソールで販売開始となります。

あわせて、すでに提供開始しておりました「SORACOM LTE-M Button for Enterprise」についても、今までは100台からのご提供でしたが、本日より SORACOM のユーザーコンソールで1台単位での販売を開始します。

本製品の使い方を学びたい方は、本ボタンを使ったオンライン IoT 講座「Let’s try IoT プロトタイピング 〜SORACOM LTE-M Button plus でドア開閉を気軽にモニタリング〜」を5月14日、15日に開催しますので、ご覧ください。

ソラコムは、「世界中のヒトとモノをつなげ共鳴する社会へ」をビジョンに掲げ、IoT 技術の障壁を下げ、どなたでも、簡易に、スピーディにビジネスに IoT を活用いただけるよう取り組んでいます。引き続き、通信プラットフォーム「SORACOM」を通じて、お客様のビジネス変革をサポートしていきます

「SORACOM LTE-M Button Plus」の詳細

1.販売開始日

2019年04月10日
本日より、SORACOM ユーザーコンソールでお買い求めいただけます。

2.「SORACOM LTE-M Button Plus」の仕様

デバイス名 デバイスイメージ・仕様
SORACOM LTE-M Button Plus
金額     7,380円
サイズ    約97×33×14mm
重量     約50g
電源     単4 アルカリ乾電池2 本 (電池交換可能)
通信規格   LTE Cat.M1(LTE-M) eSIM 内蔵
アンテナ   内蔵型アンテナ
※ コネクタに接続できるハウジング付きケーブルが 1本(試供品)

接点入力の特徴

※ コネクタ形状といった物理特性や電気特性の詳細、また使用上における注意点はウェブサイト上の商品詳細をご確認ください。

2.ユースケース

無電圧対応のセンサーと組み合わせて使うとことで、様々な用途のシステムにご利用いただけます。
また、すでに設置された装置に蓄積されたアナログ値のセンサーからのデータも、マイコンにデータを連携した後、リレー経由で 本ボタンに電気信号を送ることで利用が可能です。

3.金額

価格 7,380円(ともに税別・送料別)

利用料金:
初期費用のほかに、以下の金額がかかります。
SORACOM Air for セルラー plan-KM1 の基本料金 / 通信料金
plan-KM1料金詳細:https://soracom.jp/services/air/cellular/price_specific_area_sim/#plan-km1

SORACOM Beam/Funnel/Harvest の従量課金詳細:https://soracom.jp/pricing/

※ 出荷は 4/26 頃を予定しております。

4 .ウェブサイト

「SORACOM LTE-M Button Plus」詳細https://soracom.jp/products/gadgets/button_plus

5.「SORACOM LTE-M Button」シリーズ

左から
「SORACOM LTE-M Button powered by AWS」
「SORACOM LTE-M Button for Enterprise」
「SORACOM LTE-M Button Plus」(本日より販売開始)

※ Amazon Web Services、 アマゾン ウェブ サービス、AWS、AWS IoT 1-Clickは、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。


■会社概要
会社名 株式会社ソラコム
代表取締役社長 玉川憲
本社 東京都世田谷区玉川四丁目5番6号尾嶋ビル3F
資本金 37億2755万4044円(資本準備金含む)
ウェブサイトhttps://soracom.jp/

■本件に関するお問い合わせ
株式会社ソラコム  広報担当/田渕
E-mail:pr@soracom.jp


プレスルーム

pagetop