SORACOM 導入事例:Enerbrain

スマートビルディング:大規模ビルをクラウドインテリジェンスに接続 快適性の向上とエネルギーの最適化を実現
Enerbrain

IoT 導入の背景世界の約40パーセントのエネルギーを建築物が消費

ショッピングセンターや空港などの大規模な建築物は、空調システムの問題に直面しています。

  • 快適性の低下
  • 室内の状況を感知できないシステム
  • 複雑な管理画面の構成
  • エネルギー消費の増加
  • 住居者の関与のなさ

Enerbrainは、ハードウェア、アルゴリズム、ソフトウェア、そしてモバイルアプリ技術を組み合わせたクラウドドリブンの技術を持ち、建物内の快適さの向上だけでなく、最大30パーセントの省エネルギーを実現しています。既存の建築管理システムとの互換性があり、専門家による立ち会い不要で設置が可能です。

IoT 導入の課題様々な市場で増加するデータを安全に管理

Enerbrainのエナジークラウドソリューションは、ヨーロッパ中のお客様に次々と採用されています。利用増加とともに、様々な国と市場で増加するデータの取り扱いと、デバイスからクラウドへのセキュアな接続という管理上の課題が生じました。

独自のIDを紐付け管理されたデバイスから、何のデータを取得し、計測するかは市場によって様々です。また、データを取得する場所と、管理する場所によってい、環境や建築物のデータに関するデータと、管理基準が異なる場合があり、複数の市場における円滑な運用のためには、すべてのデータポイントを複雑に組み合わせることが必要不可欠となってきます。

システム構成図

システム構成図

SORACOM が選ばれた理由SIMカードとSigfoxデバイスのリアルタイム管理
AWSとの統合がスムーズ、かつデバイスのセキュアな通信を実現

Enerbrain はデータ駆動型企業であるため、データを理解するだけでなく、情報フローの制御やAmazon Web Servicesとの統合を可能にする一連のサービスがあるパートナーと協力することが非常に重要でした。 SORACOM Canal、Gate、Beam を使用することで セルセルラー通信や Sigfox といったデバイスのデータを AWS IoT に安全に統合し、トラブルシューティングやアップグレードなどのタスクに必要なときにいつでもそれらのデバイスに通信できます。
Enerbrainでは、様々なSORACOMのサービスを活用しています。特にメリットを感じている点は3つあります。

AWS サービスへ直結

データ重視の会社であるEnerbrainにとって、データへの理解に限らず、情報のコントロールや、AWSとの統合が可能なサービスを提供するパートナーとの連携はとても重要でした。データ転送にあたっては、SORACOM Beamを利用することで、証明書を指定せずに、AWS IoTへデータ送信を行う事ができます。大量のデータを分析支援するために、SORACOM Funnelのクラウド連携機能を使い、AWS Kinesisにデータを流しています。

デバイスへのセキュアな通信

SORACOM Beam, Canal, Gateを使うことで、我々のデバイスからAWS IoTへセキュアにデータを送信が可能になるだけでなく、トラブルシューティングや品質向上のためにデバイスにアクセスすることが可能になります。
Enerbrainデバイスとセンサーとサーバーを安全につなぐために、SORACOM Canalの閉域網を利用しています。これにより、サーバーとデバイスにプライベートIPを付与しセキュアなプライベートネットワークを構築することができます。閉域網を構築することで、SORACOM Gateを利用しデバイスへの直接操作が可能になります。

リアルタイムなSIMの管理とデータの可視化

Harvestによるデータの可視化と、リアルタイムなSIM管理のおかげで、様々な国でのデバイスの管理や、データ消費のコントロールに役立っています。
SORACOM Harvestを利用することで、基本評価指標となる個々のデバイスデータを瞬時に可視化し、トラブルシューティングが可能となり、オペレーションの向上につながりました。

今後の展開について更なるSORACOM APIの連携、データ処理のFunnel利用

Enerbrainは、より多くの地域で利用されるために、オペレーションの継続的な向上は、これからも重要になっていきます。この実現には、クロスデータマッピングや、プロダクト、プロバイダー、ビジネスサポートシステム間の連携を増やしていくことが不可欠で、そこではSORACOM APIが役に立つでしょう。
SORACOM Funnelの活用については、データ処理の向上に役立つため、より密な利用を予定しています。

Enerbrain Srl.
Co-Founder & CEO: Giuseppe Giordano
Co-Founder & CCO: Filippo Ferraris
Co-Founder & Advisory CTO: Alexis Susset
http://www.enerbrain.com

利用したサービス

SORACOM Air for セルラー
SORACOM Beam
SORACOM Canal
SORACOM Funnel
SORACOM Gate
SORACOM Harvest

SORACOM導入事例に戻る »

ご質問などはこちらよりお問い合わせください。

pagetop