プレスルーム
2016年7月13日
株式会社ソラコム

パートナープログラム「SORACOM パートナースペース」における
認定済パートナーとして13社を追加認定し、パートナーシップを強化

株式会社ソラコム(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長 玉川憲、https://soracom.jp/ 以下、ソラコム)は、パートナープログラムである「SORACOM パートナースペース(以下、SPS)」における「SPS認定済パートナー」として、デバイス、ソリューション、インテグレーション、ネットワークのそれぞれのカテゴリで、合計13社の追加認定を実施し、パートナーシップを強化します。

「SPS」には、「SPS デバイスパートナー」、「SPS ソリューションパートナー」、「SPS インテグレーションパートナー」、「SPS ネットワークパートナー」の4つのカテゴリがあります。その内、「SPS 認定済パートナー」とは、それぞれのカテゴリで、一定のパートナー認定の要件を満たし活用実績があることを、ソラコムが認定した企業です。

IoT システムをお考えのエンドユーザーは、「SPS認定済パートナー」を選択することで、実績のあるパートナーに、IoT システムに関する、デバイス、ソリューション、インテグレーション、ネットワークに関する各種相談・依頼をすることができ、スムーズに IoT システムを導入・構築することができます。

このたび認定された「SPS 認定済パートナー」は下記の通りです。

なお、「SPS」において、既に認定済の企業や、「SORACOM」での動作検証済みのデバイスである「SORACOM 認定デバイス」の情報は Web サイトにて公開しています。

「SPS」は、今後も新たなパートナーの申請を受け付け、順次を追加認定、拡充していきます。ソラコムは、これらの取り組みを通じて、パートナー企業とともにエコシステムを構築し、IoT 業界の活性化、さらに多くの IoT デバイスの活用事例の創出に貢献していきます。

この度新たに「SPS 認定済パートナー」となった企業名

1.SPS 認定済デバイスパートナー

2.SPS 認定済ソリューションパートナー

3.SPS 認定済ネットワークパートナー

4.SPS 認定済インテグレーションパートナー

新たに SPS 認定済パートナーとなった企業詳細

株式会社ゼネテック

ゼネテックは、昨今 IoT 市場へと成長する組込みシステムの開発をメインに、30年余にわたってさまざまな設計・開発を行ってまいりました。また、近年はクラウドシステムへの投資もいち早く進めて事業化しております。
これらの技術資産・ノウハウと、数千台の LTE/3G デバイスの納入実績を背景に、通信デバイスからネットワーク、クラウド、アプリケーションまでを網羅した IoT/M2M プラットフォーム「Surve-i」を2015年夏より本格展開しております。

企業サイト:http://m2m.genetec.co.jp/

株式会社日立産機システム

「環境・省エネに貢献する日立産機システム」を事業コンセプトに長年にわたり蓄積してきた技術力とノウハウを豊かな社会づくりに活かしてきました。
私たちの使命は、社会の変化をいち早く捉え、世界中の国と地域で、創造力と柔軟な発想によってお客さまを全力でサポートすること。お客さまのニーズに適した高付加価値の製品やサービスを提供するため、これからも次へと挑み続けます。

企業サイト:http://www.hitachi-ies.co.jp/

株式会社ピクセラ

株式会社ピクセラ(以下、当社)は、創業以来キーテクノロジーの自社技術、自社開発に取り組んでまいりました。これまで培ってきた、画像・音声のコーデック技術、画像処理技術、デジタルテレビ放送処理技術を生かし、ハードウェア、ファームウェア、ドライバ、ミドルウェア、アプリケーションを Windows、Mac、Android、組み込み OS など様々なマルチプラットフォームで、ワンストップ・ソリューション設計開発ができることが特長です。
また、デジタル機器を通じて社会に貢献することをテーマとして、マルチメディアを身近にする新しい技術や製品を提供しております。パソコン関連事業、ホーム AV 事業、AV ソフトウェア事業、海外事業、IoT 関連事業、自動多言語翻訳システム事業、AR/VR 事業の7つの事業を展開しています。

