プレスルーム
2017年10月11日
株式会社ソラコム

IoT 通信プラットフォーム「SORACOM」に加入者管理機能(HLR)を実装、eSIMの提供を開始
~より柔軟な回線管理・料金体系やIoT向け機能、SIM形状の選択肢を提供~

株式会社ソラコム(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長 玉川憲、https://soracom.jp/ 以下、ソラコム)は、IoT 通信プラットフォーム「SORACOM」に以下の機能を実装し、データ通信サービス「SORACOM Air for セルラー(グローバル向け Air SIM)」において提供開始します。なお「グローバル向け Air SIM」は日本でも本日よりご購入、ご利用いただけます。

これまで、ソラコムが提供する「グローバル向け Air SIM」で提供する SIM カードは一度通信のご利用を開始するとデータ通信をご利用頂かなくなった場合も一定の基本料金を頂戴しておりました。

今回、ソラコムが加入者管理機能(HLR)を SORACOM プラットフォームに独自に実装することで、お客様により高度で柔軟な回線管理機能を提供させて頂くことが可能となりました。

この機能により、回線の開通や停止をお客様がコントロールできるので、在庫期間中や利用中断中の基本料金を無料にでき、コスト削減が可能となります。例えば、通信を組み込んだ工業製品を出荷する製造業のお客様は、製品の在庫期間中に通信料を支払うことなく、また、製品の出荷後、通信が必要なときのみ課金を行うなどのユースケースを実現できます。

また、IoT/M2M 製品で、それぞれのご利用環境により適した SIM をご提供出来るようになりました。従来のカード型に加え、 Embedded SIM(チップ型 SIM)のご提供を開始することで、お客様は基板上に SIM を実装することが可能となり、対振動性や動作温度等、それぞれの機器のご利用環境に合わせた SIM をご選択頂くことができます。

料金・サービス・機能の詳細は各リリースをご参照ください。

関連リリース:
「SORACOM Air for セルラー」においてIoT向けの新料金体系を提供開始。通信しない期間は無料、APIを用いたより柔軟な回線管理が可能に

「SORACOM Air for セルラー」において機器への組み込みが可能な チップ型SIMの提供を開始

「SORACOM Air for セルラー」において、API経由のSMS送信を可能にする新機能を提供を開始

株式会社ソラコムは、お客様のニーズに応え、テクノロジーイノベーションと、継続的な運用効率化の取り組みにより、「SORACOM」プラットフォームをより多くの企業や個人に使いやすく展開することで、より多くの IoT 事例の創出に貢献していきます。

■プレスリリース内の SORACOM サービスおよび技術用語の解説

「SORACOM Air for セルラー(グローバル向け Air SIM)」とは

「SORACOM Air for セルラー」すでに日本および米国、欧州で提供を開始しています。グローバル向け Air SIM は、複数のキャリアと接続しており、お客様は、国ごとに異なる通信事業者と契約することなく、1枚の SIM で、日本、欧米、アジア諸国を含むグローバルな国と地域でご利用いただけます。お客様は、国ごとに異なる通信事業者と契約すること無く通信をご利用いただけ、「SORACOM」プラットフォームが提供する回線管理のユーザーコンソールや API、アプリケーション/ネットワークサービスを利用して、迅速に、セキュアな IoT システムを構築することが可能です。

HLRとは

「HLR」とは「Home Location Register」の略で、SIMカードに紐づけられている加入者情報識別子や電話番号等の加入者情報を管理する機能です。


■会社概要
会社名 株式会社ソラコム
代表取締役社長 玉川憲
本社 東京都世田谷区玉川四丁目5番6号尾嶋ビル3F
資本金 37億2755万4044円(資本準備金含む)
ウェブサイトhttps://soracom.jp/

■本件に関するお問い合わせ
株式会社ソラコム 広報担当/田渕 
E-mail:pr@soracom.jp

プレスルーム

pagetop