SORACOM, INC

MENU
User Console »
プレスルーム
2016年7月13日
株式会社ソラコム

IoT/M2M に適した省電力広域通信技術
LoRaWAN™の実証実験キット7月13日より受付開始

株式会社ソラコム(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長 玉川憲、https://soracom.jp/以下、ソラコム)は、IoT/M2M に適した省電力・長距離の通信を実現する省電力広域(Low Power Wide Area(以下、LPWA))の通信方式である「LoRaWAN™」を利用した実証実験キットを、7月13日から販売開始し、LoRaWAN を用いた新規サービス・製品開発の検討する企業に提供開始します。

「LoRaWAN」は、低データ転送速度ながら、省電力で広域をカバーできるという特性があり、IoT/M2M 通信での利用において大きな注目を集めている技術です。また、「LoRaWAN」は、グローバルにその仕様が公開され、標準化が推進されています。ソラコムは、株式会社M2Bコミュニケーションズとの資本業務提携を通じて、「LoRaWAN」を利用した実証実験を開始、商用利用にむけた取り組みを進めています。

今回提供される実証実験キット「SORACOM LoRaWAN PoCキット」には、LoRa ゲートウェイが1台と、マイコンボードを含んだ通信モジュールが10個および、ゲートウェイ設置や利用に関するコンサルティングとトレーニングが含まれます。お客様は LoRaWAN を用いたいエリアに自ら LoRa ゲートウェイを設置し、LoRa モジュールで取得したデータを送信することで、LoRaWANをの通信をそれぞれの用途で技術検証することができます。

デバイスが得たデータは、LoRa ゲートウェイに挿入された「SORACOM Air」を通じて、もしくはインターネット経由で、クラウド上の「SORACOM」のネットワークシステムに送信されます。お客様は「SORACOM」上の、 ユーザーコンソール内で、LoRa モジュールを操作、管理することが出来るようになります。また、「SORACOM」のサービスの利用も可能で、デバイスから取得したデータは、データ転送支援サービス「SORACOM Beam」や、クラウドリソースアダプタ「SORACOM Funnel」 を使用すること容易にクラウド連携することができます。

本キットは、台数限定でのご提供となり、サイトからのお申込みが必要です。

ソラコムは、「世界中のヒトとモノをつなげ共鳴する社会へ」をビジョンに掲げ、IoT/M2M における通信の利用の障壁を下げ、どなたでも、簡易に、便利にご利用いただけるよう取り組んでいます。引き続き、「SORACOM」プラットフォームを通じて、IoT/M2M 業界の発展に貢献していきます。

※「LoRaWAN」とは
「LoRaWAN 」は IBM と半導体ベンチャーのセムテックが開発したIoT向けの無線技術です。サブギガ帯である920MHz の次世代無線技術の中で、LoRaWAN は省電力で長距離伝送可能な通信技術として注目されています。

※「PoC」とは
Proof of Concept の略で、新しい概念や技術が利用できるかどうかを、実際にデモストレーションを作成し実証すること

「SORACOM LoRaWAN PoC キット」詳細:

1.「SORACOM LoRaWAN PoCキット」内訳

※PoC 実施後にフィードバックをいただくことを前提に、特別価格での提供
※「SORACOM Air」データ通信料以外の「SORACOM」サービス利用料金は含みません
※データ通信料は、ご利用になる国と地域の Zone により異なります

2.サービス受付開始日
2016年7月13日(水)より「SORACOM LoRaWAN PoC キット」として受付開始、順次提供

3.LoRa ゲートウェイ

  • 3GIM V2.0

    LoRa ゲートウェイ(屋内用)

  • 3GIM V2.0

    LoRa ゲートウェイ(屋外用)

4.LoRa モジュール

  • 3GIM V2.0

    LoRa モジュール

■「SORACOM LoRaWAN PoC キット」に関するWeb サイト
サービス詳細
申込受付サイト

「LoRaWAN PoC キット」
事前にをお試しいただいたお客様からのエンドースメントのご紹介

すでに新サービスをご検証を開始いただいた各社様に、以下のエンドースメントをいただいています。


九州通信ネットワーク株式会社
九州通信ネットワーク株式会社は、この度の株式会社ソラコムの「SORACOM LoRaWAN PoCキット」の提供開始について歓迎いたします。
当社は九州地方において橋梁インフラモニタリングのフィールドテストを行っております。大きな橋の場合、センサデバイスが10個以上必要となるケースもあります。現在は終端となるゲートウェイ装置と各センサー間は有線にて接続しておりますが、この場合、橋梁内におけるケーブルの配線および電源確保が大きな課題となっておりました。今回発表されたキットで採用されております LoRaWAN は、無線による長距離通信かつ省電力が特徴ということで、前述の課題が解決され、より効率的なモニタリングシステムを構築出来ることを期待しております。

九州通信ネットワーク株式会社 執行役員 松崎 真典 様

サントリーシステムテクノロジー株式会社
サントリーシステムテクノロジー株式会社は、この度の株式会社ソラコムの「SORACOM LoRaWAN PoCキット」の提供開始をお喜び申し上げます。
安価に通信インフラを構築でき、かつ広域での通信が可能な LoRaWAN を用いることで、自販機などのマーケティングデータ収集に活かせないかと期待します。

サントリーシステムテクノロジー株式会社 代表取締役社長  山内 雄彦 様

株式会社ファームノート
「株式会社ファームノートは、この度の株式会社ソラコムの「SORACOM LoRaWAN PoCキット」の提供開始を心より歓迎いたします。

当社は「Internet of Animals」の実現を目指しており、牛のウェアラブルデバイス「Farmnote Color」は、全ての牛をインターネットにつなげリアルタイムに活動情報を収集、牛の状態を人工知能で検知することで最適な飼養管理を実現します。現状のデバイスでは通信距離に限界があり、放牧地では広範囲でのデータ収集ができませんでした。この度、長距離伝送が可能な LoRaWAN を利用することにより、牛舎内のみならず牧場全域をカバーすることが出来ることを期待しています。農業は広域でのデータ通信が必要であり、 LoRaWAN は当社にとって「世界の農業の頭脳」の実現により近づける技術だと期待しています。

株式会社ファームノート 代表取締役 小林 晋也 様


■会社概要
会社名 株式会社ソラコム
代表取締役社長 玉川憲
本社 東京都世田谷区玉川四丁目5番6号尾嶋ビル3F
資本金 37億3511万2044円(資本準備金含む)
ウェブサイトhttps://soracom.jp/

■本件に関するお問い合わせ
株式会社ソラコム  広報担当/田渕 
E-mail:pr@soracom.jp

プレスルーム

pagetop