SORACOM 導入事例:株式会社KAKAXI

農地のセンサー情報を消費者と共有、食の安全安心を担保
株式会社KAKAXI

IoT 導入の背景

kakaxi は、北米で展開している生産者(農家)と消費者の双方向コミュニケーションを可能にする直配型農業ソーシャルネットワークです。

SORACOM が選ばれた理由

自社開発する小型モニタリングデバイスは、内蔵したカメラで定期的に農場を撮影し、同時に温度、湿度、日照時間も測定し記録します。この通信に SORACOM を利用しています。

SORACOM は、コンソール画面からの管理が特に便利です。特に例えば紛失や盗難時に個別の SIM を止めることができます。また、データ通信費用は使った分だけ従量課金であることなど、料金体系も柔軟であることも魅力です。

今後の展開について

将来的には、日本や欧州へのエリア拡大や、取得した農園データの分析・販売等を展開していきます。

株式会社KAKAXI
https://kakaxi.jp/

KAKAXIデバイスページ
https://soracom.jp/support_partners/certified_device/kakaxi/

利用したサービス

SORACOM Air for セルラー

KAKAXI, Inc CEO 大塚 泰造氏による SORACOM を活用した IoT 事例紹介の動画です。

SORACOM導入事例に戻る »

ご質問などはこちらよりお問い合わせください。

pagetop