プレスルーム
2018年10月17日
株式会社ソラコム

パートナープログラム「SORACOM パートナースペース」における認定済パートナーとして5社を追加認定し、パートナーシップを強化

株式会社ソラコム(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長 玉川憲、https://soracom.jp/ 以下、ソラコム)は、パートナープログラムである「SORACOM パートナースペース(以下、SPS)」における「SPS 認定済パートナー」として、株式会社タブレイン、株式会社フォルテ、株式会社アトムシステム、エリアポータル株式会社、株式会社神戸デジタル・ラボ の5社を認定し、パートナーシップを強化します。

「SPS」には、「SPS デバイスパートナー」「SPS ソリューションパートナー」「SPS インテグレーションパートナー」「SPS ネットワークパートナー」の4つのカテゴリがあります。その内「SPS 認定済パートナー」とは、それぞれのカテゴリで一定のパートナー認定の要件を満たし活用実績があることを、ソラコムが認定した企業です。

IoT システムをお考えのエンドユーザーは「SPS 認定済パートナー」を選択することで、実績のあるパートナーに IoT システムに関する、デバイス、ソリューション、インテグレーション、ネットワークに関する各種相談・依頼をすることができ、スムーズに IoT システムを導入・構築することができます。

このたび認定された「SPS 認定済パートナー」の詳細は下記の通りです。
なお、「SPS」において、既に認定済の企業や、「SORACOM」での動作検証済みのデバイスである「SORACOM 認定デバイス」の情報は Web サイトにて公開しています。

「SPS」は、今後も新たなパートナーの申請を受け付け、順次を追加認定、拡充していきます。ソラコムは、これらの取り組みを通じてパートナー企業とともにエコシステムを構築し、IoT 業界の活性化、さらに多くの IoT デバイスの活用事例の創出に貢献していきます。

1. このたび新たに SPS 認定済パートナーになった企業

<SPS 認定済デバイスパートナー>

株式会社タブレイン

タブレインは、IoT デバイスの試作・量産化およびクラウド開発などの IoT ビジネスに特化した企業です。これまで3G通信モジュールの3GIM、さらにLTE通信モジュールの 4GIMなどを中心に IoT 関連のハードウェアや、IoT デバイスの開発なども数多く手がけてきました。
3GIM・4GIMを中心とする通信モジュールの開発・販売や、3GIMシールド・IoTABシールドなどのArduino上のIoTデバイスの開発・販売を、創業以来継続して行ってきました。これらの IoT デバイスの普及展開では、中学生レベルでも分かりやすいマニュアルや、豊富なサンプルを用意し、短時間での IoT 構築ができる環境を提供してきています。本製品は、農業用監視 IoT デバイスや、見守り IoT デバイス、環境モニタリング IoT デバイス、太陽光発電量観測モニタリング、河川水位監視といった用途で活用されています。さらに運用サポートでも力をつけ、お客様の困った技術的な課題にも広く答える体制を整えています。

企業サイト:http://tabrain.jp/

株式会社フォルテ

タフォルテは、地方都市を中心とした地域課題解決を通じた、人々の暮らしのさらなる安心・安全・快適の実現をミッションとし、「位置情報」と「音声」を切り口としたIoT製品のシステム・端末開発に取り組んでおります。
GPS端末「FB」シリーズは、移動履歴追跡やステータス記録等をリアルタイムで実施でき、車両管理やイベント運営支援等、各シーンで最適なご提案ができるよう様々なモデルを取り揃えております。たとえば、移動体管理用端末「FB120」は、最大5年間電源不要で使用できる大容量バッテリーモデルであり、マグネット内蔵のためコンテナや重機等にワンタッチで設置でき、物流支援や盗難監視に役立ちます。作業員管理用端末「FB200」は、ボタン押下でステータス(休憩、SOS等)を位置・時刻と紐づけて発報できるモデルであり、フィールドが広大なサイクルイベントや除雪作業の安全管理に役立ちます。GPSを活用したIoTソリューションをお考えの方はフォルテにご相談ください。