企業サイト:http://www.pixela.co.jp/

富士通コネクテッドテクノロジーズ株式会社

富士通コネクテッドテクノロジーズ株式会社は、富士通株式会社のモバイルフォン事業を母体とし、2016年2月に創業いたしました。携帯端末の研究、開発、設計、製造、販売、企画および保守・修理サポートを中心に、モバイルフォン開発で培ってきた個々の技術を、様々なサービスとひとつになった新しいビジネスへとその応用先を拡げております。お客様が認める品質と独自技術による付加価値を追究し、魅力ある商品を、様々な分野のお客様に広く提供してまいります。

企業サイト:http://www.fujitsu.com/jp/group/fcnt/

プラスワン・マーケティング株式会社 

プラスワン・マーケティング株式会社は、「FREETEL(フリーテル)」ブランドで、SIMフリースマートフォンの開発・生産・販売、SIMおよび通信サービスの提供・販売、スマートフォン用アプリケーションの開発・販売を自社で手掛け、新しい価値の通信サービスを総合的に提供する日本で唯一の仮想移動体通信事業者(MVNO)。2012年創業。

企業サイト:https://www.freetel.jp/

株式会社インフォコーパス

インフォコーパスは「機械と情報の融合を目指す」を理念とし、企業のさまざまな問題を IoT を通して解決していきます。センサーデータの収集、見える化、分析に加え、機器制御、ロボット制御を行えるさまざまな機能を有するエンタープライズ IoT プラットフォーム「SensorCorpus」を提供しています。SensorCorpus はクラウドだけではなく、エッジ側とのリレーションを通じて、最適な IoT システムを構築することが可能です。これにより工場などの省エネ、自動化、効率化を図ることができます。IoT を自前で構築することが難しい企業(中小企業等)向けにリーズナブルなサービスを提供します。

企業サイト:http://www.infocorpus.com/

株式会社アロバ

ネットワークカメラを利用する監視カメラ録画システム「アロバビュー」を開発・販売しています。「アロバビュー」は、書店や全国チェーンのコンビニをはじめ、国の重要施設や鉄道、食品工場など小規模施設から大規模施設まで多数導入されており、その実績に裏付けられた信頼性や利便性の高さは、2008年より8年連続国内シェア No.1を獲得(*1)するなど、市場でも高い評価をいただいています。 br*1:テクノ・システム・リサーチ社「2015年版ネットワークカメラ国内市場のマーケティング分析」調べ。

企業サイト:http://aroba.jp/

株式会社コムデザイン

コムデザインは国内自社開発したクラウド型 CTI (Computer Telephony Integration)システム「CT-e1/SaaS」をご提供し、1)カスタマイズの柔軟性 2)低価格 3)迅速なサポートにより、現在多数の大手企業のコールセンターでご採用頂いています。
IoT/M2M のデバイスからの信号(アラート情報)をクラウドでCTIと連携する事により、コールセンターのオペレーターがその情報を察知し、お客様や関係者とその対策を連絡し合う事が可能となります。IP 電話と公衆網の通話のつなぎ合わせも可能。日本全国と海外のコールセンターとの連携も実現できます。

企業サイト:https://www.comdesign.co.jp/

株式会社セカンドファクトリー

当社は、1998年の創業から一貫して UI/UX に着目したシステム構築を行って参りました。数多くの UI 開発・UX コンサルティングで培われた技術・経験を活かした独自の構築プロセスに基づき、革新的なインターフェイスを持つアプリケーションを提供しています。Microsoft の Global Partner として多くの Microsoft ソリューションの構築・カスタマイズも手掛けています。
直近では UX の一つの形として「食×IT」をテーマとした Dining Entertainment をコンセプトに飲食店向けオーダリングシステム「QOOpa」と生産者と飲食店・消費者をつなぐクラウドプラットフォーム「QOOpa Premium Market」を展開。また、さらなる UI/UX の向上を目指し、自社で飲食店3店舗、生産者向けの6次化支援施設、夏は海の家を実業兼実証実験施設として運営しています。

