SORACOM, INC

MENU
User Console »
プレスルーム
2017年7月5日
株式会社ソラコム

ソラコムが、IoT通信プラットフォーム「SORACOM」と
ソニーのLPWAを用いたIoT広域通信ネットワークの実証実験を実施

株式会社ソラコム(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長 玉川憲、https://soracom.jp/ 以下、ソラコム)は、ソニー株式会社(本社:東京都港区、代表執行役 社長 兼 CEO 平井 一夫)ならびにソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社(本社:神奈川県厚木市、代表取締役社長 清水 照士)が独自開発した新たな低消費電力広域(Low Power Wide Area)ネットワーク技術(以下、ソニーのLPWA)と、ソラコムが提供するIoT 通信プラットフォーム「SORACOM」を連携させ、2017年7月よりIoT用途における実証実験を開始します。

IoT通信プラットフォーム「SORACOM」は、2015年9月からセルラー通信、2017年2月からLPWAにも対応開始しました。お客様は「SORACOM」のプラットフォームを利用することで、これらの通信を利用したIoTデバイスをWebコンソール/APIにて管理、一括操作したり、「SORACOM」プラットフォームが提供するデータ転送支援サービス「SORACOM Beam」、クラウドリソースアダプタ「SORACOM Funnel」 、データ収集・蓄積サービス「SORACOM Harvest」を用いて、セキュアなデータ転送、迅速なクラウド連携、デバイスからのデータ収集と可視化を含むシステムを迅速に構築することができます。

ソニーのLPWAは、光ディスクに使われている誤り訂正などのデジタル信号処理技術のほか、テレビチューナーなどに搭載の高周波アナログ回路技術および低消費電力のLSI回路技術など、ソニーが長年コンシューマーエレクトロニクスの分野で培ってきたノウハウを応用しています。これまで実施した本技術を使った通信実験においては、山の上や海上など障害物が無い場合には100km以上の遠距離通信に成功したほか、時速100km/hの高速移動中でも安定的に通信できることが確認されています。

本実証実験では、ソニーのLPWAの特徴である広域通信、高速移動通信に関して、2017年7月より技術的検証を開始します。

ソラコムは、「世界中のヒトとモノをつなげ共鳴する社会へ」をビジョンに掲げ、IoT/M2M における通信の利用の障壁を下げ、どなたでも、簡易に、便利にご利用いただけるよう取り組んでいます。引き続き、「SORACOM」プラットフォームを通じて、多くの IoT 活用事例の創出に貢献していきます。

SONY’S LPWAの詳細http://www.sony-semicon.co.jp/products_ja/lpwa/


■会社概要
会社名 株式会社ソラコム
代表取締役社長 玉川憲
本社 東京都世田谷区玉川四丁目5番6号尾嶋ビル3F
資本金 37億2755万4044円(資本準備金含む)
ウェブサイトhttps://soracom.jp/

■本件に関するお問い合わせ
株式会社ソラコム 広報担当/田渕 
E-mail:pr@soracom.jp

プレスルーム

pagetop