企業サイト:http://www.forte-inc.jp/

<SPS 認定済ソリューションパートナー>

株式会社アトムシステム

アトムシステムは、湘南に本拠地を置く独立系システムインテグレーターです。また、グローバルなビジネス展開を視野にバングラデシュやマレーシア現地法人を設立しています。
弊社が提供する「スマホIoTゲートウェイ」は、スマートフォンをIoTゲートウェイとして活用するためのサービスです。各種IoTセンサーの情報を収集し、クラウド・オンプレミス上のサーバーまで中継します。スマートフォン本体が受信可能な無線形式4G、Wi-Fi、BLEに標準対応し、USBドングルを使用する事でEnOcean、Wi-SUN等の各種無線形式にも追加可能となっており、お客様はセンサーとスマートフォン、及びそのアプリを通じてすぐにIoTデバイスが得たデータ活用を始めることができます。

企業サイト:http://www.atomsystem.co.jp/

関連サービス:スマホIoTゲートウェイhttp://www.atomsystem.co.jp/iot/smartphone_iot_gateway

エリアポータル株式会社

テレビホワイトスペースを使ったエリア放送を、地デジ40ch で銀座、秋葉原、中野で行っている会社です。そのコンテンツとして、地方の観光プロモーションをやっており、特にインバウンド観光客の増加を目指して、また東京に来た観光客を地方にどう送客するか企画しております。放送事業に加えて、観光分野への ICT を用いたコンサルティングを、自治体、交通事業者、ホテル関連に対してさせて頂き、その実行プランとして現在箱崎の東京シティ・エアターミナルで「毎日が旅行博」の事務局をしております。
弊社が開発した群流センサーで観光客の動線の可視化を行い、観光政策立案などに役立てることをご提案しております。具体的には、スマホの動きを Wi-Fi と Bluetooth 電波で計測して、それを群として扱うことで、個人を特定せずに群流として取り扱い、それをクラウドで処理します。現在、このサービスを NEC と共同で行っており、回線は SORACOM Air、データ可視化は SORACOM Lagoon で行っています。

企業サイト:http://areaportal.co.jp/

<SPS 認定済インテグレーションパートナー>

株式会社神戸デジタル・ラボ

神戸デジタル・ラボは、「IT で未来を創る」をスローガンに、お客様の課題解決、ビジネス創出のためAI、IoT、セキュリティなどの最新技術を武器に、様々な技術・ノウハウを駆使したご提案・開発を行っています。ビジネスにおける IoT システムの提案、PoC・プロトタイプ開発から実証実験など、実際の本導入前のシミュレーションからご相談を承っています。また、MODE, Inc.、FAプロダクツとともに製造業特化型高速IoTクラウドサービス「FA Cloud」提供します。多くの PLC(プログラマブルロジックコントローラ)や産業機器に対応した、製造現場視点のデータ収集システムを SORACOM の通信と共に製造現場が導入しやすい様にパッケージとして提供します。また、可視化(BI)ツールや分析ツールも、本社、工場長、製造現場など、それぞれの役割ごとに求められる表現にあわせて柔軟にカスタマイズ可能です。

企業サイト:https://www.kdl.co.jp/special/iot.html

関連サービス:FA Cloudhttps://www.kdl.co.jp/news/2018/07/fa_cloud.html

2. 「SORACOM パートナースペース(SPS)」について

「SORACOM パートナースペース(SPS)」は、ソラコムが提供するパートナーエコシステムです。登録パートナーカテゴリは、デバイス・ソリューション・インテグレーション・ネットワークの4つがあります。また、「SORACOM」で動作確認済みの、「SORACOM 認定デバイス」もサイトで公開、お問い合わせも受付しています。

SORACOM パートナースペースサイト:https://soracom.jp/partners/

SORACOM のパートナー、デバイスを探す:https://soracom.jp/support_partners/


■会社概要
会社名 株式会社ソラコム
代表取締役社長 玉川憲
本社 東京都世田谷区玉川四丁目5番6号尾嶋ビル3F
資本金 37億2755万4044円(資本準備金含む)
ウェブサイトhttps://soracom.jp/

■本件に関するお問い合わせ
株式会社ソラコム  広報担当/田渕
E-mail:pr@soracom.jp


プレスルーム

pagetop