SORACOM 導入事例:株式会社インフォミクス

太陽光発電遠隔監視システム「てるてるモニタ」でのデータ通信
株式会社インフォミクス

IoT 導入の背景

インフォミクスのサービスである太陽光発電遠隔監視システム「てるてるモニタ」は、「すべての野立て発電所に監視システムを」をコンセプトとしたコストパフォーマンスの高い製品です。

IoT 導入の課題

製品のコストだけでなく、設置工事の手間も削減できるよう、3G通信SIMカードを組み込んだ状態で販売しています。設置時はセンサを取り付け・コンセントを差し込むだけで利用を開始できる手軽さがある半面、課題もあります。

短納期化を図るためには3G通信SIMカードの在庫が必要ですが、在庫が過剰になると在庫分に通信費が発生し、在庫が不足すると納期が大幅に遅延するという問題が発生しています。

SORACOM が選ばれた理由

SORACOM Airの場合、ユーザコンソールから発注した場合は1両日中、Amazonに発注すれば翌日には届くため在庫管理が非常に楽になります。

今後の展開について

現在、更にコストメリットを高めた「てるてるモニタ100台セット」等の販売方法を、SORACOM Airのプログラマブルな特徴を活かし、「販売後、電源を投入した時点からデータ通信量が課金されるような仕組み」を検討しています。

株式会社インフォミクス
http://eco.infomix758.co.jp/

利用したサービス

SORACOM Air for セルラー

SORACOM導入事例に戻る »

ご質問などはこちらよりお問い合わせください。

pagetop