SORACOM 導入事例:日の丸自動車興業株式会社

東京駅周辺の無料巡回バスの位置を取得 お客様にバス到着時間をリアルタイム配信
日の丸自動車興業株式会社

IoT 導入の背景

日の丸自動車興業では、東京駅周辺で無料巡回バス「丸の内シャトル」「メトロリンク日本橋」を運行しています。これらは、周辺企業様のご協賛によって運営されます。

一般的な路線バスの路線が駅前等から放射状に拡がるのと違い、この巡回バスは1周。それもノンストップで同じ路線を走り続けます。そのため、遅延が発生することもあり、バスをお待ちのお客様にリアルタイムでバス運行情報をお伝えしたいというニーズがありました。

IoT 導入の効果

そこで、バスにスマートフォンを取付け、リアルタイムで位置情報を送信。あわせて、乗降センサーを取り付けて、乗降されるお客様の乗降数をセンサーで取得しBLE経由で送信しています。

バスのロケーションシステムには、ヴァル研究所の「スカイブレイン」を利用することで、精度の高い位置情報取得と、対応するスマホアプリや周辺施設のサイネージでリアルタイムでバス情報通知を実現しています。販促PRの効果もあり、アプリのダウンロード数も1万件を越え、巡回バスの利用客様は順調に増えています。また、巡回バスのご協賛企業様に、具体的な日時やバス停毎の乗降数をレポート出来るようになったことも、巡回バス周辺エリアの次のPR施策立案に役立っています。

今後の展開について

おかげさまで運行ルートの追加も決まりました。引き続き、無料巡回バスを通じて、地域のみなさまとともに、地域の活性化に貢献していければと考えています。

日の丸自動車興業株式会社
http://www.hinomaru-bus.co.jp/job/company/

【協力パートナー】
株式会社ヴァル研究所
https://soracom.jp/support_partners/solution/val/

利用したサービス

SORACOM Air for セルラー

SORACOM導入事例に戻る »

ご質問などはこちらよりお問い合わせください。

pagetop