プレスルーム
2015年9月30日
株式会社ソラコム

IoTプラットフォーム「SORACOM」のAPI及び、開発者向けサイトを公開し、開発者の利用を支援

株式会社ソラコム(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長 玉川憲、https://soracom.jp/、以下ソラコム)は、IoTプラットフォーム「SORACOM」のサービスを、プログラマブルに利用できるAPIと、開発者向けの情報サイト(https://dev.soracom.io/)を、9月30日(水)より公開いたします。

IoTプラットフォーム「SORACOM」は、MVNOとしてデータ通信SIMを提供し、モバイル通信とクラウドを一体化して提供する新しいプラットフォームです。「SORACOM」では、クラウド上でパケット交換、帯域制御、顧客管理、課金などの機能を実装しており、その機能をプログラムからコントロールできるAPIを提供しています。例えば、「SORACOM」のAPIを利用することで、複数のSIMを一括管理/監視、通信速度変更や解約などの操作を開発者が各自のアプリケーションから実施できます。

また、開発者向けのサイト(https://dev.soracom.io/)を一般公開します。この開発者向けサイトでは、開発者のための情報を提供します。9月30日時点では、「SORACOM」の利用ガイド(Getting Started)、API 利用ガイド、およびAPIリファレンスを提供します。また、クラウドサービスとの接続ガイドとして、Amazon Web Services連携、IBM IoT Foundation/Bluemix連携のガイドを公開します。さらに、Rubyのコマンドラインインタフェース(CLI)を含むライブラリを公開します。リリースの情報などは、ソラコムの公式ブログである、「SORACOM Blog」(https://blog.soracom.jp/)にて発表していく予定です。

株式会社ソラコムは、開発者サイトのコンテンツを今後も拡充し、開発者が「SORACOM」プラットフォームを活用したシステムやアプリケーションを構築することを支援していきます。

以上

■開発者サイト詳細(https://dev.soracom.io/)

開発者サイト

■API リファレンス

API リファレンス

プレスルーム

pagetop