SORACOM, INC

MENU
User Console »
プレスルーム
2017年02月07日
株式会社ソラコム

IoT 通信プラットフォーム「SORACOM」のLoRaWAN™ 利用においてLoRa ゲートウェイを「共有」する新サービスモデルを開始
LPWA のシェアリングエコノミーを目指す

株式会社ソラコム(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長 玉川憲、https://soracom.jp/ 以下、ソラコム)は、IoT 通信プラットフォーム「SORACOM」が提供する「SORACOM Air for LoRaWAN」において、ソラコムが所有するLoRaゲートウェイをお客様にサービスとして提供する「共有サービスモデル」を開始し、これらの設置場所(共有ゲートウェイスポット)の情報を Web サイトで公開します。

「LoRaWAN」は、データ転送速度が低速ながら、省電力で広域をカバーできるという特性があり、IoT/M2M 通信での利用において大きな注目を集めている技術です。IoT 通信プラットフォーム「SORACOM」のユーザーコンソールとサービスを含むプラットフォームは、2017年2月7日より、LoRaWAN 対応しました。*1

これにより、LoRaWAN を利用したいお客様は、自身で LoRa ゲートウェイを購入・設置し、プライベートネットワークを構築することができるようになりました。これをソラコムではLoRaゲートウェイの「所有モデル」と定義しています。

この「所有モデル」は、お客様自身が、プライベートネットワークを容易に構築・自営し、必要に応じてゲートウェイを自由に移動できるメリットがあります。一方で、利用するお客様自らがゲートウェイを購入して設置・運用することは、少数の LoRa デバイスで試作や検証をスタートしたい企業、個人開発者といったお客様にとって導入のハードルが高いものでした。

そこで、ソラコムはより多くのお客様にとって、 LoRaWAN の導入を容易にする環境を整えるため「共有サービスモデル」を開始します。共有サービスモデルとは、ソラコムが所有し、誰もが利用することのできる共有ゲートウェイを、お客様にサービスとして提供することで、契約されたお客様自身が共有ゲートウェイを安価に利用できます。

この共有ゲートウェイは、他のお客様にも利用頂けるように設定されています。これにより、その共有ゲートウェイの設置スポット周辺において、他のお客様も、LoRa ゲートウェイを所有することなく、LoRaデバイスをご利用いただけるモデルです。共有ゲートウェイの設置スポット情報は、ソラコムサイト内の「SORACOM LoRa Space」で公開されます。「SORACOM LoRa Space」は、今後機能拡張していく予定です。

本取組みの開始に伴い、ソラコムは、企業や団体の協力を得て、まず全国の数ヵ所に「共有ゲートウェイ」を設置します。今後「共有」された LoRa ゲートウェイが増えることで、LoRaWAN をご利用いただけるエリアは拡充していく見込みです。

将来的に、共有サービスモデルを利用するお客様が増えるにつれて、全国に共有ゲートウェイが設置され、その設置スポットが公開されていくことで、LPWA のシェアリングエコノミーを実現します。

ソラコムは、「世界中のヒトとモノをつなげ共鳴する社会へ」をビジョンに掲げ、多くのIoT活用事例と社会イノベーションが創出されるよう、引き続き、IoT 通信をアイディアや技術をお持ちの開発者やコミュニティ、企業や団体が簡単にご利用いただけるよう取り組んでいきます。

*1 「SORACOM」の LoRaWAN 対応に関する詳細は2017年2月7日発表別プレスリリースを参照
「IoT 通信プラットフォーム「SORACOM」が省電力広域通信技術 LoRaWAN に対応し、2月7日より対応機器を販売」

SORACOM LoRaWAN「共有サービスモデル」 詳細:

1.提供開始日

2017年2月7日より開始 br− LoRa ゲートウェイ(共有サービスモデル)、LoRaデバイスの発注は2月7日から可能。3月より順次発送(予定)
− 「SORACOM LoRa Space」の公開は2月下旬予定

