SORACOM 導入事例:株式会社トーア紡コーポレーション

工場の電力使用量をオンデマンドで見える化しピーク抑制
株式会社トーア紡コーポレーション

IoT 導入の背景

トーア紡コーポレーションは、まもなく100周年をむかえる、羊毛紡績及びインテリア産業資材メーカーです。四日市工場では、電力のオンデマンド契約をしており、特に夏は契約電力量を越えないようにピーク対策をする必要がありました。

しかし、PLCから電力データは取得していたものの、監視センターでしか見ることができず、なかなか効果をあげられずにいました。

SORACOM を採用した理由

SORACOMを利用した理由は、ネットワーク敷設なしに利用出来る点と、モバイル回線を利用することでセキュアにクラウドに送信できる点です。工場は大きな装置も多いので、有線ネットワーク敷設の場合、天井などに配線する必要がありました。また、Wi-Fiネットワーク敷設の場合もアクセスポイントの設置やセキュリティ対策など準備期間とコストがかかります。

SORACOMの通信と、システムやアプリの開発はKYOSOのIoT Kyotoを利用することで、2週間の開発期間で実装でき、5月に考えたプランをその夏からスタートすることができました。

SORACOM 導入の効果

実施の結果、予想以上に「見える化」の効果は大きく、2016年の夏はピーク時の電力抑制において大きな効果をあげました。今年は更に電力使用エリアを区分けして、更に細かいピーク管理を実施する予定です。

今後の展開について

また、IT部門から現場に提案したIoT活用でしたが、こんなに簡単かつリーズナブルに試せるのであれば、他の業務でも活用してみたいという声が現場から上がっており、早速様々な現場にIoTの取り組みが広がっています。身近に使えるIoTは、アイディアをすぐに実行に移し、現場を活気づけてくれると感じています。

株式会社トーア紡コーポレーション
http://www.toabo.co.jp/

【協力パートナー】
株式会社KYOSO
https://soracom.jp/support_partners/solution/kyoso/
ぷらっとホーム株式会社
https://soracom.jp/support_partners/device/plathome/

【利用したデバイス】
OpenBlocks IoT BX1(ぷらっとホーム株式会社)
https://soracom.jp/support_partners/certified_device/openblocks_bx1/

利用したサービス

SORACOM Air for セルラー

SORACOM導入事例に戻る »

ご質問などはこちらよりお問い合わせください。

pagetop