SORACOM, INC

MENU
User Console »
プレスルーム
2016年5月25日
株式会社ソラコム

株式会社ソラコム、IoT/M2M通信に適したLoRaWANを利用した通信事業に参入
株式会社M2B通信企画に出資、戦略的業務提携

株式会社ソラコム(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長 玉川憲、https://soracom.jp/ 以下、ソラコム)は、株式会社 M2B通信企画(代表取締役社長:田代 務、http://m2b.jp/以下、M2B)に出資を行うことで資本業務提携し、IoT/M2Mに適した省電力・長距離の通信を実現する省電力広域(Low Power Wide Area(以下、LPWA))の方式である「LoRaWAN」を利用した通信事業に参入します。

このたび、戦略的業務提携を行うM2Bは、日本においていち早く、「LoRaWAN」(※)に取り組んでおり、「LoRaWAN」を推進する業界団体「LoRa Alliance」における日本初のコントリビュータとして「LoRaWAN」での日本規格の策定にも関わっています。ソラコムは、M2B との資本業務提携を通じて、今後「LoRaWAN」を利用した実証実験を開始、商用利用にむけた取り組みを進めていきます。

IoT 通信プラットフォーム「SORACOM」では、3G/LTE を利用したモバイル通信ネットワークの接続サービス「SORACOM Air」を提供しています。この度、ソラコムが参入する「LoRaWAN」は、低データ転送速度ながら、省電力で広域をカバーできるという特性があり、IoT/M2M 通信での利用において大きな注目を集めている技術です。また、「LoRaWAN」は、グローバルにその仕様が公開され、標準化が推進されています。本取り組みにより、IoT システムをお考えのお客様は、ご利用の用途にあわせて、それぞれのネットワークの特性を活かし、複数のネットワーク方式を「SORACOM」プラットフォームでご利用いただけるようになります。

ソラコムは、「世界中のヒトとモノをつなげ共鳴する社会へ」をビジョンに掲げ、IoT/M2M における通信の利用の障壁を下げ、どなたでも、簡易に、便利にご利用いただけるよう取り組んでいます。引き続き、「SORACOM」プラットフォームを通じて、IoT/M2M 業界の発展に貢献していきます。

※ 「LoRaWAN」 とは
「LoRaWAN」はIBMと半導体ベンチャーのセムテックが開発した IoT 向けの無線技術です。サブギガ帯である920MHz の次世代無線技術の中で、LoRaWAN 方式は省電力で長距離伝送可能な通信方式として注目されています。


■会社概要
会社名 株式会社ソラコム
代表取締役社長 玉川憲
本社 東京都世田谷区玉川四丁目5番6号尾嶋ビル3F
資本金 31億3511万2523円(資本準備金含む)
ウェブサイトhttps://soracom.jp/

■本件に関するお問い合わせ
株式会社ソラコム  広報担当/田渕 
E-mail:pr@soracom.jp

プレスルーム

pagetop