SORACOM 導入事例:富士通株式会社

沖合で行われるウィンドサーフィンの競技をIT技術で遠隔からの観戦を可能に
富士通株式会社

IoT 導入の背景ウィンドサーフィン競技をIT技術でもっと身近に観戦したい

ウィンドサーフィンは、セイルボードとセイル(帆)を自分でコントロールしながら、風を推進力に海上を滑るように走るウォータースポーツです。プロの大会では時速40−50キロで走ることから、「海のF1」とも呼ばれています。西欧を中心に10カ国以上を転戦する「PWAウインドサーフィンワールドカップ」は、2016年から日本を舞台に開催されていますが日本で開催されるのは26年ぶりのことで、2020年の東京オリンピックでも正式種目となっています。

世界一を競う試合を日本で見ることができる機会ですが、沖合500メートルから1キロで行われるため、競技を観戦したくても肉眼では見ることはできません。エキサイティングな競技をもっと身近に観戦したいという日本ウインドサーフィン協会の要望を受け、「見えないレースの可視化」の取り組みが始まりました。

IoT 導入の課題約2ヶ月という短期間でIoTシステム構築する必要性

「見えないレースの可視化」にあたり、2つのシステムを考案しました。1つ目は、ドローンを使うレースのリアルタイム映像中継。2つ目は、選手それぞれにGPSデバイスと通信ユニットを付け、リアルタイムに位置情報をクラウドに送信して、現在地や順位、速度や加速状況をUnityで作った3Dアプリケーションで表示して、競技をバーチャルで観戦するシステムです。

リアルタイムの競技データ取得方法と、観客にウィンドサーフィンレースが持つスピードをどのように感じてもらうかが課題でした。またプロジェクトのスケジュールとしても「PWAウインドサーフィンワールドカップ」事務局から正式に許可が降りたのは2月で、競技開催は5月に迫っており短いシステム構築期間での実現性が求められました。

SORACOM が選ばれた理由通信モジュール付プロトタイプデバイスで迅速に開発

競技開催までにアプリケーションの開発と、競技者に配布するための130台のセンサーデバイスを用意する必要がありました。実証実験の段階では、マイコンとセンサーを手作業ではんだ付けしプラスチックケースに入れました。本番環境においても、量産品の3G/LTEモジュール付センサーデバイスの利用は高価で、数日間の競技日程にはコストが見合いませんでした。

センサーデバイスは当初セイルに取り付ける予定でしたが、競技結果にも関わるセイルへの取り付けは難しい場合もあり、その場合には競技者のウェストポーチに入れることになりました。

小型でリーズナブルな3G/LTEモジュール付センサーデバイスを探していた時に、巡り合ったのが「Wio LTE JP Version」です。小型マイコンボードに3G/LTEモジュール付が付属し、SORACOM Air SIMを挿せばすぐにLTEの通信が利用できます。センサーはGroveモジュールをケーブルでつなぐだけではんだ付けも不要な上、Arduino環境で開発できるため非常に短期間でセンサー情報をクラウドに送信できるようになりました。防水ケースは別途開発し2ヶ月で検証まで済ませ、大会に臨むことができました。

帆の動きの検知データと選手の位置データを1秒間に1回送信して、現在位置、方向、スピードを計算してアプリケーションに表示します。3500mAのモバイルバッテリーで14時間連続の利用も可能です。大会管理者用には、選手の現在地情報は、選手が流されてコースを外れていないかを確認する用途でも利用しています。

システム構成図

富士通株式会社 システム構成図

今後の展開についてグローバルに活用範囲を拡大し、新たなデータ活用も検討

本システムは、ウィンドサーフィンだけではなくヨットなどにも応用が可能ですが、来年の大会に向けて新機能の開発を進めています。選手の位置情報に加え、セイルの動きを9軸センサーで細かく把握する取り組みです。これらのデータは、競技観戦者に新たな情報を提供するだけでなく、ウィンドサーフィンプレイヤーにもデータを提供できる等、新たな使い方も検討しています。

また海外でも本システムを使えるように、SORACOM Air for セルラー グローバル向けチップ型SIM搭載の「Wio 3G SORACOM Edition」でも検証を開始しています。

世界中で人気のあるスポーツ、ウィンドサーフィンの面白さをもっと多くの人に伝え、観戦者もプレイヤーも増やしていきたいです。

富士通株式会社

富士通株式会社
デジタルフロント事業本部デジタルコンピテンスセンタースポーツビジネス開発部 プロジェクトリーダー 横井 愼也氏
http://www.fujitsu.com/jp/

利用したサービス

SORACOM Air for セルラー plan-D
Wio LTE JP ver

SORACOM導入事例に戻る »

ご質問などはこちらよりお問い合わせください。

pagetop