SORACOM, INC

MENU
User Console »
プレスルーム
2016年1月27日
株式会社ソラコム

IoT 通信プラットフォーム「SORACOM」
IoT セキュリティを担う4つの新サービス発表、プライベート/専用線接続、認証支援、クラウド連携サービス 1月27日(水)提供開始

株式会社ソラコム(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長 玉川憲、https://soracom.jp/、以下、ソラコム)は、ソラコムが提供する IoT 通信プラットフォーム「SORACOM」において、IoTシステムに求められるセキュリティや認証などの支援や、クラウドサービスとのさらに強固な連携を実現する、4つの新サービス「SORACOM Canal」、「SORACOM Direct」、「SORACOM Endorse」、「SORACOM Funnel」を1月27日(水)より提供開始します。

「SORACOM」は、2015年9月に発表・提供開始された、IoT デバイスに最適化され、少ない初期投資で、データ利用量に応じた料金体系で用いることができる IoT 通信プラットフォームです。SIM カードを提供しモバイルデータ通信を可能にする「SORACOM Air」、セキュアなデータ転送を支援する「SORACOM Beam」をサービス提供しています。

この度、ソラコムが新しく提供開始する「SORACOM Canal」、「SORACOM Direct」は共に、ネットワークセキュリティを強化するためのサービスです。「SORACOM Canal」は、「SORACOM」を、Amazon Web Services(以下、AWS)におけるお客様所有の特定のプライベートクラウド(Amazon Virtual Private Cloud、以下 Amazon VPC)にプライベート接続することで、「SORACOM Direct」は「SORACOM」と、AWS 以外のお客様のシステムに専用線で接続することで、SIM (SORACOM Air) を利用するデバイスからお客様のシステムまでを、インターネットを介さないプライベートネットワークで接続することが可能になります。

「SORACOM Endorse」は認証サービスで、3G/LTE の通信を契機にしながら、3G/LTE のみならず、WiFi や有線通信など、さまざまな通信手段への、データ通信 SIM の堅固な認証の活用を可能にし、既存の認証システムとの連携を可能にすることができる認証プロバイダー機能です。

「SORACOM Funnel」はクラウドリソースアダプタサービスで、AWS や Microsoft Azure が提供する各種クラウドリソースごとに「アダプタ」と呼ばれる接続機能を提供、シンプルな設定を行っていただくだけで対応するクラウドリソースへのデータ送信を可能とし、各クラウドサービスが提供する分析機能などを迅速かつセキュアに利用することができる機能です。

「SORACOM Canal」プライベート接続サービスについて
「SORACOM Canal」は、AWSで稼働するAmazon VPC を利用し、「SORACOM」とお客様所有の特定のAmazon VPCをプライベート接続するサービスです。これにより、AWS でシステムを稼働するシステムは、デバイスとクラウド上のサーバーを、プライベートネットワークで接続し、閉域網による IoT システムを構築することが可能となります。
「SORACOM Canal」詳細: https://soracom.jp/services/canal

「SORACOM Direct」 専用線接続サービスについて
「SORACOM Direct」は、お客様の設備と、AWS上に構築された「SORACOM」とを専用線ネットワーク接続するサービスです。AWS の提供する専用線接続サービス「AWS Direct Connect」を活用、冗長化された専用線による接続を実現します。これにより、デバイスとお客様のサーバーを、プライベートネットワークで接続し、専用線で接続された IoT システムを構築することが可能となります。
「SORACOM Direct」詳細: https://soracom.jp/services/direct

「SORACOM Endorse」 認証サービスについて
「SORACOM Endorse」は、SIM(SORACOM Air)を使った認証を、様々な通信にも使うための認証サービスです。一度デバイスが認証されれば、Wi-Fi などの他の通信手段でも認証を引き継ぐ事ができます。これにより、ID とパスワードを使用することなく、ユーザーの利便性を損なうことなく、高セキュリティの認証が可能となります。この機能と前述の「SORACOM Canal」、「SORACOM Direct」を利用することで企業内の既存認証サービスと連携したシングルサインオン機能を構築することも可能です。
「SORACOM Endorse」詳細: https://soracom.jp/services/endorse

「SORACOM Funnel」 クラウドリソースアダプタサービスについて
「SORACOM Funnel」は、「アダプタ」と呼ばれる各種クラウドごとの接続機能を提供、直接クラウドにデータを送信する機能です。少ないプログラミングで迅速にクラウドリソースに接続、クラウド上のアプリケーションを利用できるほか、各クラウドリソースへの接続のための認証情報を、「SORACOM」上の認証情報ストアに暗号化し保存、セキュアに直接データ転送を行う事が可能になります。
提供開始時点で、対応しているクラウドサービスは、AWS が提供する「Amazon Kinesis」「Amazon Kinesis Firehose」、Microsoft Azure が提供する「Microsoft Azure Event Hubs」です。
「SORACOM Funnel」詳細: https://soracom.jp/services/funnel


IoT通信プラットフォーム「SORACOM」は、今後もお客様のニーズを元に継続的にサービスを開発し、その機能を拡充していきます。株式会社ソラコムは、世界中のヒトとモノをつなげ共鳴する社会を目指し、「SORACOM」プラットフォームを通じて、IoT業界の発展に貢献していきます。

IoT 通信プラットフォーム「SORACOM」の新サービス
プライベートベータ版をお試しいただいたお客様からのエンドースメントのご紹介
すでに新サービスをご検証頂いた各社様に、以下のエンドースメントをいただいています。

