プレスルーム
2018年07月04日
KDDI株式会社
株式会社ソラコム

SORACOM with KDDI 第3弾! IoT向け回線サービス「SORACOM Air for セルラー」がセルラーLPWA(LTE-M)に対応

KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠、http://www.kddi.com/以下 KDDI)と、沖縄セルラー株式会社(本社:沖縄県那覇市、代表取締役社長:湯淺 英雄)、株式会社ソラコム(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:玉川 憲、https://soracom.jp/以下 ソラコム)は、2018年9月より、KDDIのモバイル通信ネットワークとソラコムのIoT通信プラットフォーム「SORACOM」を融合した、IoT向け回線サービス「SORACOM Air for セルラー」において、3GPP(注1) 標準規格のLTE-M(Cat.M1)に対応した「SORACOM Air for セルラー plan-KM1」の提供を開始します。

LTE-M(Cat.M1)は、4G LTEネットワークエリアで展開される省電力かつ広域なエリアカバレッジを特長とする3GPPリリース13に基づくLTE標準規格です。低消費電力技術eDRX(extended Discontinuous Reception)とPSM(Power Saving Mode)、広域なエリアカバレッジを可能とするカバレッジ拡張技術(Coverage Enhancement)が特長です。これにより、既存のLTEに比べて、消費電力が低く電池での駆動が可能になることで、ガス、水道などのスマートメーター、物流やウェアラブルなど、多種多様な分野でIoTを活用できるようになることが見込まれます。また、KDDIの4G LTEネットワークの利用により、安定した通信が期待でき、ゲートウェイ(親機)を設置することなく幅広いエリアにおいて運用が可能になります。

「SORACOM Air for セルラー plan-KM1」は、LTE-M のサービスエリアにおいて1回線からすぐに LTE-M の通信をご利用いただけるほか、IoT通信プラットフォーム「SORACOM」に接続することで、ソラコム社が提供する、回線管理、デバイス管理、クラウド連携、閉域網接続などのセキュリティ強化や遠隔操作など、IoTシステム構築・運用で必要となるさまざまな機能をご利用いただけます(注2)。

3社は、今後もKDDIのIoTビジネス基盤とソラコムの通信プラットフォームの連携により、国内はもとよりグローバルにも通じるIoTプラットフォームの構築を強力に推進していきます。さらに、これまで培ったIoT/M2Mにおける知見や顧客基盤を活用し、新たなIoTビジネスを創出していきます。

KDDIグループは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、”ワクワクを提案し続ける会社”として、法人のお客さまのビジネスに貢献し、新しい体験価値を創造していきます。

「SORACOM Air for セルラー plan-KM1」について

1 . 特長

2.提供料金

3.提供開始日

2018年9月(予定)

4. お問い合わせ

・KDDI法人営業担当者または法人お客さまセンターまでお問い合わせください。
<法人お客さまセンター>
0077-7007(無料)  0120-921-919(無料)
受付時間:9:00~18:00(土・日・祝日・年末年始を除く)

(注1)3GPPは、通信方式の仕様を標準化するプロジェクト「3rd Generation Partnership Project」の略で、策定された仕様は日本の移動通信システムに広く採用されています。
(注2)SORACOMサービスのご利用は、別途ご契約が必要となります。SORACOMサービス(https://soracom.jp/services/
(注3)一年毎に別途更新料の支払いが必要です。


■会社概要
会社名 株式会社ソラコム
代表取締役社長 玉川憲
本社 東京都世田谷区玉川四丁目5番6号尾嶋ビル3F
資本金 37億2755万4044円(資本準備金含む)
ウェブサイトhttps://soracom.jp/

■本件に関するお問い合わせ
株式会社ソラコム  広報担当/田渕
E-mail:pr@soracom.jp


プレスルーム

pagetop