企業サイト:http://www.2ndfactory.com/

株式会社フレクト

フレクトは、 Salesforce を中心としたソフトウェア開発・コンサルティング事業等を行っています。創業時から続くB2CのWebアプリケーション構築事業で培った技術によるソフトウェア開発力、およびデザイン制作力を武器に、セールスフォース・ドットコム社のコンサルティングパートナーとして、また国内に数社しかいない Heroku の開発パートナーとして、 HerokuとForce.com を連携させたソフトウェア開発に多くの実績を持っています。
また、2014年より IoT の事業を開始、顧客向けにIoTサービスをPoCフェーズから本番稼働までトータルで支援するサービスの他、コネクテッド・カー領域においては Cariot( キャリオット )というデバイスから SaaS までを一気通貫で提供するコネクテッド・カーアプリケーションを提供しております。

企業サイト:http://www.flect.co.jp/

エクイニクス・ジャパン株式会社

エクイニクスは世界で最もネットワーク密度の高いデータセンターにて、顧客およびパートナー企業の間で相互接続をできる環境を提供しています。現在、アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋における世界40都市において145のIBX データセンターを運営し、6,300社を超える顧客に、エクイニクスのインターコネクションプラットフォームを提供しています。2016年にビットアイルをグループに迎え、国内では都内10カ所、大阪市内に2カ所の IBX データセンターを運営しています。また、主要なクラウド事業者がエクイニクスの IBX データセンター内で相互接続をしており、AWS、Google Cloud Platform、Microsoft Azure、SoftLayer など複数のクラウドサービスと同社データセンター内で接続でき、効率の良い活用ができる Equinix Cloud Exchange サービスを提供しています。

企業サイトhttp://www.equinix.co.jp/

株式会社ブロードバンドタワー

ブロードバンドタワーは、高度な運用技術と信頼性の高いハウジングサービス、インターネット接続サービス、およびクラウドサービスを提供しています。アクセスの良い都心にインターネットデータセンターをはじめとしたネットワークインフラストラクチャー資産を有し、インターネットサービス提供企業をはじめとした、多数の企業から高い信頼を得ています。またEMC社のEMCアイシロン スケールアウト NAS や Scality 社のペタバイト規模の拡張性をもつ Software Defined Storage「Scality RING」等のビッグデータ対応ソリューションを提供しています。

企業サイト:http://www.bbtower.co.jp/

株式会社レキサス

「ハートフルテクノロジー」をコンセプトに、より身近な人が豊かになるサービスを沖縄から。デザイナーとエンジニアを中心としたスタートアップ方式のサービス設計プロセスと南国の海での合宿なども経て企画/開発したプロダクトをリリースし、そのノウハウを提供。日本では少ない、デザイン、web/ アプリからクラウド、IoT まで、エンドツーエンド、フルスケールの企画/開発/運用ができる体制を特徴としています。
最近では、ペット向け IoT デバイス「ハロペアイズ」を企画/開発。http://halope.co.jp/iz1/

企業サイト:http://www.lexues.co.jp/

詳細については、以下のウェブサイトをご覧ください。
SORACOM パートナースペースhttps://soracom.jp/partners/


■会社概要
会社名 株式会社ソラコム
代表取締役社長 玉川憲
本社 東京都世田谷区玉川四丁目5番6号尾嶋ビル3F
資本金 37億2755万4044円(資本準備金含む)
ウェブサイトhttps://soracom.jp/

■本件に関するお問い合わせ
株式会社ソラコム  広報担当/田渕 
E-mail:pr@soracom.jp

プレスルーム

pagetop