プレスルーム
2019年02月14日
株式会社ソラコム

SORACOM プラットフォームにおいてデータ転送、クラウド連携、データ収集・蓄積を一元管理する 「Unified Endpoint」機能を提供開始

株式会社ソラコム(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長 玉川憲、https://soracom.jp/ 以下、ソラコム)は、IoT通信プラットフォーム「SORACOM」のアプリケーションサービスであるデータ転送、クラウド連携、データ収集・蓄積を一元管理する新機能「Unified Endpoint」を2019年2月14日より提供開始いたします。

これまで SORACOM プラットフォームでは、お客様の要望に合わせてそのアプリケーションサービスを、データ転送支援サービス「SORACOM Beam」(以降、Beam) 、クラウドリソースアダプタ「SORACOM Funnel」(以降、Funnel) 、データ収集・蓄積サービス「SORACOM Harvest」(以降、Harvest) と次々にサービス追加してきました。お客様はこれらのサービスをご利用いただく際は、サービス毎に用意されたデータの送信先を設定いただく必要がありました。

しかし、昨今 IoT 活用は、PoC などの用途で少量のセンシングデータ収集・見える化するだけではなく、データ増加に伴いクラウドやサーバーの送信先を変更したり、本番を見据えたシステム構成に移行するようなケースもでてきています。

このようなニーズを受け、SORACOM プラットフォームのアプリケーションサービスであるBeam / Funnel / Harvest において共通のデータの送信先である「Unified Endpoint」の提供を開始します。

お客様はデバイスに「Unified Endpoint」を設定いただくだけで、SORACOM のアプリケーションサービスBeam / Funnel / Harvestをシームレスに変更することができます。これにより、デバイス側の設定を変更などの IoT システムインテグレーションの手間なく、規模や用途にあわせた柔軟なシステム構成変更が可能になります。

例えば、PoC 実施時は Harvest を利用しクイックにデータを蓄積・可視化し、本番環境では Beam を利用してお客様が用意したサーバー環境にデータを送信するといったケースにおいて、デバイス側のデータの送信先設定を変更することなく SORACOM プラットフォームのユーザーコンソール上での操作のみで、当該デバイスのデータの送信先を変更することが可能です。

また、「Unified Endpoint」 に送信したデータを複製し、複数の SORACOM サービスに転送することも可能になります。例えば、通常は Funnel でクラウドサービスに送信しているケースにおいて、普段はクラウドサービス側でしか見られないデータを一時的に Harvest にも連携することで、SORACOM プラットフォーム内でもデータ蓄積・確認することが可能です。

また、本機能は、すべての SORACOM Air のコネクティビティ(SORACOM Air for セルラー、SORACOM Air for LoRaWAN、SORACOM Air for Sigfox)を使用しているデバイスから利用できます。また、グローバル向け SIM(plan01s, plan01s – Low Data Volume)では、「SMS を使用したクラウド連携」「USSD機能」にも対応しています。

株式会社ソラコムは、お客様のニーズに応え、テクノロジーイノベーションと、継続的な運用効率化の取り組みにより、「SORACOM」プラットフォームをより多くの企業や個人に使いやすく展開ることで、より多くの IoT 事例の創出に貢献していきます。

β版をご利用いただいたパートナー様からのエンドースメント

双葉電子工業株式会社

双葉電子工業は、トラッククレーンや無人搬送台車の制御など産業分野向けの無線装置を提供しており、 独自プロトコルの920MHz 帯無線モジュール「FEPシリーズ」においてネットワーク接続可能な SORACOM 認証デバイス「FEP06」を提供しています。
「FEP06」は、IoT データの送信にセルラーネットワークを利用できる「SORACOM Air forセルラー」を利用し、 クラウド連携を円滑に実現するクラウドリソースアダプタ「SORACOM Funnel」に対応しています。 この度提供開始される「Unified Endpoint機能」により、「SORACOM Funnel」以外のサービスを用いてインフラの用意をせずにデータを蓄積・可視化したり、プロトコル変換して特定のサーバーにデータを送信するといったことも実現可能となり、お客様の用途や規模に合わせたシステムインテグレーションが可能となります。
双葉電子工業は引き続き、「FEP06」を通じて、お客様の IoT ビジネス活用を推進してまいります。