「SORACOM Canal」および「SORACOM Direct」

■アイレット株式会社
アイレット株式会社は、この度の株式会社ソラコムの新サービス「SORACOM Canal」の提供開始を心より歓迎いたします。
弊社のクラウド導入支援サービス cloudpack では、いち早く「SORACOM Canal」のプライベート β 版を活用し、「SORACOM Air」を利用する IoT デバイス向けにAWS上の閉域網を構築するサービス「IoTpack」を提供しています。IoT デバイスには、インターネットに接続する端末と同様のセキュリティ対策が必要となりますが、IoTpack では、AWS 環境を直接接続する VPC ピアリングにより通信経路を閉域網にすることで、IoT デバイスとお客さまのクラウド環境間の安全な通信を実現します。
さまざまなお客さまの AWS 環境の構築・運用・保守のフルマネージドサービスを提供してきた弊社にとって、モバイル環境とクラウドを接続できる有用性は2016年1月に弊社が発表した導入事例を通じて手応えを感じています。ますます増加する各種 IoT デバイスと「SORACOM」を通じたとクラウド環境との閉域網の活用に期待を寄せています。
アイレット株式会社 代表取締役CEO 齋藤 将平様

■株式会社日立製作所
株式会社日立製作所は、ソラコム様の「SORACOM」プラットフォームの強化を歓迎いたします。日立は、Hitachi Cloud のクラウド統合ネットワークサービスと「SORACOM」の専用線を利用し、両社サービスの接続検証を実施しました。今後も、Hitachi Cloud の新たなサービス提供に向け、「SORACOM Direct」を始めとした新サービスも活用しながら、お客様のビジネス拡大に貢献してまいります。
株式会社日立製作所 情報・通信システム社 クラウドサービス事業部 事業主管 中村輝雄様

「SORACOM Endorse」

■クラスメソッド株式会社
クラスメソッド株式会社は、このたびの株式会社ソラコムの新サービス「SORACOM Endorse」の提供開始を心より歓迎いたします。
当社の提供する「カスタマーストーリーセンサーズ」は、事業会社の顧客理解のためのセンサーデータ収集基盤を提供するサービスであり、データをアップロードするクラウド、およびそこで動作するシステムとの認証について課題がありました。
IoT ゲートウェイに認証情報を持たせることは盗難などによるセキュリティリスクがあり、またデータのアップロード先によって認証形式がまちまちで、従来の構成では対応が難しいケースがありました。「SORACOM Endorse」を利用することで、SIM 単位、デバイス単位の認証が可能になり、「SORACOM Endorse」の汎用な署名機能によって様々なシステムとの認証連携が可能になります。
「SORACOM」および新サービス「SORACOM Endorse」が、当社「カスタマーストーリーセンサーズ」の適用領域を拡大し、顧客により良い価値を提供できると確信しております。
クラスメソッド株式会社 代表取締役 横田聡様

■株式会社HDE
株式会社HDE は、この度の株式会社ソラコムの新サービス「SORACOM Endorse」の提供開始を歓迎いたします。
HDE は、クラウドセキュリティサービス HDE One の機能として、企業向けにスマートフォンからクラウドを利用する際のシングルサインオン認証機能を提供しておりますが、特定の回線、特定の端末を要素としたアクセスの限定はお客様からのニーズが高い一方、非常に難しい課題でした。「SORACOM Endorse」と「SORACOM Beam」を組み合わせることで、例えば特定の端末と回線を利用している場合にはアクセス制限を緩和するなど、ユーザーが利用している回線や端末を多要素認証の要素として使用できるようになります。
HDE は、「SORACOM Endorse」「SORACOM Beam」を活用した HDE One の機能強化を通じて、お客様のセキュリティの強化と利便性に資する機能を提供してまいります。
株式会社HDE 代表取締役社長 小椋 一宏様

「SORACOM Funnel」

■株式会社ヴァル研究所
株式会社ヴァル研究所は、この度の株式会社ソラコムの新サービス「SORACOM Funnel」の提供開始を心より歓迎いたします。
当社では、バス接近情報サービスのプロトタイピングにおいて「SORACOM Air」を活用していますが、取得したデータをクラウドサービスに送信する過程において課題がありました。
そこで、「SORACOM Funnel」を利用することにより、セキュアかつより手軽にデータを送信することができ、自社サービスの開発に注力することができました。また当初の構想よりも利用可能なクラウドサービスも増えたことでお客様のビジネスに合わせたバス接近情報サービスの提供が可能となる予定です。
「SORACOM」および新サービス「SORACOM Funnel」が提供するプラットフォームを利用することで、自社サービスの開発により一層注力することが可能となり、当社の強みを生かしたサービスを展開していけると確信しています。
株式会社ヴァル研究所 代表取締役 太田 信夫様

■株式会社WHILL
当社はパーソナルモビリティ「WHILL」の Web 経由での見守り・防犯サービス等の提供に向けた開発をおこなっています。
既に「SORACOM Air」「SORACOM Beam」の活用により、開発コストの削減を実現しました。さらに今回開発された「SORACOM Funnel」により、クラウドサービス利用に必須のコーディング作業が不要となり、当社エンジニアの開発負荷は大きく低減します。具体的にはデバイスデータをデータウェアハウスに集約して BI で利用する際に「SORACOM Funnel」を活用する事を検討しています。
IoT 通信プラットフォーム「SORACOM」のサービスにより、当社はユーザーにとって真に価値となる開発により注力することができるようになったと考えます。今後も「SORACOM」の革新的なサービス開発に期待しています。
WHILL株式会社 最高技術責任者 福岡宗明様

プレスルーム

pagetop