SORACOM, INC

MENU
User Console »
プレスルーム
2016年11月30日
株式会社ソラコム

IoT 通信プラットフォーム「SORACOM」米国でのサービス提供開始
11月30日より米国で「SORACOM Air」の購入が可能に

株式会社ソラコム(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長 玉川憲、https://soracom.jp/ 以下、ソラコム)は、IoT/M2M デバイス向けに最適化された IoT 通信プラットフォーム「SORACOM」を、米国のお客様およびパートナー様へ11月30日より提供開始します。

米国に拠点のあるお客様は、米国内で「SORACOM Air」データ通信 SIM を1枚単位で購入できるようになり、デバイスに SIM を挿すことで、IoT 通信プラットフォーム「SORACOM」のすべてのサービスを利用して IoT システムを構築することが可能になります。

同時に米国でのビジネス提供体制を整え、すでに日本で展開しているパートナープログラム「SORACOM」パートナースペース(以下、SPS)を米国においても開始します。これにより、米国で IoT システムの展開をお考えのお客様に、「SORACOM」を利用した迅速な IoT システム構築・運用をエコシステムで支援します。

また、新たにグローバル対応「SORACOM Air」の新料金体系を発表します。「SORACOM Air」の料金は、初期費用、基本料金、データ通信料金の3つで構成されますが、初期費用は SIM カード1枚あたり5 USD、基本料金は通信開始までは0 USD、通信開始後は0.06 USD /日です。データ通信料金は使った分だけの従量課金となり、0.08 USD / MB〜となります。また、SIM を登録してからデータを送信するまで、基本料金を無料でご利用いただくことができます(1年間まで)。IoT 端末に SIM を埋め込んで販売した際には、基本料金を発生させることなく、任意のタイミングでご利用開始頂けます。

回線管理のユーザーコンソールやAPI、その他「SORACOM」プラットフォームのサービスは全てご利用可能となるほか、複数のキャリアと接続しており、1枚の SIM で120を超える国と地域で、グローバルにご利用いただけます。(※接続エリアによりデータ通信料が変わります。接続可能なキャリアは随時変動の可能性があります。)

今回発売開始する SIM は、米国内での利用に合わせた仕様となっており、現時点では米国においてのみ販売しますが、順次流通ルートを整備し、各国での販売に拡大していきます。

なお、ソラコムは、米国でのサービス提供開始にあわせ、11月29日から開催される、アマゾン ウェブ サービス主催、AWS re:Invent 2016 展示ブースにてサービスをご紹介します。(ブース番号415)

株式会社ソラコムは、世界中のヒトとモノをつなげ共鳴する社会を目指し、「SORACOM」プラットフォームを通じて、グローバルに展開する IoT ビジネスの発展に貢献していきます。

グローバル対応「SORACOM Air」詳細:

1. サービス開始日

日本時間 2016年11月30日(水)より提供開始 ※米国 太平洋時間では、11月29日(火)より提供開始

2. グローバル対応「SORACOM Air」 の米国用 SIM (商品コード: SU001)

グローバル対応 SORACOM Air

※3 in 1の SIM カードを提供し、1枚で標準 / micro / nano サイズに対応しています

3.特徴

4.料金体系(税別)

初期費用  :5 USD / 枚 (※ 送料別)

基本料金  :データ通信開始前 0 USD / 日 (1年間まで無料)
- データ通信開始後 0.06 USD / 日 (一ヶ月使い続けると1.8 USD)

