プレスルーム
2018年07月26日
株式会社ソラコム

ソースネクスト様の小型通訳機の新モデル「POCKETALK™ W」に
「SORACOM Air for セルラー」のチップ型 SIM が採用されました。

株式会社ソラコムのグローバル向け「SORACOM Air for セルラー」のチップ型 SIM が、ソースネクスト株式会社が、2018年9月より販売する小型翻訳機の新モデル「POCKETALK W」に採用されました。

「POCKETALK W」は世界74言語以上に対応した、手のひらサイズの通訳デバイスです。1台で任意の2言語を双方向に音声翻訳が可能です。「POCKETALK」は先進のIoT機器であり、通信機能を用いて、入力された音声をクラウド上で高度に処理します。新モデル「POCKETALK W」では、世界105の国と地域で使えるグローバル通信 SIM は内蔵型になり、面倒な設定は不要ですぐに使えます。通信は 4G に対応し、翻訳速度が向上、さらに翻訳精度の向上も実現しています。

この度、2018年9月発売予定の「POCKETALK」新モデルにおいて、「SORACOM Air for セルラー」のグローバル向け「SORACOM Air for セルラー」のチップ型 SIM(eSIM)をご採用いただきました。

チップ型 SIM は5×6mmの非常に小さいサイズの IC チップに SIM の機能を搭載しており、機器の電子基板上に組み込んで利用されます。1枚の SIM カードで欧米アジアなどグローバルにご利用いただけます。グローバル向け Air SIM の料金体系である plan01s では、使わない期間は無料となるステート設定が可能で、例えば、一度出荷前検査のために工場等で通信を開始した後「利用開始待ち」ステートを設定いただくことで、実際にご利用いただくまで通信を行わず、基本料金なしで保持いただけます。この特徴は、量産するIoT 機器に SIM を組み込んで販売されるようなユースケースに最適です。また、日本においては2018年7月よりLTEにも対応したため、3G/LTE のネットワークがご利用いただけます。

今回ソースネクスト様には、グローバルにつながる接続性やウェブコンソールや API での回線管理、および料金体系を評価いただきました。

本製品は、日本で2018年9月7日より販売予定で、現在ウェブサイトで予約が可能です。「POCKETALK」の製品に関しては以下のサイトをご覧ください。

ソースネクスト社「POCKETALK W」について

ソースネクスト社のプレスリリース
74言語対応、夢の“通訳機”、次世代モデル登場「POCKETALKⓇ(ポケトーク) W」9月7日(金)新発売

ソースネクスト社「POCKETALK W」のイメージ

ウェブサイトhttp://pocketalk.jp/

グローバル向け「SORACOM Air for セルラー」のチップ型 SIM について

グローバル向け「SORACOM Air for セルラー」のチップ型 SIM
左がカード型 SIM、右がチップ型 SIM(eSIM)

グローバル向け「SORACOM Air for セルラー」plan01s のご利用可能な国(2018年7月現在)

ウェブサイトhttps://soracom.jp/services/air/cellular/


■会社概要
会社名 株式会社ソラコム
代表取締役社長 玉川憲
本社 東京都世田谷区玉川四丁目5番6号尾嶋ビル3F
資本金 37億2755万4044円(資本準備金含む)
ウェブサイトhttps://soracom.jp/

■ SORACOM の製品・サービスに関するお問い合わせ
https://soracom.jp/contact/

■ 広報に関するお問い合わせ
株式会社ソラコム  広報担当/田渕 
E-mail:pr@soracom.jp

プレスルーム

pagetop