SORACOM, INC

MENU
User Console »
プレスルーム
2015年10月23日
株式会社ソラコム

パートナープログラム「SORACOM パートナースペース(SPS)」の詳細を10月23日に発表し、申請受付開始

株式会社ソラコム(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長 玉川憲、https://soracom.jp/、以下、ソラコム)は、「SORACOM」に対応するデバイス、ソリューション、及びシステムインテグレーションを提供する企業向けのパートナープログラム「SORACOM パートナースペース(以下、SPS)」の詳細内容を10月23日に発表し、同日より申請受付を開始します。

「SORACOM パートナースペース(SPS)」では、SPS にパートナー申請した企業に対し、「SORACOM」に関する技術資料やマーケティング支援などのサポートの提供、双方向の協力関係を構築していきます。

SPS への参加を希望する企業は、SPS のサイト(https://soracom.jp/partners/)より、申請します。申請すると、「SPS 申請済パートナー」として SPS パートナー限定のウェブサイトにアクセスでき、パートナー向けの情報や資料を得ることができます。

「SPS 認定済パートナー」は、SPS パートナーのロゴを使用できるほか、限定公開のビジネス・技術資料へのアクセスや、技術トレーニングへのご招待など、様々な特典を受けることができます。「SPS 認定済パートナー」になるには、SPS インテグレーションパートナー、SPS デバイスパートナー、SPS ソリューションパートナーの各プログラム毎に定められた要件を満たす必要があります。

また、「SORACOM 認定デバイス」のデータベース公開を予定しています。「SORACOM 認定デバイス」は、データ通信サービス「SORACOM Air」 やデータ転送サービス「SORACOM Beam」 での動作検証済みのデバイスが対象になります。対象のデバイスを申請し、認定されると、ソラコムが提供する「SORACOM 認定デバイス」データベース上に情報が公開され、検索できるようになります。 認定デバイスの申請には、SPS への登録が必要です。

ソラコムは、IoT デバイス、及び IoT デバイスを活用したソリューションや、システムインテグレーションを提供する企業と共にエコシステムを構築していきます。この取り組みにより、IoT 業界の活性化、さらに多くの IoT デバイスの活用事例の創出に貢献していきます。

「SORACOM パートナースペース(SPS)」概要

1.申請開始時期:2015年10月23日(金)

2.プログラム概要:
「SPS 申請済パートナー」に対する、SPS パートナーのみがアクセスできるウェブサイトでの「SORACOM」に関する技術資料や、マーケティング支援などサポートの提供。
及び「SPS 認定済パートナー」に対する認定と、特典の提供。

3.パートナーカテゴリー:

パートナーカテゴリー 対象となる企業
SPS デバイスパートナー SPS デバイスパートナーとは、 「SORACOM Air」 や「SORACOM Beam」に対応したセンシングデバイス、ゲートウェイ、LTE/3G 対応モジュールなどの IoT デバイスを提供します。 SPS デバイスパートナーに該当するのは、IoT デバイスを扱う企業です。
SPS ソリューションパートナー SPS ソリューションパートナーとは、「SORACOM」 プラットフォームを活用したソフトウェアや、ミドルウェア、クラウドサービス、ASP サービスを提供する企業です。 SPS ソリューションパートナーには、独立系ソフトウェアベンダー(ISV)、SaaS、PaaS 管理/セキュリティなどのベンダーが含まれます。
SPS インテグレーションパートナー SPS インテグレーションパートナーとは、「SORACOM Air」や「SORACOM Beam」を含む「SORACOM」プラットフォームを活用したシステムやサービスのシステムインテグレーション、マネージドサービス、コンサルティングを提供するプロフェッショナルサービス企業です。

4.お申込方法:
SORACOM パートナースペースのサイト(https://soracom.jp/partners/)より申請申込

5.SPSパートナー限定ウェブサイト:
11月上旬公開(予定)

プレスルーム

pagetop