データ通信料金 :0.08 USD / MB 〜 
- ボリュームディスカウントプラン有

5.購入方法

米国 Amazon.comで販売 https://www.amazon.com/dp/B01M30ZYR5/

6.Webサイト

サービス詳細・料金体系:https://soracom.io

「SORACOM の米国でのサービス提供開始」にあたり、エンドースメントのご紹介

■Cradlepoint Japan 株式会社
クレイドルポイントは、「SORACOMの米国でのサービス開始」を心より歓迎いたします。
当社は 3G/4G エッジルーターと SD-WAN を提供するネットワークソリューションプロバイダーです。米国では LTE エッジルーター No.1の出荷実績を誇り、現在ヨーロッパや日本・アジアへの販売を加速させています。弊社のエッジルーター製品はベンディングマシンやデジタルサイネージ、PoS、監視カメラ、車載システムなど様々な IoT の利用用途に応じた製品群を用意しています。
今、お客様は IoT の利用用途でもグローバルへの展開やクラウドを利用してスピーディーにかつ運用やセキュリティを一元管理できるソリューションを求めています。SORACOM Air と当社のルーター及び クラウドベースの管理コンソールを利用することで、海外の導入においても、ゼロタッチでリモートからの導入/設定/運用を迅速に実現し、更にソフトウェア定義化セキュリティオプションを利用いただくことで、エンドツーエンドの IoT セキュリティ対策が可能です。
今後は両社のクラウドネイティブなプラットフォームにより、デバイスから AWS の IoT プラットフォームに至るまで、更にシームレスにご利用いただけるよう協力して参ります。

Cradlepoint Japan 株式会社 カントリーマネージャー 中島 隆行様

■オプテックス株式会社
オプテックス株式会社は、この度の「SORACOM の米国でのサービス開始」を歓迎いたします。
オプテックスのセンサは、防犯、自動ドア、FA、環境計測などで使われ、海外、特に米国で多く利用されています。センサ設置が簡略化できるモバイル通信は代表的な通信手段の一つです。しかし米国での利用に際し、現地の通信キャリアとの契約や現地の SIM での動作検証は課題でした。
「SORACOM の Global 対応」は、1枚の SIM で広域にリーズナブルに通信接続が可能、契約も一本化することができます。
今後は、SIM を組み込んで世界へ出荷することも視野にいれています。オプテックスは、ソラコムとのパートナーシップを強化し、業界活性化に貢献していきます。

オプテックス株式会社取締役兼)執行役員 事業戦略統括本部長 上村 透様

■ぷらっとホーム株式会社
ぷらっとホーム株式会社は、「SORACOM の米国でのサービス開始」を心よりお祝い申し上げます。
弊社の手のひらサイズ IoT ゲートウェイ「OpenBlocks IoT Family」は、海外展開する製造業など、多くの会社で利用されております。また、今回検証に使用した「OpenBlocks IoT BX1G」は、グローバルに多数の国での IoT 通信を可能とする製品として設計されており、米国をはじめヨーロッパなど各地域での企業様のご利用に最適です。
「SORACOM の Global 対応」が、海外拠点とつなぐシステムを提供する会社にとって、日本で構築したシステムを簡易に海外対応させ、お客様の IoT 活用を一気に進める強力な解決策になるものと確信しています。

ぷらっとホーム株式会社 代表取締役社長 鈴木 友康様

株式会社kakaxi
KAKAXI は、北米で展開している、生産者(農家)と消費者の双方向コミュニケーションを可能にする直配型農業ソーシャルネットワークです。
自社開発する小型モニタリングデバイスは、内蔵したカメラで定期的に農場を撮影し、同時に温度、湿度、日照時間も測定し記録します。この通信に「SORACOM」を利用しています。
「SORACOM」は、ユーザーコンソール画面での管理機能が特に便利です。例えば紛失や盗難時には、ブラウザ上の操作だけで、特定の SIM の通信を止めることができます。また、データ通信費用は使った分だけ従量課金であることなど、料金体系も柔軟であることも魅力です。
将来的には、KAKAXI の、日本や欧州へのエリア拡大や、取得した農園データの分析・販売等を展開していきます。

株式会社kakaxi CEO 大塚 泰造様

※ アマゾン ウェブ サービス、AWS、Powered by Amazon Web Services ロゴは米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。


■会社概要
会社名 株式会社ソラコム
代表取締役社長 玉川憲
本社 東京都世田谷区玉川四丁目5番6号尾嶋ビル3F
資本金 37億2755万4044円(資本準備金含む)
ウェブサイトhttps://soracom.jp/

■本件に関するお問い合わせ
株式会社ソラコム  広報担当/田渕 
E-mail:pr@soracom.jp

プレスルーム

pagetop