SORACOM, INC

MENU
User Console »
プレスルーム
2016年11月30日
株式会社ソラコム

IoT 通信プラットフォーム「SORACOM」において、
データ収集・蓄積を支援する新サービス「SORACOM Harvest」11月30日より提供開始

株式会社ソラコム(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長 玉川憲、https://soracom.jp/ 以下、ソラコム)は、IoT 通信プラットフォーム「SORACOM」に、IoT デバイスのデータの収集・蓄積を支援する新サービス「SORACOM Harvest」を 11月30日より提供開始します。

「SORACOM Harvest」(以下、Harvest) は、IoT デバイスからのデータ収集および蓄積を支援するサービスです。お客様は、データ通信 SIM「SORACOM Air」を挿した IoT デバイスからセンサーデータや位置情報等を、モバイル通信を介して容易に手間なくクラウド上の「SORACOM」プラットフォームに蓄積することができます。保存されたデータには受信時刻や SIM の ID が自動的に付与され、「SORACOM」のユーザーコンソール内で、グラフ化して閲覧したり、API を通じて取得することができます。なお、アップロードされたデータは、40日の間、「SORACOM」プラットフォームに保存されます。

これにより、お客様は IoT デバイスと 「SORACOM Air」 があれば、別途サーバーやストレージを準備することなく、データの送信、保存、可視化までの一連の流れを手軽に実現することができます。例えばお客様は、新しい IoT デバイスを購入した際に、「SORACOM Air」の SIM を挿入して、「SORACOM」のユーザーコンソールから「Harvest」を利用設定し、IoT デバイスから指定のエンドポイントにデータを送信するだけで、素早くデータ保存し、実際にどのようなデータが送られているかを可視化することができます。なお、データ送信プロトコルは、HTTP、TCP、UDP に対応しています。

より本格的なデータ収集・分析を行いたい場合には、「Harvest」からデータをAPI取得し、転送、もしくは、これまで通り「Beam/Funnel/Canal」などのサービスを通じて、任意のタイミングで他のクラウドやストレージにデータを移行し、お客様ご自身でデータ分析基盤を構築することも可能です。

IoT 通信プラットフォーム「SORACOM」は、今後もお客様が すぐに、簡易にIoT 活用を始められるよう、継続的にサービスを開発し、その機能を拡充していきます。株式会社ソラコムは、世界中のヒトとモノをつなげ共鳴する社会を目指し、「SORACOM」プラットフォームを通じて、IoT 業界の発展に貢献していきます。

「SORACOM Harvest」の詳細

1.SORACOM Harvest

データ収集・蓄積サービス 「SORACOM Harvest」

2.特徴

3.利用方法

SORACOM ユーザーコンソールから設定

SORACOM Harvest set

SORACOMユーザーコンソール内でグラフ表示

SORACOM Harvest Graph

4.利用料金

利用料金 5円 / 日・SIM1枚あたり

- 1日 2,000回の書込み料金を含む (参考: 1分に1回の送信で 1,440回)

- 2,000回を超えると、1リクエスト 0.004円

無料利用枠あり

- 1アカウントにつき、上記 5円/日の1枚分無料

- アカウント開設月から12ヶ月間

5.Webサイト.

サービス詳細・料金体系:https://soracom.jp/services/harvest/

■ぷらっとホーム株式会社
ぷらっとホーム株式会社には、IoT システムに欠かせないゲートウェイ "OpenBlocks IoT Family" において「SORACOM Harvest」を検証いただきました。

「ぷらっとホーム株式会社は、このたびの「SORACOM Harvest」の発表を心より歓迎いたします。
弊社の手のひらサイズ IoT ゲートウェイ「OpenBlocks IoT Family」は、すでに多くのセンサーデバイスに対応しており、素早く IoT システムの構築を行い、そのメリットを享受したいと考えている先進的なお客様に、多くご利用されております。
「SORACOM Harvest」により、アプリケーションの準備が整わずともセンシングデータの可視化が実現されることで、インフラ構築とアプリケーション開発の分業を促進し、より迅速な IoT システムの展開が可能になることを確信しております。
ひきつづき、株式会社ソラコムの、クラウドとモバイルのテクノロジーイノベーションへの挑戦に期待しております。」

ぷらっとホーム株式会社 代表取締役社長 鈴木 友康様

■メカトラックス株式会社
メカトラックス株式会社には、IoT 用途のプロトタイプをスピーディに構築可能なRaspberry Pi(ラズパイ)用通信モジュール「3GPi」で、「SORACOM Harvest」を検証いただきました。

「今回の株式会社ソラコムの新サービス「SORACOM Harvest」のリリースを心より歓迎します。 弊社の SORACOM 認定デバイスでもある、Raspberry Pi(ラズパイ)用通信モジュール「3GPi」は、ラズパイにセットアップしてすぐにSORACOMサービスが安定して使えることが支持されています。 今回の「SORACOM Harvest」によりこの利便性が更に強化され、これまで主に「センサーデバイス⇔通信回線⇔クラウド」といった3層構成だった IoT システムを、あたかも「センサーデバイス⇔SORACOM Harvest」の2層となるような使い勝手の良さがあります。
弊社は、SPS 認定済デバイスパートナーとして、同社の先進的なサービスをスムーズに活用できる通信デバイスならびにハードウエアを提供することで、これからも IoT を始めとする情報通信市場の活性化と情報化社会の進展に貢献してまいります。」

メカトラックス株式会社 代表取締役 永里 壮一様

■NHNテコラス株式会社
NHNテコラスには、システム・インテグレーションの場面での「SORACOM Harvest」の活用について検証いただきました。

「NHNテコラスは、この度のソラコム様の新サービス発表を心より歓迎します。
IoT の拡大は各産業・業務領域における効率・自動化以外に、これまで存在しなかった大量のデータを創出するものであり、このデータの活用が、新たなビジネス創出の大きなポテンシャルであると考えています。
「SORACOM Harvest」により、データ可視化プロセスが従来より格段に簡略化できることで、リアルタイム性を持ったデータ可視化による IoT の活用シーンが更に広がります。さらなる蓄積や解析を要する場合は、API経由でデータを整形しクラウドストレージや、BI など使い慣れたUIツールへの連携も簡易に構築でき、本サービスが創出・蓄積され続けていく IoT ビッグデータ活用の加速、その先にある新しいビジネス創出の加速に繋がっていくことを確信しています。
マルチクラウド上におけるデータ連携・分析ソリューションを提供している当社も SORACOM プラットフォーム上での更なる付加価値サービスの提供に取り組んで参ります。」

NHNテコラス株式会社 執行役員 データホテル事業部 サービス戦略企画室長 白倉章照様


■会社概要
会社名 株式会社ソラコム
代表取締役社長 玉川憲
本社 東京都世田谷区玉川四丁目5番6号尾嶋ビル3F
資本金 37億2755万4044円(資本準備金含む)
ウェブサイトhttps://soracom.jp/

■本件に関するお問い合わせ
株式会社ソラコム  広報担当/田渕 
E-mail:pr@soracom.jp

プレスルーム

pagetop