2.「所有モデル」と「共有サービスモデル」

「所有モデル」

LoRaゲートウェイの所有者が運用を行い、お客様自社用途で利用。
なお、「所有モデル」においても、LoRaゲートウェイの所有者は、初期設定では「プライベート」モード設定であるゲートウェイを、「パブリック」モードにするかを選択し、設定することは可能。

「共有サービスモデル」

ソラコムが所有するゲートウェイを、お客様に月額サービスとして提供。お客様自社用途での利用のほか、公開された共有ゲートウェイとして、同ゲートウェイ周辺の「SORACOM Air for LoRaWAN」を利用するLoRaデバイスが接続可能。

<所有モデルと共有サービスモデル>

所有モデルと共有サービスモデル

3.「SORACOM Air for LoRaWAN」(共有サービスモデル)の料金体系

初期費用 

月額利用料金

月額利用料金に含まれる項目

*1: ゲートウェイ利用料金と同額のSORACOM サービス利用料が含まれていますデバイス/ゲートウェイ数と通信頻度に依存

<「所有モデル」と「共有サービスモデル」の比較>

「所有モデル」と「共有サービスモデル」の比較

<ユースケース毎の月額通信費(共有サービスモデル)>

ユースケース毎の月額通信費(共有サービスモデル)

4.「所有モデル」の利用方法

5.「共有サービスモデル」の利用方法

6.「LoRaデバイス」の利用する方法(ゲートウェイを契約せずに)

7.Webサイトおよび、共有ゲートウェイスポットの情報の設置場所

以下のWebサイトで地図上での配置情報がご覧いただけます。
共有ゲートウェイスポットは随時更新されます。
- SORACOM Air for LoRaWAN:
https://soracom.jp/services/air/lora/

<2017年2月7日時点での設置場所(予定)>

2017年2月7日時点での設置場所(予定)

「SORACOM Air for LoRaWAN」共有サービスモデル開始へのエンドースメントのご紹介

■アイレット株式会社

アイレット株式会社は、「SORACOM Air for LoRaWAN」の共有サービスモデル開始発表を心より歓迎いたします。弊社のcloudpack事業部では、AWSのクラウドインテグレーションを強みとしており、IoTに特化した「IoTpack」を提供しています。増えるお客様の要望に応えるべく、2015年よりSORACOMのSPS認定済インテグレーションパートナーとして、SORACOMを活用したシステム構築を支援してきました。
この度の発表された、LoRaWANの料金体系と新しいサービスモデルは、様々な規模のお客様の要望にマッチしており、IoT通信の選択肢を拡げてくれると感じています。「IoTpack」と「SORACOM Air for LoRaWAN」の組み合わせで、お客様のIoT活用によるビジネス成長を支援してまいります。

アイレット株式会社 代表取締役CEO 齋藤 将平様

■クラスメソッド株式会社

クラスメソッド社は、この度の「SORACOM Air for LoRaWAN」の共有サービスモデル開始発表を心よりお喜び申し上げます。当社は、IoTセンサーデータ基盤の「カスタマーストーリーセンサーズ」を展開しており、SORACOMのSPS認定済インテグレーションパートナーとして、いちはやく様々な顧客のIoT活用を支援してまいりました。
この度のソラコムの発表は、より一層、様々な業務、工程へのセンサー活用を促進してくれると感じています。また、共有サービスモデルはIoT活用をお考えの企業だけではなく、個人の開発者にとってもアイディアを形にしやすくしてくれるモデルであると感じ期待しています。
クラスメソッドは、引き続き、セルラー、LoRaWAN含むIoTの新しい事例創出に貢献していきます。

クラスメソッド株式会社 代表取締役 横田 聡様


■会社概要
会社名 株式会社ソラコム
代表取締役社長 玉川憲
本社 東京都世田谷区玉川四丁目5番6号尾嶋ビル3F
資本金 37億2755万4044円(資本準備金含む)
ウェブサイトhttps://soracom.jp/

■本件に関するお問い合わせ
株式会社ソラコム  広報担当/田渕 
E-mail:pr@soracom.jp

プレスルーム

pagetop