双葉電子工業株式会社
デバイス営業センター 第三営業部 部長 堀江 一也 様

株式会社KYOSO

IoT.kyoto(株式会社KYOSO)は、かねてからリクエストしておりました 「Unified Endpoint」機能のリリースを心より歓迎いたします。
IoT.kyoto では、SPS 認定済インテグレーションパートナーとしてSORACOMやAWSを活用した「IoTワンストップインテグレーションサービス」を提供しております。弊社お客様からはセキュリティ上の観点から、閉域網下でのデータハンドリングやデバイス内認証情報不保持のニーズは非常に強く、通信に SORACOM を採用する場合はほとんどの場合、SORACOM Funnel や Beam を使用します。ところが、IoT システムをアップデートする過程で要件が変わりFunnel と Beam を併用したい場合があったとしても、従来は叶いませんでした。あるいは SORACOM Lagoon でダッシュボードを作成する場合 Harvest へのデータ蓄積が必須となりますが、将来の拡張に備えて Funnel 経由で AWS へのデータ蓄積も同時に行いたいという要望の場合も同様です。U「Unified Endpoint」はこれらの要望を一気に叶えてくれる、私たち IoT インテグレーター待望のサービスです。これにより、より柔軟なバックエンド設計が可能となり、私たちはより付加価値の高い領域に注力することができます。
IoT.kyoto ではこれからも SORACOM 各サービスを最大限に活用しながら、ワクワクするような IoT システムの開発ならびに発信をしてまいりたいと考えております。

株式会社KYOSO エバンジェリスト 辻一郎

SORACOM プラットフォームにおける「Unified Endpoint」詳細

1.提供開始日

2019年2月14日

2.機能イメージ

3.利用できる SORACOM サービス

SORACOM Beam

SORACOM Beam は、IoT デバイスにかかる暗号化等の高負荷処理や接続先の設定を、クラウドにオフロードできる「データ転送支援サービス」です。SORACOM Beam を利用することによって、クラウドを介していつでも、どこからでも、簡単に IoT デバイスを管理することができます。大量のデバイスを直接設定する必要はありません。

SORACOM Funnel

SORACOM Funnel は、デバイスからのデータを特定のクラウドサービスに直接転送するクラウドリソースアダプターです。 SORACOM Funnel でサポートされるクラウドサービスと、そのサービスの接続先のリソースを指定するだけで、データを指定のリソースにインプットすることができます。

SORACOM Harvest

SORACOM Harvest は、IoT デバイスからのデータを収集、蓄積するサービスです。SORACOM Air が提供するモバイル通信を使って、センサーデータや位置情報等を、モバイル通信を介して容易に手間なくクラウド上の「SORACOM」プラットフォームに蓄積することができます。

4.利用例

■IoT デバイスの設定を変更することなくIoTシステムの全ライフサイクルをサポート

PoC 段階では Harvest を利用することで、お客様自身でサーバーを用意することなくクイックにデータを蓄積、可視化し、実運用では Beam を使用しお客様の自社サーバーを利用する場合にも、IoT デバイスに設定されたデータの送信先( unified.soracom.io または uni.soraocm.io )を変更する必要はありません。PoC から実運用までデバイスの設定を変更することなく、IoT システムをシームレスに展開していくことが可能です。

■IoTデバイスの送信データの確認

Fuunel を使用してクラウドサービスにデータを送信しつつ、Harvest にもデータを送信することができます。お客様は、IoT デバイスから Funnel に送信されたデータを Harvest でも確認することができます。自社サーバーにデータが送信されない場合などに問題の切り分けを行うことができます。

5.利用料金

「Unified Endpoint」は無料でご利用いただけます。
※ SORACOM Beam/Funnel/Harvest の利用に際してはそれぞれ料金がかかります

6.ウェブサイト

データ転送 SORACOM Beam

クラウドリソースアダプタ SORACOM Funnel

データ収集・蓄積 SORACOM Harvest


■会社概要
会社名 株式会社ソラコム
代表取締役社長 玉川憲
本社 東京都世田谷区玉川四丁目5番6号尾嶋ビル3F
資本金 37億2755万4044円(資本準備金含む)
ウェブサイトhttps://soracom.jp/

■本件に関するお問い合わせ
株式会社ソラコム  広報担当/田渕
E-mail:pr@soracom.jp


プレスルーム

pagetop