プレスルーム
2018年05月07日
株式会社ソラコム

クラウド連携をサポートする「SORACOM Funnel」の Partner Hosted Adapter が、
日本テラデータの「Teradata IntelliCloud」に連携開始

株式会社ソラコム(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長 玉川憲、https://soracom.jp/ 以下、ソラコム)は、通信とクラウドを融合した IoT 通信プラットフォーム「SORACOM」において、クラウド連携をサポートするサービス「SORACOM Funnel」の機能、Partner Hosted Adapter において、2018年7月4日より新たに日本テラデータ株式会社のアナリティクスプラットフォーム 「Teradata IntelliCloud」に連携・提供開始します。

IoT 通信プラットフォーム「SORACOM」は、IoT/M2M に必要な通信を、使いやすく、リーズナブルに、セキュアに提供します。「SORACOM」は、セルラーと LPWA(LoRaWAN/Sigfox)の通信方式と、クラウド上に構築されたコアネットワークにより、通信の一括管理や、セキュアなデータ送信を可能にする各種サービスを提供します。お客様は「SORACOM」を利用することで、使いたい時に1日1回線から IoT 通信をご利用いただけ、Web コンソールや API から通信を操作・管理したり、セキュアなデータ送信や、迅速な IoT システムの構築・効率的な運用をすることができます。

「SORACOM Funnel」は、クラウドリソースアダプタサービスで、「アダプタ」と呼ばれる接続機能を提供します。これにより、お客様は、Web コンソールからシンプルな設定を行っていただくだけで、対応するクラウドサービスへのデータ送信を行え、各種分析・可視化機能などを迅速に利用することができます。加えて、「SORACOM」上で、各クラウドサービス連携に必要な ID などの認証情報を保管・付与するため、デバイス側への認証情報の設定が不要となり、セキュアにご利用いただけます。 AWS や、Microsoft 、Google が提供するクラウドサービスへ連携するほか、「SORACOM Funnel」の「Partner Hosted Adapter」機能により、SPS認定済パートナー(*)の様々な業界や、用途に最適化されたデータ分析基盤や、可視化のソリューションとの接続がより簡単になります。

(*)ソラコムのパートナープログラム「SORACOMパートナースペース(SPS)」において、一定の実績を持つパートナー

このたび、「SORACOM Funnel」のPartner Hosted Adapter が、新たに日本テラデータ株式会社のアナリティクスプラットフォーム 「Teradata IntelliCloud」との連携に対応開始します。また、本機能は、順次対応する IoT ソリューションを拡張していきます。

株式会社ソラコムは、世界中のヒトとモノをつなげ共鳴する社会を目指し、「SORACOM」プラットフォームを通じて、SPS パートナー企業とともに IoT のビジネス活用の障壁を下げ、お客様企業における多くの IoT 活用事例の創出に貢献していきます。

「SORACOM Funnel」の Partner Hosted Adapter が、日本テラデータ株式会社 「Teradata IntelliCloud」 に追加連携 詳細:

1.サービス開始日

2018年07月04日(水)

2.「SORACOM Funnel」 クラウドリソースアダプタサービスについて

「SORACOM Funnel」は、「アダプタ」と呼ばれる各種クラウドごとの接続機能を提供し、直接クラウドにデータを送信する機能です。少ないプログラミングで迅速にクラウドリソースに接続、クラウド上のアプリケーションを利用できるほか、各クラウドリソースへの接続のための認証情報を、「SORACOM」上の認証情報ストアに暗号化し保存、セキュアに直接データ転送を行う事が可能になります。

今まで、対応しているクラウドサービスは、AWS が提供する「Amazon Kinesis Streams」「Amazon Kinesis Firehose」「AWS IoT」、Microsoft が提供する「Microsoft Azure Event Hubs」Googleが提供する「Google Cloud Pub/Sub」です。

「Partner Hosted Adapter」は、SPS パートナーによってアダプタ部分の開発と提供を可能とするもので、お客様は SORACOM の Web コンソールからの、設定操作のみで、用途にあわせた SPS パートナーの IoT ソリューションへ、スムーズに連携できるようになります。

<「Partner Hosted Adapter」の仕組み>

3.2018年7月4日から連携するSPSパートナーのIoTソリューション

日本テラデータ株式会社 「Teradata IntelliCloud」https://www.teradata.jp/Products/Cloud/IntelliCloud/

<Teradata IntelliCloud について>

IntelliCloudは、テラデータが提供するフルマネージドのアナリティクスサービスです。最新アナリティクスプラットフォームをAs-a-Serviceで提供し、パッチ適用やバージョンアップなどの運用・管理サービスをサブスクリプション・ベースで提供します。
IntelliCloudを通じて、Teradata Analytics Platformにも連携できるようになります。Teradata Analytics Platformは 、3次元の地理空間データと時間データを組み合わせた4次元のデータで高度アナリティクを実現する新機能4次元分析機能を搭載し、業務オペレーション分析および顧客分析と統合することで、より高度なIoT分析の実装を支援することが出来ます。4次元分析は時系列データ(時間の経過に応じた活動を示し、時間の経過と共に変化する、一定の間隔で収集される一連のデータ点)、テンポラル・データ(関連のある期間に関して保存されるデータ)、地理空間データ(デバイスの位置に関係するデータ)の組み合わせにより、絶えず変化する時間や位置の変数を管理するエッジコンピューティングのビジネス・インパクト分析を高度化し、従来型のセンサー・データ分析に比べより一層深いインサイトをもたらします。結果、企業のIoTへの投資から得られる顧客価値をより高めることができます。

4.「SORACOM」のWebコンソールでの設定方法

SORACOM の Web コンソールの、「SORACOM Funnel」の設定画面から設定することができます。

5 .Web サイト

「SORACOM Funnel」詳細: https://soracom.jp/services/funnel/

※ アマゾン ウェブ サービス、AWS、Powered by Amazon Web Services ロゴは米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。
※ Microsoft、およびその他の Microsoft 商標は、米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※ Google, Google Cloud Platform ならびに GCP は、Google Inc. の登録商標または商標です。


■会社概要
会社名 株式会社ソラコム
代表取締役社長 玉川憲
本社 東京都世田谷区玉川四丁目5番6号尾嶋ビル3F
資本金 37億2755万4044円(資本準備金含む)
ウェブサイトhttps://soracom.jp/

■本件に関するお問い合わせ
株式会社ソラコム  広報担当/田渕 
E-mail:pr@soracom.jp

プレスルーム

pagetop