プレスルーム
2017年11月21日
株式会社ソラコム

パートナープログラム「SORACOM パートナースペース」における認定済パートナーとして3社を追加認定し、パートナーシップを強化

株式会社ソラコム(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長 玉川憲、https://soracom.jp/ 以下、ソラコム)は、パートナープログラムである「SORACOM パートナースペース(以下、SPS)」における「SPS 認定済パートナー」として、株式会社ARISE analytics、Sandvine、東京エレクトロン デバイス株式会社の 3 社を認定し、パートナーシップを強化します。

「SPS」には、「SPS デバイスパートナー」「SPS ソリューションパートナー」「SPS インテグレーションパートナー」「SPS ネットワークパートナー」の4つのカテゴリがあります。その内「SPS 認定済パートナー」とは、それぞれのカテゴリで一定のパートナー認定の要件を満たし活用実績があることを、ソラコムが認定した企業です。

IoT システムをお考えのエンドユーザーは「SPS 認定済パートナー」を選択することで、実績のあるパートナーにIoT システムに関する、デバイス、ソリューション、インテグレーション、ネットワークに関する各種相談・依頼をすることができ、スムーズに IoT システムを導入・構築することができます。

このたび認定された「SPS 認定済パートナー」の詳細は下記の通りです。
なお、「SPS」において、既に認定済の企業や、「SORACOM」での動作検証済みのデバイスである「SORACOM 認定デバイス」の情報は Web サイトにて公開しています。

「SPS」は、今後も新たなパートナーの申請を受け付け、順次を追加認定、拡充していきます。ソラコムは、これらの取り組みを通じてパートナー企業とともにエコシステムを構築し、IoT 業界の活性化、さらに多くの IoT デバイスの活用事例の創出に貢献していきます。

1. このたび新たに SPS 認定済パートナーになった企業

<SPS 認定済ソリューションパートナー>

株式会社ARISE analytics

ARISE analyticsは、KDDI が保有する国内最大規模のデータ、最先端のデータ処理・分析基盤と、アクセンチュアが保有する高度なアルゴリズム開発知見、国内外で成果創出実績のあるソリューションを活かし、様々な企業のデジタルトランスフォーメーションを支援する企業です。

データを活用した意思決定の高度化(経営指標将来予測等)、AI を活用した業務の高度化(接客可視化、広告ターゲティング等)、最新テクノロジーを活用した顧客体験価値向上(AIチャット等)、IoT データを活用した新規事業提案など、ビジネスにおける最先端のデジタル技術とデータ活用の分野で、コンサルティングからデータ処理・分析基盤構築と活用まで一貫してご相談いただけます。

企業サイト:https://ariseanalytics.com/

Sandvine

Sandvine社は最先端技術を搭載した通信機器を提供する DPI(Deep Packet Inspection)ベンダーです。2017年9月に DPI ベンダーにおけるマーケットシェア上位を占めていた2社 Sandvine社及び Procera Networks 社の合併により新たに “新Sandvine社”として設立。更なる拡大を図っております。

アプリケーションの識別により NFV やクラウド上でネットワークの“可視化” “コントロール”“ ”制御“ ”分析“が行える DPI ソリューションを展開。暗号化が増える中でアプリケーション識別数も3,000を超え、トレンドを追従すべく毎週アップデート。

またソラコムユーザー様や日本独自のアプリケーションも識別可能となりユーザー様の環境に応じたアプリケーション・IP アドレス・グループ・時間などのルール付けにより細やかな制御が可能。例えば、脅威リスクの高いアプリケーションを制御することで情報漏洩などのリスクを低減し、時間や拠点によって必要なアプリケーションを優先することで業務の効率化をお手伝いします。また1億件を超える URL データベースをもとにアクセスを制御。ウイルス感染防止や情報漏洩対策にも有効となり、マルウェア等に感染したトラフィックの出口対策にも最適となります。

企業サイト:https://www.proceranetworks.com/japan

東京エレクトロン デバイス株式会社

東京エレクトロンデバイスは、半世紀にわたるエレクトロニクス商社としての活動を通じて、 グローバルなマーケティング力と高度な技術サポート力、徹底した検証による品質管理体制を磨き続けてまいりました。 また、1985年に設計開発センターを開設して以来、半導体の技術開発を積み重ね、 現在は自社ブランド「inrevium(インレビアム)」のもと、 自社開発商品や設計・量産受託サービスを提案するメーカーとしての機能を発揮するなど、 商社の枠組みを超える当社ならではのベスト・ソリューションの提供に注力しております。

デバイスメーカーとのネットワークと、マイクロソフトのクラウドサービス「Azure」のディストリビューターである強みを活かし、エッジデバイスからクラウドまでトータルに IoT のご提案が可能です。デバイス商社ならではの知見とマイクロソフト Azure の機能を組み合わせた「Azure IoT キット」は、お客様の IoT のご利用シーンに合ったラインナップを展開しており、低価格で簡単にIoTを実現することが可能です。またお客様の IoT 化をご支援する「TED Real IoT」を展開しており、その中に、IoT プロトタイプ開発をご支援する「Min Lab」、および多様な環境に合わせたデータフローアプリケーションをノンプログラミング開発できるクラウドサービス 「Connexon」なども 提供しております。

企業サイト:http://www.teldevice.co.jp/
サービスサイト:「IoTトータルソリューション」 https://esg.teldevice.co.jp/iot/
サービスサイト:「TED Real IoT」 http://www.teldevice.co.jp/ted_real_iot/

2. 「SORACOM パートナースペース(SPS)」について

「SORACOM パートナースペース(SPS)」は、ソラコムが提供するパートナーエコシステムです。登録パートナーカテゴリは、デバイス・ソリューション・インテグレーション・ネットワークの4つがあります。また、「SORACOM」で動作確認済みの、「SORACOM 認定デバイス」もサイトで公開、お問い合わせも受付しています。

SORACOM パートナースペースサイト:https://soracom.jp/partners/

SORACOM のパートナー、デバイスを探す:https://soracom.jp/support_partners/


■会社概要
会社名 株式会社ソラコム
代表取締役社長 玉川憲
本社 東京都世田谷区玉川四丁目5番6号尾嶋ビル3F
資本金 37億2755万4044円(資本準備金含む)
ウェブサイトhttps://soracom.jp/

■本件に関するお問い合わせ
株式会社ソラコム  広報担当/田渕
E-mail:pr@soracom.jp


プレスルーム

pagetop